眼に良い食事はどんなもの?

MENU

眼に良い食事はどんなもの?

ブルーベリーサプリメントは、それぞれの目的に合った眼精疲労の軽減や視力悪化予防などが効率良く出来ますが、中には自然に毎日摂る食事でそれらの対策をしっかり行いたいという方もおられるんではないでしょうか。

 

眼(眼球)は、角膜や水晶体、網膜にような粘膜質の部分と硝子体のようなゼリー状のタンパク質で構成されているもの、また眼輪筋や毛様体筋などの筋肉など様々な要素が複雑に重なり合って出来ています。

 

例えば、老眼などは毛様体筋の衰えで見たいと思うものに対してピントがきちんと合わせられなくなるのが原因ですし、眼精疲労全般となれば粘膜質の再生を促してくれるビタミン・ミネラルが必要....と云った具合に目的に合わせて摂らなければならない栄養素や成分も変わってきます。

 

そこで、このページでは目に良い食事や食材、栄養素をご紹介します。

目に良い食事は?

目に良い食事とひと口に言っても様々な栄養素をバランスよく摂る必要があります。その中でもいちばん重要なのが、ビタミンb、C、Aなどのビタミン類、さらに抗酸化力が高いアスタキサンチンなど赤の色素系ポリフェノールも大切です。

 

一般的に身体の錆びつきが老化の原因と言われますが、その老化は空気中の酸素によって引き起こされます。当然、目の疲れや老眼などを引き起こすので、対抗できる栄養素の摂取はとても大切です。

 

ビタミンbは、鶏肉、豚肉、牛肉などのレバーがいちばん摂れますし、ビタミンCが豊富なのは皆さんご存じのレモンなど、さらにアスタキサンチンやアントシアニンは色素系のポリフェノールで、アスタキサンチンは鮭にも含まれていますが、いちばん効率が良いのはいくらなどの魚卵系です。ブルーベリーサプリでもお馴染みのアントシアニンは紫の色素ポリフェノールで、やはりベリー系の食材のい多く含まれています。

 

したがっていちばん大切なのは、必要な栄養素が含まれている食材をバランス良く食べる事なんです。

 

ですが、すべてを毎日の食生活で完全に補うのは難しいのが現実です。なのでブルーベリーサプリメントで必要な(自分の眼の悩みに必要な成分)栄養素を含んでいるものをしっかり選ぶのが大切になってきます。