緑内障などの目の病気予防にブルーベリーサプリを

MENU

緑内障は失明原因1位の眼病!予防にブルーベリーサプリがおすすめ

緑内障 予防 ブルーベリーサプリ

緑内障は日本人の中途失明の原因の第1位に長年なり続けている目の病気です。

 

緑内障の仕組みは、目の奥に入ってくる紫外線が眼球内の硝子体(ガラス体)と呼ばれる
ゼリー状の物質を酸化させてしまい、それが眼圧を上昇させます。

 

もっと厳密に言えば、房水(ぼうすい)というものが眼球の中に溜まってしまうことと
その原因になる隅角(ぐうかく)と呼ばれる房水を排出する水路が塞がってしまい
房水の溜まりが一定レベルを超えて、網膜の視神経を圧迫してしまうことが原因です。

 

つまり、一番最初のきっかけが目に入ってくる紫外線をどれだけ、防ぐことが出来るかが大切になるんですね。

 

緑内障は、一番初めは次のような症状を感じます。

 

普通に目が疲れているだけのはずなのに、

  • 目が痛くなったり・・・
  • ごろごろした違和感を感じたり・・・

 

このような症状を感じると心細くなって不安になりませんか?

 

このような症状を感じるのは、疲れ目が眼病として知られる
白内障や緑内障の予備軍になってしまっている可能性も考えられます。

 

このような状態を解消するには、眼病を予防するために
必要な栄養素をしっかりとるような食生活を心がけると良いでしょう。

 

しかしながら、眼病予防のために役立つ栄養素とに言われたとしても

 

『一体どんな栄養素をどれだけ取るのが良いの?』
と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

 

そこで、このページでは、眼病予防に役立つ栄養素を見ながら、
その効果や摂取量、そして食事で取るためには
どういった食生活を心がける必要があるのか等を一緒に見ていきたいと思います。

 

眼病予防に効果的な栄養素とは

眼病予防に効果的な栄養素とは

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ポリフェノール類

などをバランス良く毎日の食事でカバーすることが大切と言われています。

 

その他にもドライアイや視力低下を予防するために、目のうるおいを保つ効果が高い
フコイダンやヒアルロン酸、スクワラン等の潤いを保つための栄養素も眼病予防には効果的なんです。

 

ただし、これらの栄養素を全て毎日の食事でバランス良く摂るというのはなかなか難しい事でもあります。

 

そこでほとんどの方が効果が期待できるという意味でオススメなのが、
天然由来の成分を取れる原料を使った、サプリメントを利用することです。

 

眼病予防に効果的なサプリメントとは

目の奥の網膜や黄斑部に入り込むことができる非常に分子が小さい栄養素やミネラルを
しっかりと補給することができるブルーベリーサプリメントなどがお勧めです。

 

先ほどご紹介した栄養素の中でも、特にポリフェノール類は、非常に分子構造が小さく
目の奥の網膜や黄斑部に存在する毛細血管の入り口である『門脈』というところを
通過することができるほど小さな分子構造を持っています。

 

そのため、普通の食事でも取ることができる栄養素ではあるのですが、

 

それなりの量を摂取するためには、たくさんの緑黄色野菜や青魚、えごま油など
オメガ3脂肪酸など摂取することが大切なんですね。

 

また、ビタミンAやビタミンB群については、豚肉や鶏肉など動物性タンパク質もバランス良く摂る必要があります。

 

そのためにもバランスの良い食生活を心がけることが大切なんですね。

 

しかしながら、豚肉や鶏肉等も含めて緑黄色野菜をたっぷりとりつつ、
生活習慣病の予防のために必要な低カロリーで脂質や糖質を抑えた食べ方を毎日続ける
というのはなかなか大変なこともあります。

 

仕事疲れで食事を用意する気力すら残っていない時でもありますし、
たまにはラーメンを食べたり、脂たっぷりのステーキや唐揚げを食べたり、

 

または、マクドナルドやモスバーガーなどのファーストフードで
手早く簡単に済ませたい時などもありますよね。

 

このような食生活を習慣的に送るようになるとやはり栄養素が不足してくるため、
眼病予防という観点においては、お勧めすることができません。

 

しかしながら、それでも『毎日の食生活でバランスのとれた栄養色を取り続ける』というのは大変なものです。

 

そこでおすすめなのが、サプリメントを利用することなんですね。

 

昔は、ある程度の年齢になるまでは心配ないと言われていた緑内障などの眼病も20代の若さでなってしまう方をおられるんですよ。

 

緑内障は眼圧が高くなることで視神経が圧迫されて視野がだんだん狭くなっていく病気です。

 

緑内障は、日本人における中途失明の原因の第1位になっている恐ろしい眼病です。

 

また、白内障は直接的に失明する恐れは緑内障に比べると低い病気ですが
目の表面にある角膜や水晶体、瞳孔の開閉をコントロールしている虹彩などの組織の酸化劣化が原因で起こる眼病です。

 

角膜や水晶体、瞳孔、虹彩、網膜、黄斑部、視神経などを酸化劣化させてしまうのは、
パソコンやスマホ、タブレットやテレビ画面などから発生するブルーライトです。

 

もちろん、昼間の外出で浴びる太陽光にも紫外線は含まれていますが、
太陽光の場合は、地球上のオゾン層や大気圏などの層に阻まれて、本当に危険な波長の長い紫外線はそれほど到達しません。

 

しかしながら、毎日目にするスマホやパソコン、テレビ画面、タブレットなどは
それらを見続けていると直接的に目の角膜や水晶体、虹彩、瞳孔、網膜へと到達してしまいます。

 

太陽光と違って遮ってくれるものがないためパソコンやスマホ、テレビ画面などから目を守らなければ危険!と言われる理由なんです。

 

つまり、これらを防ぐための有効な手段はサングラスを装着することや
ブルーライトカットの効果がある栄養素をしっかり摂ることが大切なんですね。

 

ブルーベリーサプリに入っているアントシアニンは眼病予防に効果的だといわれていますが、
最近では、ブルーベリーサプリの中でも、眼病予防や視力低下の予防、眼精疲労の軽減に効果的な成分を摂ることができるブルーベリーサプリが発売されています。

 

ルテイン20mg+ブルーベリーの4倍のアントシアニン!一望百景の詳細ページはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>一望百景の効果と成分、口コミなど徹底紹介!<

 

ブルーベリーサプリと一緒に摂ることで眼病予防になるといわれているのがルテインです。

 

ルテインが不足すると、眼精疲労やドライアイ、疲れ目などにつながるといわれていて、これが白内障や緑内障、黄斑変性症、飛蚊症などになる要因とも考えられています。

 

ルテインにも抗酸化作用がありますので、ブルーベリーサプリの抗酸化作用とWの効果で眼病を防ぐ効果が期待できるということなのです。

 

ルテインは自然と体内に作られるものではありません。ですから、サプリメントなどで摂取して増やしてあげる必要があります。

 

最近ではブルーベリーとルテインが一緒に含まれているサプリメントも販売されていますので毎日飲むようにして眼病予防をすると良いでしょう。