近視 おすすめ ブルーベリーサプリ

MENU

近視におすすめのブルーベリーサプリはこれ!

近視におすすめのブルーベリーサプリは、
水晶体や角膜の働きに直接的なアプローチで悪化の原因を予防してくれるものである必要があります。

 

ですが、そのための成分やその摂取量など、詳しく説明しているサイトがないので
このページでは、近視におすすめの栄養素と、それがしっかり摂れるブルーベリーサプリをご紹介しています。

近視におすすめのブルーベリーサプリ

 

近視には先天的近視と後天的近視の2つがあるのですが、後者のいわゆる屈折性近視と呼ばれる近視は、
目の酷使による水晶体の厚みを調節している毛様体筋の緊張や疲れ、
血流の悪さから、目のピント調節に必要な毛様体(筋肉)のコリをほぐしてあげることが大切です。

 

こういった目の疲れや酷使が原因の近視にはちゃんと効果が期待できる栄養素やミネラルがあり、
それらをちゃんと摂れるサプリを継続して飲み続けて行くことで症状の改善が期待できるんですよ♪

 

この毛様体筋の緊張やコリを改善してあげれば、近視の改善も期待できるのです。
これらの効果を期待できる成分が配合されているブルーベリーサプリの働きを中心に近視におすすめのサプリを特集します。

 

こちらの下のボタンは、当サイトの効果と成分から見るランキング1位のサプリメントの詳細をご覧いただくページへ移動するボタンです。
一望百景という沖縄県産の紅イモや八重山かずら、琉球もずくなどの完全無添加の国産原料から作られたアイケアサプリです。

 

実は、沖縄産の紅イモは、疲れ目の軽減に効果的なアントシアニンや
目のピント調節機能に効果的と言われる成分をブルーベリーの3倍以上含んでいるんです!

 

近視の症状に悩んでいてレーシックまで考えていらっしゃるほどなら、その前に試してみる価値があるアイケアサプリだと管理人は確信しています。

 

近視改善におすすめ一望百景詳細ページ

 

近視に効果が期待できる成分は何?

近視の改善に効果が期待できる成分はルテインとアントシアニンを同時に摂ることです。

 

なぜ、この2つの成分を同時に摂取摂ることが必要かというと、
後天的な屈折性近視の原因は目のピント調節機能の低下によるもので。

 

それを改善するには、目のピント調節を司る水晶体の柔軟性を確保すること。
うるおいを与えることで“毛様体”という水晶体の厚みを調節する筋のコントロールについていけるようにすること。

 

そして、水晶体の働きが充分に可能になったら、その働きで受け止めた光を網膜でしっかり受け取ること。
このどちらがおろそかになっても効果は期待できません。

 

このようなサプリメントななかなか近所のドラッグストアでは販売されていないんですよ。

 

例えばドラッグストアなどで販売されているDHCのブルーベリーサプリメントは、ブルーベリーから抽出されるアントシアニンをベースにしたものです。

 

アントシアニンは、網膜で像を結んだ光や景色などの情報を脳に伝える
神経伝達物質のロドプシンの再合成に有効な成分なので、
近視の方にとっては視力の改善効果が期待できるものではないんです。

 

冒頭でも紹介した水晶体の厚みを上手く調節できなくなってしまう事による屈折性の近視は
毛様体筋の動きがスムーズに行われなくなってしまっている事が原因です。

 

その状態を改善するには毛様体筋の緊張やコリを血流によって改善してあげる以外に方法がありません。
その毛様体筋の緊張状態改善にいちばん適しているといわれている成分がルテインです。

 

ルテインはキサントフィル系という黄色色素の抗酸化物質で分子構造が抗酸化作用を持つポリフェノール類の中で最も小さいため
眼球の周りに張り巡らされている毛細血管に素早く吸収され血管を強化し、尚且つ血液自体をサラサラにする効果で血流改善を促進します。

 

この効果は、飛蚊症や緑内障などの眼病にも効果的という眼科医もいるくらいの働きをするんですね。
なので近視の方が視力改善効果を期待できるおすすめのブルーベリーサプリは、ルテイン配合のサプリメントなんです。

 

具体的におすすめのブルーベリーサプリメントでいうと、ルテインが20mg配合されている一望百景がおすすめです。

 

その理由としては、ルテインが配合されているだけではなく、アントシアニンも通常のブルーベリーの4倍以上の濃度で含まれているためです。

 

アントシアニンも摂ることでルテインの吸収効率が上がることが証明されているため、
ルテインが高配合されていて、それに見合う量のアントシアニンも摂れるサプリメントが一望百景だからです。

 

近視を治す方法で確実なのは?

近視を治す方法ということで一番確実性が高いのは、レーシック手術でしょう。
レーシック手術は、眼球の一番表面にある角膜(かくまく)にレーザー光線を照射して、
そのエネルギーで角膜の屈折率を上げてから水晶体に光が当たるようになることで網膜の前に焦点を結ぶように調節します。

 

しかしながら、そのエネルギーが強く角膜に与える熱も強いことから手術を受けた後に
熱でゆがんだ角膜がハレーションという外界から入ってくる光がまぶしくて、目を開けられないほどになる可能性もあるんだそうです。

 

最近では、しっかりした有名な近視クリニックでは、そのような副作用が出てしまった場合は、無料で再手術が受けられるようになっているそうですが・・・
ただし、一時期続いた近視クリニックと称する悪徳業者が手術用具の衛生管理やドクターの人件費ですら削って、
最終的には医師免許を持っていないスタッフが治療を行うようになるという
不祥事が続いた事があって以来なかなか信頼が回復しない事態になっているのも事実です。

 

現在、レーシック治療を迷っていらっしゃる方は、そういった不祥事の犠牲になってしまう可能性もあるということに恐怖があり、
また価格も高いままであることからそういった2つの点から抵抗を感じる方が多いようです。

 

確かに、ピント調節を角膜で屈折率を固定してしまうのは確実な治療法ではあるのですが・・・
やはり、単純に怖いと感じる方のほうが多いようですね。

 

また、レーシック手術は、受けて視力が回復した後にまた再び視力が下がってしまう可能性があるということなんです。
2013年に消費者庁が実施した『レーシック手術の大規模調査』によるとレーシック手術で視力回復があっても、
こからまた再び視力が低下してしまう可能性があるんです。

 

また、レーシック手術を受ける際に、再度視力が悪かった時の説明をちゃんと受けてないという方も多いんだそうです。

 

こういったリスクを考えて、その上でそれでもレーシック手術を受けたい。そうする必要があると判断した方の場合は自己判断でお願いします。