眼精疲労 薬 サプリ

MENU

眼精疲労に効くのは薬?それともサプリ?

このページでは、眼精疲労の改善に効果的なサプリメントとナボリンSやキューピーコーワゴールドなど
テレビCMでも宣伝されているお薬でどちらが良いのかといった視点で眼精疲労の効くにはどっち!

 

という簡単そうで『実は難しいテーマ』を扱ってみたいと思います。

 

また、今すぐからでもできる眼精疲労の解消法や予防法をご紹介していますので参考までにご覧なっていただけたら嬉しいです♪

眼精疲労の症状の種類

眼精疲労 薬 サプリ

よくyahoo知恵袋などでも『眼精疲労に効く薬かサプリを教えてください。』という質問を見かけます。

  • 肩はパンパンに張って頭に響くような痛みがある・・・
  • 背中も痛くて背伸びするとくらくらするくらいに身体が硬くなっている・・・
  • 目の奥がジンジンとしてクールタイプの目薬が手離せない

このような痛みやつらい症状は、毎日お風呂に入っていてちゃんと身体をほぐすようにしていてもなかなか疲れが抜けなくなってしまいます。

 

そこでこのページでは、眼精疲労により素早く効くのは薬?それともサプリ?というごく自然な疑問にしっかりお答えして行きたいと思います

 

まずは、結論をご紹介して、その理由と根拠を見て行くという形で話を進めて行きたいと思います。

今すぐ何とかしたい眼精疲労の対処法

この段階で明確な答えを出すには、ご自分で思い当たる症状のつらさ(重さ)を振り返ってみる必要があります。

 

というのも、あまりにも痛くて食欲もなくなってしまうほどであったり、頭がくらくらして乗り物酔いのような吐き気を感じる・・・
このような今すぐ何とかして痛みだけでも取り除いてしまわないと日常生活に支障があるという方は、少しでも早く痛みだけでも取り除いて行く必要があります。

 

そういった場合は、ナボリンSなどの眼精疲労対策の薬ではなく、
明らかに“痛みを鎮める痛み止め”を使ってひとまずは痛みを改善しましょう!

 

その上で、眼精疲労に効くと言われる薬(前述のナボリンSなど)とサプリのどちらかを症状に合わせて選びましょう。

痛みが楽になったら症状ごとに分けて考えましょう!

眼精疲労の痛みは痛み止めを飲んで改善されましたか?
ほんの少しでも楽になって頂いてそれから自分の症状に合った最適な選択をして行きましょう!

 

眼精疲労の症状はこのページの冒頭でご紹介したような痛みに分けることができると思います。

  • 肩こり、首筋のコリ
  • 背中の痛み
  • 腰痛
  • 目の痛み、乾き、熱く感じるような違和感

といったところに分けられると思います。

 

眼精疲労の痛みをこのように分ける理由は、
現在の視力や『ものを見るためにどのくらい集中力やエネルギーを使っているか』を知るためです。

 

ここで、目の酷使、疲れ具合が関わってくるのですが、先ほどの症状で目の痛み、乾き、熱く感じるような違和感には薬よりもサプリメントがおすすめです。

 

なぜなら、このような目の痛み、乾きなどの症状からくる違和感はドライアイで目の眼球表面の粘膜が荒れてしまっていることが原因で、これは目薬で改善することは難しいからです。
目薬は(特にクールタイプ)は、メントールやペパーミントオイルなどの成分で眼球表面の炎症を鎮めるだけだからです。

 

もちろん、その時の目のつらさや違和感を和らげるという意味では効果が期待できる選択肢ですが、
それが根治できる成分配合はされていませんので、あくまでも“今ある症状を和らげるだけ”というものと考えておきましょう。

 

こういった悩みに効果的なサプリメントは、DHAやEPA(涙液の補助成分)やビタミンA(粘膜保護と再生)などの成分や栄養素が摂れるサプリがおすすめです。
管理人のわたしがこういった症状に対しておすすめするサプリメントは、ルックルックベリーというブルーベリーサプリメントです。

 

先ほどのビタミンAやDHA、EPAが配合されているのはもちろんですが、
今後の再発予防のための“視る機能”改善に関わる成分のアントシアニンやその配糖体が摂れる
北欧産のビルベリーと南米のアサイーの濃縮エキスが配合されているのが特徴です。

 

ルックルックベリーの効果や成分、口コミを詳細ページで確認する方はこちら

 

眼精疲労の原因ってなに?

眼精疲労の原因がわかれば、かなりの確率で予防対策を打つ事が出来ます。

 

眼精疲労の対策に薬やサプリ、マッサージやストレッチなど、何を選んでも原因を知っておくことが大切です。

 

眼精疲労の原因は、いろいろと言われていますが、根本的な問題に目の使い過ぎです。

 

眼精疲労に効くのは薬?サプリ?

