飛蚊症の治し方とブルーベリーサプリの関係

MENU

飛蚊症はブルーベリーサプリで治せるかも知れません!

このページでは、飛蚊症の改善におすすめにミネラルや栄養が摂れるブルーベリーサプリをご紹介しています。

 

 

飛蚊症は、こちらの写真のように視界の中に透明感のある
ミミズのようなものが現れる症状で本当にイライラしますよね・・・

飛蚊症での景色の見え方

中には、ストレスを抱えて仕事にも毎日の生活にも支障をきたしてしまう場合も。

 

飛蚊症は、前述のような影響があるにも関わらず、外科手術や治療薬といったものがなく、明確な治療手段がないというのが現状です。

 

そこで、このページでは、飛蚊症を治せるかも知れない可能性のひとつとしてブルーベリーサプリをご紹介しています。

 

飛蚊症改善ができる可能性のあるサプリは?

飛蚊症を改善できる可能性のあるブルーベリーサプリとしてご紹介したいのが、こちらの写真でご覧いただいている“ビルベリープレミアムα”というブルーベリーサプリです。

ビルベリープレミアム画像

 

なぜ、こちらのサプリが飛蚊症を改善できるかも知れないかというと、それはルテインという成分の存在です。

 

ルテインは、白内障や緑内障の原因である活性酸素による劣化を防ぐ効果が期待できます。

 

また、ビルベリープレミアムαは目の周りや眼球自体の粘膜再生の働きが期待できるビタミンA(βカロテン)も配合。
ビタミンCとビタミンEで持続する抗酸化作用なども期待できます。

 

そして、角膜の乾きや眼球のダメージを防ぐ“涙の質”を上げるためのDHAも配合されるようにパワーアップされました!

 

このような成分配合が認められて、ビルベリープレミアムαは『栄養機能食品の認定を受けています。

 

<ビルベリープレミアムの詳細ページはこちら>

 

もちろん、だからと言って絶対に飛蚊症が治ると断言できるものではなりません。
しかしながら、忙しい毎日の中で、眼科に行く時間もなかなか取れず、かと言って今すぐ仕事を休んででも病院に行くほどひどくもない・・・でもストレスでイライラする。

 

このような飛蚊症の悩みを抱えている方にとっては、試してみる価値がある選択肢のひとつではないかと思います。

 

というのも、飛蚊症の原因が硝子体と呼ばれる眼球の中のゼリー状物質が紫外線の影響で酸化してしまう事にあるからです。

 

ルテインは、黄色の色素成分なので、サングラス的な役割で、眼球に入って来る紫外線の毒性を弱める事ができるんですよ。

 

さらにルテインは、すでに飛蚊症として眼球に出来てしまっている“活性酸素による濁り”を抗酸化作用で掃除する事ができるんです。

 

ただし、こちらの硝子体の酸化が紫外線によるものであると言いましたが、紫外線をすべて防ぐ事は不可能です。
それは、普通に景色を見る事自体が紫外線を浴びている事になるからです。

 

それならば、新しく眼球を酸化させてしまう紫外線の毒性を弱めてあげる事がいちばん大切なんです。
最近は、メガネなどもレンズに色が付いていないのにブルーライトをカットできるサングラスがありますが、それだけ紫外線が目に良くない事の証明とも言えます。

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが、ルテインを摂取する事が効率よくできるブルーベリーサプリはアントシアニンなどの働きと相乗効果を示して飛蚊症の改善に役立ってくれる可能性があるんです。

 

【あわせて読みたい記事】
飛蚊症とブルーベリーサプリの効果

飛蚊症とブルーベリーサプリの関係についてご紹介します。視力の悪化とともに、眼病としてここ数年で危険性が理解されてきた病気の一つです。
ブルーベリーサプリがどのように飛蚊症に働くのかを知っておきたいという方は・・・

このような飛蚊症はすぐに眼科へ!

ここまでご紹介したように、飛蚊症は基本的に眼球の中の硝子体(ガラス体)と呼ばれるゼリー状に物質が酸化で濁ってしまうものです。

 

しかしながら、飛蚊症には非常に危険なものもあるんです。

 

飛蚊症には失明の危険があるものも!

ただし、『網膜裂孔(もうまくれっこう)』や『後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)』という
失明の危険性もある重大な病気やケガの場合はサプリメントでどうこうなるというものではありません。

 

前述の網膜裂孔や硝子体剥離の場合も、飛蚊症が起こるのですが、
眼球の中の硝子体の“にごり”によって起こる飛蚊症よりも激しいものです。

 

“目をつぶっても明らかに見えるノイズ”が網膜裂孔や硝子体剥離で起こる飛蚊症の特徴ですので、
この場合は今すぐにでも眼科の診断を受けてください。

 

こういった場合には、まずは硝子体剥離なのか、網膜裂孔によるものなのか原因を特定する必要があります。

 

そのための眼科診察が必要になり、そのどちらが起こっているのかによって、治療方針も変わって行きます。

 

ですので、“目をつぶっても明らかにノイズが見えるような飛蚊症”については、必ず眼科診断を受けてくださいね。