ブルーベリーサプリで妊娠中の目の病気予防

MENU

妊娠中に起こる目の病気とブルーベリーサプリの効果

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって、身体のありとあらゆるところに不調を感じることがあります。
例えば代表的な不調が便秘です。もともと女性は便秘になりやすいと言いますが、
妊娠中はそれに輪をかけて余計に便秘のリスクが上がります。

 

また、乾燥肌やその影響で、普段使えている化粧品が合わなくなったり、
ニキビが出来やすくなると言ったことも起こります。
このような妊娠中のいろいろな不調や変化の原因がホルモンバランスの変化で、
その仕組みはお腹の赤ちゃんを守るために子宮周辺に水分を集めようとするプロゲステロンの働きによるものです。

 

その影響で、実は便秘や肌荒れ、ニキビなどよりもさらに深刻なケースも考えられるのが『目の病気』なんです。
ドライアイや眼精疲労、目のゴロゴロ感といった最初は『ちょっとイヤだな・・・』程度の変化が、
実は飛蚊症や網膜剥離、白内障といった病変につながりかねないリスクを潜在的に持っています。

 

そこでこのページでは、妊娠中の目の病気とその予防策をご紹介して行きたいと思います。

妊娠中になりやすい目の病気

妊娠中は、眼精疲労や目の中がゴロゴロする違和感、痛みなどに悩まされる方が多いんです。

 

しかも、眼精疲労や目がゴロゴロする違和感くらいで済めば良いのですが、
万が一のケースでお産の時に眼圧が高まって、網膜剥離を起こして失明してしまう方もおられるそうです。

 

妊娠中の眼病の可能性としては

  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 視力低下
  • 飛蚊症
  • 網膜剥離

眼精疲労や視力低下は目の疲れが原因と思われるかも知れませんが、
妊娠中のホルモンバランスの変化によって、栄養が赤ちゃんのために最優先に使われるため、
目の疲れを癒す、栄養供給が滞りがちになってしまいます。

 

これらの眼病の原因や理由は、妊娠中のホルモンバランスの変化に起因するものです。

 

また、妊娠糖尿病や妊娠中高血圧症候群(妊娠中毒)の確率も高く、それによる飛蚊症や網膜剥離、失明などの危険もあります。

 

こういった妊娠中の眼病を予防するためには、いくつかの方法が考えられます。

  • 血液をサラサラに保つ抗酸化物質を摂る
  • 脂質、糖質、塩分の過剰摂取を控える
  • 目の健康維持い役立つ栄養素を摂る
  • 目の疲れを感じる前に休む(休める)

現実として、妊娠中の安定期から後期にかけて、冒頭のような目の違和感や痛みを感じる方は多いんですよ。

 

先ほどのような失明につながる危険性がある眼病にならなかったとしても、こういった違和感や痛みは目薬で対処する方も多いと思います。

妊娠中の目薬はどうなの?

ドラッグストアや薬局に販売されている市販目薬で安易な対処をすることはあまりおすすめ出来ません。

 

というのも、目薬には添加物による赤ちゃんへの影響が心配なものもあるからです。

 

例えば、防腐剤や血管収縮剤といった添加物です。

 

防腐剤のすべてが悪いというわけではありませんし、目の充血を軽減するための血管収縮剤も目の涙腺や鼻涙管などから体内に入ってどのくらい影響があるのかは分からないという意見もありますが、万が一が起こってしまってからでは遅いです。

 

血管収縮剤は、子宮を収縮させて早産や流産の危険性もあると言われる成分です。

 

そのため、万が一のことを考えるなら、安易な市販目薬による対処は選択肢から外した方が良いのではないかと思います。

我慢しないで!妊娠中の目の痛みや違和感

それでも妊娠中はお腹の赤ちゃんが動いたり日々大きく、重くなっていくのが楽しみであったりといろいろな経験ができるので、気になる症状があったとしても「自分が我慢すればなんとかなっちゃうから...」と思ってしまったり、
または、つらさを上手く説明出来ないから定期健診の先生にも黙ってしまったりしてしまうという方もおられます。

 

特に妊娠後期でよくある症状のひとつに目がチカチカして痛くなってしまったり、肩も凝って、背中も痛くなってという事もあります。

 

眼精疲労に良く似た症状で、妊娠前に事務系の仕事に就かれていた方などは、既に経験されている痛みなので軽く見てしまうという方も。

 

実は、それが原因で産後に極端に視力が落ちてしまい、メガネがないと車で近所のお買い物に行くことすら難しくなってしまう方もいるんです。おそらくは妊娠中の栄養素の不足によって、そのような症状が引き起こされてしまうと思われるのですが、なにぶんにも妊娠中は女性の身体にとって「激変期」なので、不都合に気付き難いんです。

 

視力は一度低下してしまうとなかなか元に戻らないので、基本的には視力回復を目指すのではなく、眼病を予防するという考え方の方がいでしょう。

 

眼病や視力悪化は目の周りの毛細血管の血流に左右されることが多く、冒頭で説明した通りお腹の赤ちゃんに栄養がうばわれがちになるので、ある程度仕方のない事なのですが、それも早くからブルーベリーサプリを栄養補給に使うというのは良い選択肢です。

 

妊娠中は、赤ちゃんに怖いものは入っていないかなど不安になりますよね。でもブルーベリーサプリは天然の色素系栄養素が主成分なので、説明を無視したような極端な過剰摂取などをしない限りは心配も必要ありません。

 

しかも、産後の授乳期になると赤ちゃんを抱きかかえている形が背中を丸るめた姿勢なので、そういった事も上半身の血流が悪くなる原因にもなります。

 

自分の将来のためにもこれから生まれてくる命を守り続けるためにもブルーベリーサプリで眼病予防は気をつけて行きたいですね。