子供 成績 あげる方法

MENU

子供の成績が上がらなくて将来が心配という方へ

子供の学校の成績を上げる

子供さんの学校の成績は、わたし達母親にとっては自分の事以上に気になる事かも知れません。
将来の事も考え始めるとキリがなくなってしまう事は分かっていますが、
気にするなと言われても気になるものですし、我が子には幸せな人生を歩んでもらいたいですよね。

 

ここ数年の東進ハイスクールのアンケートなんですが、毎日塾に通って一所懸命勉強を頑張っていても
成績が上がらないという子供は視力が悪いという結果が出ているのはご存知ですか?

 

もし、子供さんが学校の成績が今ひとつと感じているならば、視力悪化や眼精疲労を抱えているかも知れません。

 

視力が悪いと、学校でも塾でも先生が黒板やホワイトボードに書く内容が見難いという事はもちろんですが、
ノートも採りながら先生の発する言葉にも耳を傾けて勉強をするという事は、すごい集中力が必要ですよね。
そんな集中力が必要な勉強に、黒板に書かれているものが見えづらいという
ハンデを背負っていては成績が上がらないのも無理はありません。

子供さんの目の状態に合わせたブルーベリーサプリの選び方

単純にお子さんの視力悪化と言っても大きく分けて二通りの症状が考えられます。

 

ひとつは、視界のかすみやぼやけと言った症状で、これはわたし達大人が目が悪くなったと感じる症状と同じです。
もしお子さんと一緒にテレビを見ていて目を細めるようなしぐさが出る場合はこの症状を疑った方が良いでしょう。
まし、この場合に当てはまる場合はアントシアニン配合量が多いブルーベリーサプリが効果的です。

 

アントシアニンは網膜から脳に視野情報を伝える伝達物質のロドプシンに働きかけて視界のぼやけ・かすみを軽減するのに効果的です。

もうひとつは視力悪化の前触れや予兆とも言えるもので、スマホやパソコン依存が強いお子さんに考えられる事で、勉強の時に表れやすいものなのですが、ちょっと離れた距離にある黒板と自分の手元にあるノートの視線の移し変えの繰り返しでピントが合わないと感じる症状です。

 

これは気付き難い症状で、お子さん本人ですら気付いていない場合もあるんですよ。

 

こちらは眼球の中にある水晶体の弛緩・緊張の繰り返しでピントを合わせる役割を担当している毛様体筋という筋肉が、パソコンやスマホなど近くのものを見続ける事で近距離状態に固定化されてしまう事で起こる症状です。

 

このピントの固定化現象は、パソコン・スマホはもちろんPSPや任天堂DSなどといったゲーム機でも起こりやすい症状なんです。

子供の成績をあげる方法

ルテインは毛様体筋の働きをコントロールしている眼球周りの毛細血管の血流を良くする働きがあり、ピントの固定化を改善してくれると言われています。

 

ピントの固定化は放置して置くと軸性近視という本来なら先天的にしかならない近視になってしまう可能性があります。

 

この軸性近視は、レーシック手術でも根治する事が出来ない近視なので、予防するのが最も有効な方法です。

 

視力悪化を防いであげる事は、子供さんの人生を左右するという意味では学校の成績以上に大切な事です。

 

その取り組みの最初に子供の成績をあげる方法としてブルーベリーサプリを採り入れてみませんか。

 

視力の心配をする事無く勉強も遊びも元気一杯にできる子供を見ている方が幸せですからね♪

 

 

子供の成績を上げる“やる気を引き出す”魔法

子供の成績を左右する要素として目の見え方が大きく関係しているという話は、先程の段落でお話しした通りです。
ただ、それ以前に本当の意味で高い成績を取るようになるためには強制的にではなく自らやる気を引き出してあげるというのが最も大切です。

 

そのためにやってはいけないこともあります。
例えば

  • 勉強しなさい
  • もっと頑張りなさい

と一方的に口酸っぱく言ってしまったり、他のこと悪い意味で比較してネガティブな注意をしてしまったり。
これってついつい言ってしまいたくなりますよね・・・。

 

でもこれは、子供が秘めている能力ややる気を萎えさせてしまうことになりかねません。

 

逆に褒めれば良いのか?と言えばむやみに褒めれば良いわけではなく、褒めるべき時に褒めてあげる。これが重要です。

 

例えば子供が頑張ろうとしたときや、実際に何かを達成できた、努力ができた。
こういったときにはしっかりと褒めてあげることが大切です。
大人だってほめられたら誰だって嬉しいし、もっとガンバろ!っていう気持ちになりますね。
それは子供も一緒です。

 

また、成績優秀な子供の多くは自分の部屋ではなく、家族が集う台所やリビングなどで勉強していることが多いと言われていますが、そういったことの背景には親子のコミニケーションの取りやすさが関係しているのかもしれませんね。

 

親としても子供が目の届くところで勉強していれば、勉強で悩んでいれば教えてあげることもできますし、できたときにその場ですぐ褒めてあげることもできます。
今日からお子様をリビングで勉強させてみてはいかがでしょうか?