アスタキサンチン 副作用

MENU

アスタキサンチン|ブルーベリーサプリに含まれる成分の副作用は?

アスタキサンチン
最近特に注目されている栄養素で、ブルーベリーサプリでメインになる事が多いアントシアニンなどと同じように色素系の栄養素です。
自然界に広く存在するポリフェノールの仲間ですが、別名を海のカロテノイドと言われています。

 

最近では、ブルーベリーサプリでも比較的見かけるようになった栄養素ですが、アスタキサンチンの副作用が気になりますよね。

 

まずは

  • アスタキサンチンはどんな栄養素なのか。
  • 何から摂れるのか。
  • そして副作用や注意点はないのか。
  • どのくらいの量をどんなタイミングで摂るべき?

といった内容でお話して行きたいと思います。

アスタキサンチンってどんな栄養素?

アスタキサンチンとは、魚の鮭が焼くと白身なのに、切り身の状態だと赤い色を持っていたり、カニの甲羅がゆでると赤くなる仕組みを作っている色素成分です。
分類でいうとポリフェノールの中でも『キサントフィル類』というグループに属しています。

 

効果の特徴としては『コエンザイムQ10の1000倍の抗酸化力』を持っていると言われています。

 

アントシアニンはブルーベリーやビルベリーなどのベリー類の植物が光合成をするときに合成される栄養素で抗酸化作用がとても強い成分です。
アスタキサンチンも抗酸化作用という意味ではアントシアニン以上に強い栄養素なんですよ。

 

ブルーベリーなどのベリー類から摂れるアントシアニンは青紫色の色素で、それが合成されるのは彼らが光合成で酸素を作り出す過程で太陽光を浴びるので、その紫外線から実を守るために生成されます。

 

アスタキサンチンも同じような目的で彼らの身を守るために生成されています。結論から言うとアスタキサンチンの副作用は心配ありません。
ただし、最近では研究が進んでいて人工的にアスタキサンチンを合成する事が出来ています。

 

人工アスタキサンチンの材料は石油系で、多くの衣料品もしくは食品サンプルなどの色付けに使われています。

 

人の口に入る目的ではない物に使われているので一応安心なのですが、アスタキサンチンをサプリメントで摂る場合には確認しておいた方が良さそうです。

 

このアスタキサンチンは、サプリメントでの摂取がいちばん効率よく低カロリー・ヘルシーに摂取する事が出来ます。
非常に強い抗酸化力を持っている事は冒頭でも紹介しましたが、アスタキサンチンが摂れるブルーベリーサプリの口コミでは、目の下のクマに悩まされていた方が、すっかり治すことが出来たと語っている方もいらっしゃいます。

 

気になる眼精疲労の改善だけではなく美容面もカバーしてくれるサプリメントは、なかなか無いのではないでしょうか。

 

アスタキサンチン副作用