めなりの飲み方と副作用

MENU

めなりの飲み方と効果を感じるコツ|副作用はどう?

現代人のわたし達はパソコンやタブレット・テレビなど仕事でもプライベートでもブルーライトを毎日受け続けています。

 

目の不調を感じることが多くありませんか?わたし自身も含めて、そんな方たちにおすすめなのが「めなり」なのです。
めなりは目の健康のためのサプリメントです。

 

めなりの効果と成分の秘密

目にいいのはブルーベリーに含まれるアントシアニンが有名ですよね。

 

実は、同じベリー類でもビルベリーの方がアントシアニンの量がブルーベリーの5倍。
めなりにはそんなビルベリーのエキスが170mgも入っています。
これは業界トップクラスです。

 

しかも吸収率を203パーセント・持続力を2.5倍にアップさせた特別なエキスで、特許を取得しています。

 

それ以外にも、紫外線から目を守ってくれる成分のルテイン・ゼアキサンチンなどもバランスよく配合されています。

 

これらの成分にもブルーライトの影響を軽減させる効果があるのです。
こういった有効成分を効率よく吸収させてくれるクロセチン。
若さを保つための成分アスタキサンチン。
補酵素やビタミン・ミネラルなどもたっぷり入ってすべて目の元気のために有効に働いてくれますよ。

 

ビルベリーの方がブルーベリーより良いとは言え、毎日必要量を摂取するのは大変です。
めなりは凝縮されたエキスや、その効果を更に高めてくれるための成分がバランスよく配合されているので、一日2粒で良いのです。

 

めなりの飲み方|効果を実感しやすくなるコツ

飲み方ですが、薬ではなくサプリメントのため特に決まりはありません。
即効性もないので、とにかく毎日継続して1日2粒を続けることが大切です。

 

特許取得のビルベリーエキスはすばやく吸収されて効き目がすぐに現われてくるのが特徴なので、
仕事に行く前に毎朝飲むなどするといいでしょう。

 

毎日同じ時間に飲むのが飲み忘れ防止や身体のためにもおすすめです。

 

また、どんなによい成分だからと言っても過剰摂取はトラブルの原因となってしまいます。
1日2粒を必ず守るようにしましょう。

 

ツルツルとした表面のサプリメントなので、飲みにくさはないと思います。
また、1日33円というコストパフォーマンスの良さも続けやすさの要因です。

 

どんなに良い成分が入っているとしても、費用の負担が大きすぎると、ずっと続けることができませんよね。

 

毎日長時間、パソコンと向き合う中で目がかすんだり乾いたり、
目の疲れから肩こりも出てきたり、さまざまな不調を感じている方は一度試してみても良いと思います。

 

視力が悪くなったように感じている方ももしかしたら目が疲れて本来の視力が発揮できていないだけかもしれません。
めなりを続けることで視力回復効果があるかもしれませんよ。

 

めなりの飲み方で効果を実感しやすいコツをまとめると、次のような感じになると思われます。

  • 毎日飲み忘れないようにする
  • パッケージに書いてある1日2粒を守る
  • 短くても数ヵ月は飲み続ける

これらの飲み方を実践すると、効果を実感しやすくなると言われています。

 

というのも、めなりに含まれるルテインやゼアキサンチン、アントシアニンなどの成分は水溶性成分で
飲んでから24時間以内が効果を感じる時間帯であり、
それを過ぎると、身体から排出されるのですが、少しずつ目の疲れが和らいで、
目のかすみやピント調節が上手くいくことで、水晶体や網膜、毛様体筋などの
目の機能が守られ続けることで劣化を防げるため効果として視力の向上につながりやすいんですね。

めなりの効果は評判良し!

めなりは、眼精疲労やドライアイなどの目の症状に効果があるルテインを始めとした
植物内にあるポリフェノールやキサントフィル成分を多く含んでいます。

 

ルテイン以外にもアントシアニン、ゼアキサンチン、クロセチンなどの目に効果がある成分が含まれています。

 

近年のルテイン系サプリメントでは定番、有名の商品です。
パソコンやスマートフォンを必須とされる現代人には魅力的なものです。

 

目にかなりの害を与えるブルーライト(特にヘビースマートフォンユーザーなら尚更)対策に効果があります。

 

口コミサイトでも評判が良く、通販で手軽に買える・値段もお手頃で定期コースを注文すると安いだけでなく
特典もあるので評判は良いと言えます。

 

めなりの副作用|飲んじゃいけない人はいる?

効果が優れていると副作用は無いのかと心配になる方もいるでしょう。
実際、めなりに副作用はあるのでしょうか。結論から言うとめなりは医療品ではなくサプリメントなので副作用はありません。

 

厚生労働省が研究済みで安全基準を満たしていると明言しているので間違いはありません。
それ故に他サプリメントに比べると圧倒的に安全かつ効果も保証できます。

 

ルテイン:ゼアキサンチンが黄金比と言われている「5:1」で配合されており、
しかもこの二つを一日10mg摂取することで眼圧やAMD(加齢黄斑変性症)を下げる事への効果があると言われています。

 

しかし気を付けたいのは副作用がないからと安心して、
規定量を守らずにバラバラのタイミングで1度に大量に飲んだりすると

 

これは他サプリメントや医療品にも全く同じことが言えます。
「たくさん飲めば効果が更に増すのでは?」と思ってしまい一日基準摂取量をオーバーして多めに飲んでしまう方がいます。

 

しかしながら、これは逆に過剰摂取は身体に良いどころか悪影響を与えます。

 

めなりの一日摂取量は2粒が基本、毎日目を酷使している方でも5〜6粒程度が限度とされています。
更にJECFA(日本食品化学研究振興財団)の調べだと体重1kgに対して2mgまでが許容範囲基準値と判明しています。

 

ただし、過剰摂取をしていなくても、ルテインは腎臓病や肝機能障害を持っている方は代謝に時間が掛かる成分と言われています。
また、腎臓病で処方される薬の併用は、効果を相殺しあってしまうため、良くないと言われています。

 

しかしながら、これらの条件以外の方は、めなりを利用することで、目の悩みは改善されていきますよ♪