ブルーベリーアイは授乳中に飲んでも良いの?

MENU

授乳中だけどブルーベリーアイは飲んで大丈夫?

スーパーブルーベリーアイは、日本で最も有名なブルーベリーサプリです。
ですが、妊娠中や産後の授乳中に飲んで大丈夫なの?と疑問を感じている方は多いと思います。

スーパーブルーベリーアイ画像

結論から言ってしまえば、ブルーベリーアイは、産後の授乳期でも安心して飲む事が出来ます。

 

これは、ブルーベリーアイが、野生種で『無農薬ビルベリーの濃縮エキス100%のサプリメントで、
カプセルもわたし達人間の身体の中にもともと存在するレシチンから作られているからです。

 

産後の授乳中や赤ちゃんの卒乳を考える時期までに眼精疲労に悩まされる方は多く、
実際にブルーベリーアイを飲んでおられる方も多いんですよ。

 

このページでは、産後の授乳期に眼精疲労や目の奥の鈍い痛みを感じやすくなってしまう原因、
ブルーベリーアイがどういった効果が期待できるのかについて見てみたいと思います。

 

産後の授乳期に起こる眼精疲労の原因

ブルーベリーアイは授乳中に飲んでも良いの?

妊娠〜出産の大仕事を終えて、産後の産褥期(さんじょくき:産後の肥立ちですね。)の時期と授乳期が重なる事もあるのですが、
赤ちゃんにおっぱいをあげないといけないので、自分自身の栄養補給が追い付かなくなりやすいんですね。

 

すると、血流が悪くなり、眼精疲労や目の疲れ、目の奥がずーんと重くなるような鈍い痛みを感じやすくなります。
また、産後の授乳期は、赤ちゃんをおんぶしていたり抱いていますし、授乳中も背筋が曲がった赤ちゃんを抱え込むような姿勢でいる事が多いので、眼精疲労に悩まされる方も多いんですね。

 

先ほどもご紹介した通り、産後の授乳期は、赤ちゃんに母乳を通じて栄養をあげるのが最優先になってしまい、それが眼精疲労や目の奥の鈍い痛みにつながるのも事実です。
効果については、あくまでも健康食品ですので、絶対の効果があるとは言い切れませんが、産後の授乳期に栄養補給の点で手助けになってくれますよ♪

 

産後の眼精疲労はなぜ?原因と解消法のまとめ

授乳期の眼精疲労改善を即効性に実感する方法

先ほど、産後の授乳期では、ホルモンバランスの変化や赤ちゃんに母乳で栄養を与えるのが最優先になってしまう事が、産後の授乳期で眼精疲労を感じやすくなる原因とお話しました。

 

そんな産後の授乳期の眼精疲労改善のための栄養補給にブルーベリーアイを利用している方もおられるのですが、必ずしも効果が実感できるかどうかについては断言することが出来ません。

 

そこで、できるだけ眼精疲労の改善効果を実感しやすくする方法があるんですよ♪

 

それは、少しクラシックな方法ですが、簡単なことで『蒸しタオルでまぶたを温めてあげる』という事なんです。

 

蒸しタオルで温めてあげる事で、血行が良くなるので、吸収されたビルベリーエキス(アントシアニン)やミネラルが血行が良くなっている目の周辺に浸透しやすくなると考えられます。

 

ブルーベリーアイ公式サイトボタン

 

ブルーベリーアイを飲むタイミングは?

ブルーベリーアイを飲むタイミングについては『目の疲れを感じる前に早めに飲む』と良いでしょう。

 

具体的には、一度にたくさん飲むのではなく、小まめな間隔で1日2〜3回に分けて飲むと良いですね。

 

授乳期は、生後1〜3ヶ月以内の赤ちゃんの場合は1〜3時間以内に頻繁にあげますし、夜中に授乳しなければならない場合もありますから大変で疲れますよね。

 

産後の授乳期の眼精疲労の解消を、睡眠時間をしっかり取るようする事で実践するようにアドバイスしている情報もありますが、
前述のような赤ちゃんが新生児の時期では『睡眠時間を取る』と言ってもなかなか難しいものがあります。

 

ブルーベリーアイの場合は、ビルベリーエキス100%で、他には水溶性ビタミン群が含まれるだけです。

 

不要な分は、尿と一緒に排出されるだけなので、過剰摂取の心配もありません。

 

カプセルも冒頭でご紹介したように水溶性レシチンで出来ていますので、母体や赤ちゃんに影響を及ぼすものではありません。

 

ただし、他に薬を服用している場合は、組み合わせもありますので、そういった方は先生に確認されてからの方が安心ですね。

 

ブルーベリーアイ公式サイトボタン