視力の悪化と、それでも目を酷使する仕事や作業を続けなければならないために、見えにくくなっている目を凝らして見ようとしたり、それらによって目が乾いてしまったり、そういった事すべてが眼精疲労の原因になってしまいます。

 

目の疲れを感じたら、すぐにでも5分・10分の短い時間で構わないので、アイマスクで目を休ませてあげたり、温かいタオルや冷たいタオルなどで熱を取り除いてあげる事です。

 

この段階ならば目薬も効果的でしょう。とにかく目の疲れをできるだけ早く取って上げる事が大切です。

 

また、眼精疲労の原因の一つにデスクワークの方は、猫背になっているなど、姿勢が悪くなっている事も考えられます。

 

毎日使っているデスクとチェアーの高さはぴったり合っておられますか?

 

また、仕事で使っておられるPCやタブレットの画面のバックライトの設定は『見えにくい設定』になっておられませんか?

 

『今すぐにでもできる眼精疲労の対策』としては、これらの身近な道具の設定や形が自分に合っているのかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

眼精疲労の症状と対策は?

眼精疲労の症状は、肩こりや首筋のコリ、背中の痛みや腰痛、頭痛や耳鳴り、吐き気など様々なものがあります。

 

『これらのすべての症状に悩まされている。』という方もおられるかも知れませんが、おそらくそういった方は、比較的少ないのではないかと思われます。

 

なぜなら、眼精疲労のもともとの原因が、2つのグループにわけることができると考えられるからです。

 

どういう事かというと、
肩こりや首筋のコリ、背中の痛みなどは、視力低下による姿勢の乱れが原因として考えられます。

 

また、頭痛や吐き気、耳鳴りなどの眼精疲労の症状は、視力の低下が関係することなのですが、血流の悪化が考えられます。

 

血流が悪化することで、脳への栄養やエネルギー源の供給が充分に行われていないことが原因となります。

 

このように、いろいろな症状を基準によって『眼精疲労の段階』があると考えられるんですよ。

 

『眼精疲労の段階』というと、疲れ目や視力低下(人間の身体は一日の間でも視力が向上したり低下したりしています)による姿勢の悪化があり、それが首筋や肩の筋肉を硬直させて、その筋肉や関節にかかる負荷が高くなって行った疲労が溜まると、硬くなってしまった筋肉はその中、あるいはそのすぐ側を通過している血管を押しつぶしてしまうため、』血流が悪化して行くと『頭痛や耳鳴り、吐き気』などの症状へと進んでしまう。

 

つまり、まずは視力低下があり、それによって画面や対象物が見にくくなり、見えにくいために、アゴを突き出すような姿勢になり、肩や首筋のコリ、腰痛などが起こると、炎症を起こした身体の各部位が血流を悪化させるという仕組みが起こります。

 

つまり、目の疲れを感じている段階で、改善策を打つのが、根本的な眼精疲労の改善策と言えるのではないかと思います。

 

眼精疲労に効くのは薬?サプリ?

結論から言うと、どちらも効果が期待出来ます。ただし、両者では性質が違うという事を理解する必要があります。

 

薬は眼精疲労によって過敏に反応している末梢神経を鎮めてあげる“鎮痛剤としての性質”一方のサプリメントは“眼精疲労の原因を軽減する性質”です。

 

つまり、眼精疲労に対しての効果は薬が“対処療法”。
サプリメントは疲れにくい目にするための“根本治療”。

 

という性質です。眼科医で処方される眼精疲労に効果的な薬は基本的に眼球そのものの疲れを取り除いてあげるメコバラミンなどビタミン類が配合されている事が多いです。

 

それに対して、目が疲れる根本原因である成分が配合されています。

 

視界のボヤケやかすみ目などを改善するアントシアニン。
水晶体の厚みを調節する毛様体筋のコリを解す効果があるルテイン。
また、ルテインはブルーライトを遮る効果もあります。

 

これらの成分を普段から摂取する事によって眼精疲労の原因である疲れ目になりにくい環境を整えていく事ができるのがサプリメントです。

 

どちらが効くという話ではなく、今の自分にとって良いのはどちらか。という事を理解して“正しく選ぶ”ことが大切なのではないでしょうか。

 

実際に眼精疲労が慢性的になってしまっていたら、薬で痛み自体を取り除いて上げなければ話になりませんし、そうなる前の疲れ目の段階ならば、血流を改善してあげる事や毛様体筋の緊張を解してあげたりする事が正しい眼精疲労の対処法です。

 

例えば朝にサプリメントを飲んで出勤して、疲れて来たら有効成分が入っている目薬を指すなどです。
もちろん休憩時間には目を休ませて上げる事も大切です。

 

眼精疲労に対して対処療法と根本治療の両方をバランスよく行っていくのがベストという事です。