遠視や近視に効果的!サプリランキング

MENU

遠視と近視の改善のおすすめサプリランキング!

遠視と近視に効くブルーベリーサプリのランキングをご紹介いたします。
遠視と近視の症状と仕組みは、基本的に、ピント調節の不備によって起こるものです。

 

遠視であれば、近くのものにはピントが合いませんし、
近視の方であれば、遠くのものにピントを合わせることができません。

 

近視にしても遠視にしても、サプリメントで目のピント調節機能を
改善することによって症状を改善する効果が出るものがあります。

 

近視の場合であれば偽近視(ぎきんし)と呼ばれていたり、
遠視の場合も一時的に水晶体の厚みが薄くなりすぎてしまった場合に起こる症状の縁があります。

 

このような水晶体と角膜、毛様体筋の働きによって起こる
遠視や近視の症状は、ブルーベリーサプリメントに含まれている成分で改善が期待できます。
そこで、そのような成分が十分にとることができるブルーベリーサプリメントをランキング上位3つに絞ってご紹介いたします。

近視や遠視の改善・軽減に効果的なサプリランキング

 

 

遠視 近視 サプリランキング

ルックルックベリーの特徴

ルックルックベリーの特徴は、北欧産のブルーベリーと南米のブラジル原産アサイーを使っていて、1日あたり2粒で376個分のブルーベリーに相当するポリフェノールを摂取できるところにあります。
これだけの成分とさらに、お子さんから親御さんの世代まで安心して使うことができる原料の安全性の高さや含まれている有用成分のバランスの良さも特筆です。
カルシウム、ビタミン、鉄分、アミノ酸などの目の健康だけではなく、体全体の健康や栄養バランスも含めた総合的な見直しとそれが結果的に目の健康にも役立ってくれるという相乗効果が期待できます。
その秘密は北欧産のブルーベリーだけではなく、南米ブラジル産のアサイーも使っていることによって、先程のような成分配合のバランスの良さが実現できたんですね。

価格 1,728円
評価 評価5
備考 初回2袋定期申し込みで1袋あたり42%OFFの1,000円
ルックルックベリーの総評

ルックルックベリーを1位にした根拠は、定期購入の割引率の高さ(42%オフ)と初回の1袋あたり1,000円(もちろん1袋で1ヶ月分)という始めやすさ、そして2回目以降が2ヶ月に1回2袋で届く隔月定期便によって、1袋あたり1,641円(税込)というローコストでなおかつ送料無料という続けやすさと先程の成分配合の良さがランキング1位の根拠です。

 
 

遠視 近視 サプリランキング

遠視 近視 サプリランキング

ビルベリープレミアムの特徴

ビルベリープレミアムは、先ほどのルックルックベリーとほぼ遜色ない成分配合が特徴で、目のピント調節を助けるルテインは8mgとルックルックベリーよりも多いのですが、それを目に届ける栄養素である鉄分が摂れないところがランキング2位にさせて頂いた理由と根拠です。
鉄分は非常に大切な栄養素であることは皆さんもご存じの通りかと思います。
ちょっと惜しい部分なのですが、これはビタミンB群や鉄分を補うサプリメントを併用している方なら、逆にルックルックベリーは必要ないということでもあります。
ですので普段から貧血に悩まされていて、鉄分や葉酸も含めたビタミンB群のサプリも飲んでいる方なら過剰摂取の安全性も含めてビルベリープレミアムをおすすめします。

価格 1,687円
評価 評価5
備考 すべて送料無料!定期コースも毎月・隔月(2袋)で割引率UP
ビルベリープレミアムの総評

これだけのポリフェノール類の成分配合量を実現しながら、価格はルックルックベリーよりも安く、定期的に続けやすいというのは非常に魅力的ではないかと思います。ランキング1位と2位の差はごくわずかで鉄分やビタミンB群の配合だけです。

 
 

遠視 近視 サプリランキング

遠視 近視 サプリランキング

めなりの特徴

めなりは、視力改善のためのピント調節やブルーライト刺激による角膜や水晶体の濁りなどを予防してくれるゼアキサンチンとルテインが両方とも摂ることができるというのが特徴です。
視力改善のために必要な成分であると同時に目の病気予防にもなるため、総合ランキングでは2位にランクしています。また3,000人近くのモニターの方に実際に飲んでもらって視力改善や疲れ目の軽減などの効果を実感しており、人気も高いのですが遠視や近視の改善ということでテーマを絞った場合には3位というランキングが妥当ではないかと思います。
ただし、まずは毎日の目の疲れを先に改善したいという方にはおすすめのサプリです!

価格 3,980円
評価 評価4
備考 定期購入初回907円!
めなりの総評

視力改善と目の疲れの軽減効果を実感している方が多いというめなりですが、定期初回価格の安さと2回目以降の価格の落差(2回目以降は2,980円)、そして成分配合がどちらかというと疲れ目改善に効果的となっています。

 

 

サプリで効果が期待できない近視や遠視も

ただしこのどちらの症状も、サプリメントでは改善できない物もあります。

 

この部分が老眼とは違う部分で、難しい部分になるのですが、近視にしても遠視にしても、
眼球の歪みによって起こっている『眼軸長のズレ』はサプリメントでどうにかできるものではありません。

 

これはあくまでも物理的なものであり、レーシック手術でさえもリスクの高さを考えるとなかなか改善が難しい症状なんです。

 

近視や遠視というのはどうしても、視力低下の症状として捉えられがちで、
その症状はメガネやコンタクトレンズ、あるいはレーシック手術といった方法でしか改善できないと思われていたと思います。

 

もちろん眼球自体の歪みによる眼軸長のズレといった症状の場合は
先ほどもご紹介した通りで簡単には改善できませんが、それでも、近視や遠視の症状自体を目のピント調節機能を助けてあげることで軽減することができます。
そうすることが眼精疲労や疲れ目の軽減につながったりするんです。

 

また、そのためにおすすめな成分は、アントシアニンやルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンといった抗酸化力の高い成分になります。
また、遠視や近視の場合に考慮しなければならないものとして、
まだ十分に目の機能やその他の臓器、脳などが発達していない赤ちゃんのうちから小さなお子さんまで発生する近視の場合もあり、

 

そのような症状の場合、学校の勉強などとも相まって、その勉強で使う教材でもあるパソコン、タブレット、
今では全員持っているのが当たり前になった携帯電話(スマートフォン)などの画面から発せられている
ブルーライト刺激も軽減してあげる必要があります。
それが先程ご紹介した成分なんです。