ブルーベリーに含まれる栄養物質と効果

MENU

ブルーベリーの知られざる効果と働きを紹介します!

ブルーベリー

ブルーベリーは非常に健康的で栄養価が高い果物です。
みなさんに知られているのは目に対する効果が主なものだと思いますが、奇跡のフルーツとまで言われているブルーベリーはそれだけではなく素晴らしい効能を私たちに働きかけることがわかっているんです。

 

そこで、このページではブルーベリーが私たちにどんな効果があるのかをわかりやすく解説していこうと思っています。

 

ブルーベリーに含まれている栄養素といえば、何が思い浮かびますか?
ブルーベリーに含まれるアントシアニンと呼ばれるポリフェノールには抗酸化作用があることが知られています。

 

人間は脂肪や糖質からエネルギーを作る際に酸素を使用します。そのうちの約2%が活性酸素に変化すると言われています。活性酸素は過剰になると、体内の細胞を酸化させ、老化や生活習慣病の原因になったりします。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、この活性酸素を抑制する働きがあります。

 

活性酸素の発生や活動を抑え細胞の酸化を防ぐことが出来れば、健康な体を維持することに繋がります。

 

また、ブルーベリーは、目の健康維持に役立つ成分を豊富に含んでいます。

 

アントシアニンには、「見える」という感覚のもとになる「ロドプシン」というたんぱく質の再合成を助ける働きがあるのです。
ロドプシンは網膜に存在していて、光で分解されることによって、脳に電気信号を送り、物を見ることが出来きます。

 

目に対して効果を期待するのなら、生のブルーベリー1日90gを継続的に摂取する必要があります。これはなかなか難しいので、やはり、サプリメントで摂るのが良いでしょう。
また、アントシアニンは目に対して即効性の効果があると言われていますが、その効果は24時間経つと次第に失われていきます。

 

ブルーベリーの目への効果まとめ

少し説明がわかりにくくなっていると思うので、ここでブルーベリーが私たちの目にどんな効果があるのかをわかりやすくまとめていきたいと思います。

 

大きく分類してブルーベリーの目への効果は2つのポイントがあります。

  • アントシアニンが目のピント調節機能を改善させる
  • 高い抗酸化能力によって目の毛細血管の血流を改善させる

ブルーベリーに含まれているアントシアニンという栄養素は大きく分類して目への効能が
とても期待されていて、各有名ブランドからもどんどん新しいブルーベリーサプリメントが開発され
販売されるようになってきました。
成分や栄養素の配合バランスは違えども各メーカーがこれだけブルーベリーへ期待していることの表れといえるでしょう。

ブルーベリー 栄養物質 効果

ここでこの2つのポイントを少し解説しましょう。
アントシアニンが目のピント調節機能を適正にしてくれることは、近視や白内障、そして眼精疲労というのが
網膜にあるロドプシンという物質の働きが低下することで症状の悪化を招くといわれています。
アントシアニンは、ロドプシンの緊張を緩和させて正しい働きを取り戻すのに有効で、
ピントを正しく合わせたりかすみ目などを防ぐといわれています。

 

高い抗酸化作用によって血流の改善がすすむと、体内の活性酸素を除去するだけではなく、
毛細血管を強くしなやかにさせます。
人間の目の周囲というのは毛細血管がとても多く、毛細血管の血流が悪くなって目の周囲の筋肉が
委縮したるすると眼精疲労なども起きやすく、毛細血管からのアプローチも目をよくするためには必要になるんですね。

 

ブルーベリーの目への効果をまとめると、意外にこれだけかと感じる方もおられるかもしれません。
しかし、私たちは普段の生活で目を酷使して眼精疲労や視力の悪化などを自ら招いてるともいえるので、
普段の生活から見直しておくことも重要なことだといえます。