疲れ目と眼精疲労の違いと治し方

MENU

眼精疲労と疲れ目は違う?その対策と治し方。

疲れ目 眼精疲労 治し方

疲れ目と眼精疲労は、実は違うものだということをご存知でしょうか?

 

疲れ目は休めば回復する症状で、目を酷使してしまう環境や生活習慣を改めるだけでも、症状がなくなったりします。
一方の眼精疲労は、目を休ませるだけでは症状が改善されず、症状自体も肩こりや偏頭痛、吐き気、背中の痛み、腰痛などを訴える方もおられます。

 

厳密に言うと疲れ目は、眼精疲労の入口とでも言える症状で、
目が疲れているだけの段階で、目を休ませるのがいちばん良いのですが、
仕事でパソコンを長時間使ったり、勉強のために睡眠時間を削らなければいけなかったりしている方にとっては無理な部分もあります。
そこで、眼精疲労になってしまう前の疲れ目の段階で、ブルーベリーサプリメントが効果的な治し方なんですよ。

 

ここでは、眼精疲労の対策で選ばれているサプリと、お金をかけずに出来る目の疲れのちょっとした治し方のそれぞれをご紹介しています。

眼精疲労の治し方は?

疲れ目 眼精疲労 治し方

眼精疲労の治し方には2つの段階があります。

 

まずは、仕事や日常生活に支障が出てしまっている痛みや吐き気などの症状を軽減する事。
そして次に、疲れ目の予防策をする事で眼精疲労の再発を防ぐという2段階です。

 

まずは、痛みなどの本当に辛い症状を和らげない事には、日常生活にも仕事にも支障が出てしまいますから、こちらが最優先です。

 

目薬や、ビタミン剤、鎮痛剤など様々な選択肢がありますが、マッサージなどすぐにできる手軽なものもあります。

 

ある程度痛みが楽になったら、目の周りの血行を良くしてあげるためにホットタオルで温めてあげたり、逆に冷たいタオルで冷やしてあげると一段と楽になります。
眼精疲労が楽になった段階で、次は再発を防ぐ対策をします。

 

眼精疲労の再発予防に効果的なのがブルーベリーサプリメントなんですよ。
その理由はアントシアニンやルテイン、アスタキサンチンなど眼精疲労の原因になる疲れ目を防ぐための目を守る成分が豊富に摂れるからです。

疲れ目 眼精疲労 治し方

目が疲れた状態でも、仕事で目を使わなければならない状態だったり、目に緊張を強いる状態が続いてしまう事が眼精疲労のそもそもの原因なので、疲れ目になりにくい環境を作ってあげれば良いのですが、仕事や日常生活ではなかなか根本的な解決は難しいので、栄養摂取の側から疲れ目を起さないような状態を作ってあげるという事です。

 

アントシアニンだけではなく、総合的に疲れ目の予防を行う場合には、ドライアイ予防に効果的なルテインやアントシアニン、DHA・EPA、アスタキサンチンなどを幅広く効率よく摂る事が大切です。
それらがすべて幅広く摂取できるおすすめのサプリメントが、アスタブライトというサプリメントです。

 

しっかりとした栄養補給とできる範囲での生活習慣の改善で眼精疲労を治して毎日をストレスなく過ごしましょうね。

 

疲れ目 眼精疲労 治し方

 

目の疲れを改善したいときのちょっとしたコツ

眼精疲労ほどでは無いかもしれないけど、毎日毎日仕事が終わる頃には目に疲れを感じる。
こういった場合に試したい、ちょっとしたコツがあります。
それは、蒸しタオルです。

 

長時間集中してパソコン等のデスクワークを行ったりすると、目の筋肉がまるで肩こりのように硬く凝ってしまっている状態であることが考えられます。
これを解してあげると目の疲れは一気に楽になるかと思います。
そのために有効な手段の1つとして無視タオルが挙げられます。

 

蒸しタオルの作り方はとても簡単で、ハンカチでもミニタオルでも構いません。全体を水で湿らせて軽く絞ります。そして電子レンジで20秒から30秒程度温めます。
その後は、お好きなように目の上に乗せて目の周辺の筋肉を温めてあげるようにします。
そうすると目の周辺の筋肉がほぐれ血流が改善し、疲れを効率よく取り除くことが期待できます。

 

特にお金をかけずにできる方法ですし、お家に帰ってから寝る前などに蒸しタオルタイムを作って目を癒したいですね。
また、この後に目の周辺の筋肉を指の腹を使って、優しくくるくるマッサージしてあげたりするのも効果的ですよ。