乱視のタイプ別回復トレーニング法

MENU

乱視のタイプ別回復トレーニングと効果を上げるサプリ

メガネで乱視矯正をしている女性

このページでは、乱視の回復トレーニングを特集しています。
確実に乱視が治ると保障できるものではありませんが、手軽にできる無料のトレーニングもあるんです!

 

乱視は、ものがダブって見えたり、二重ににじんで見えたり・・・ストレスも疲れも溜まってしまいますよね。
管理人も乱視を持っていましたが、このページでご紹介している乱視回復トレーニングで、今ではほとんど気にならないくらいまで回復しています♪

 

ただし、乱視回復のトレーニングには乱視の方向や角度によって症状が変わってきます。
そのため、回復トレーニングにも正しいやり方があるんです。

乱視ってどんなもの?

乱視は、見たいものが二重にダブって見えるという症状ですが、縦にダブって見える乱視と横にダブって見える乱視があります。
どちらの症状がどういったトレーニングをするべきなのか正しい知識が回復トレーニングの『キモ』になるんです。

 

また、この回復トレーニングには水晶体の柔軟性を上げることと毛様体というピント調節の筋肉の働きをスムーズにする必要があります。
このページ最後のほうで、そのためのカロテノイド(ポリフェノールの一種)が摂れるサプリメントもご紹介しています。

トレーニングの前に自分の乱視の種類を知ろう!

乱視には、2つの種類があります。

  • 90度乱視・倒乱視(とうらんし)
  • 180度乱視・直乱視(ちょくらんし)

実際の回復トレーニングに入る前に自分の乱視がどちらのタイプなのかを把握する必要があります。

 

なぜかというと、2つの乱視のタイプでトレーニングの時に『目を動かす方向』が違ってくるため、
これを間違えると却って症状を悪化させてしまう可能性もあるからなんです。

90度乱視

90度乱視は、ものが横方向にぶれて二重に見える乱視で『倒乱視』とも言います。

 

角膜もしくは水晶体が横方向に広がった変形をしている事が原因で、この次に説明する直乱視とは正反対の動かし方のトレーニングになります。

 

基本的には、倒乱視は縦方向に目を動かします。
後ほど、動かし方や時間、回数など詳しくご紹介していますので、この後も続けて読んでみてください。

180度乱視

180度乱視は、ものが縦方向に二重にダブって見える乱視で、直乱視とも言います。

 

角膜か水晶体が縦方向に広がった変形をしているので、縦方向に残像が見えるような見え方になります。
こちらは先ほどの倒乱視とは正反対に横方向に動かして行きます。

 

ここで逆をやってしまうと却って乱視が悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。
正しく自分の悩みの状態を把握して正しい対策を継続して行うことが大切になってきます。

 

そこで、次に自分の乱視がどちらのタイプなのかをチェックする方法も必要になってきますので、引き続き読んでくださいね。

自分はどちらのタイプ?乱視のタイプチェック法

乱視修正トレーニング法

こちらの放射状の線の写真を片方ずつどちらかの目で、ご覧下さい。

 

もし、放射線が色の濃淡があって見えたり、縦方向か横方向にゆがんで見える場合は
先ほど紹介した直乱視か倒乱視のどちらかという事になります。

 

  • 縦にゆがんで見える場合は直乱視。
  • 水平方向にゆがんで見える場合は倒乱視です。

 

トレーニング方法を間違わないようにするには、自分の乱視が直乱視か倒乱視なのかを把握しておく必要があります。

 

間違ったトレーニング方法を選択すると却って乱視が悪化する可能性もあるので注意が必要です。

乱視回復のトレーニング法

自分の乱視のチェックが終わったら、早速乱視回復トレーニングの開始です。

 

縦にゆがむ直乱視の場合は目を水平方向に動かすトレーニングが必要です。
横方向にゆがんで見える場合は縦方向に目を動かします。

 

先ほどの放射線の模様を見てゆがんだ方向に対して、横ゆがみならば縦方向、縦ゆがみならば横方向に動かすのがポイントです。

 

どちらのトレーニングも動かした先を20秒見続けるのが良いのですが、乱視の度数が強い方はいきなり20秒で行うと目が痛く感じる場合があるので、注意しながら何回も行って少しづつ秒数を伸ばしていくのが良いですね

 

ただし、このトレーニング方法には、効果的に乱視回復に結びつけるには、回復トレーニングの疲れを軽減する必要があります。

乱視の回復トレーニングを効果的をあげるサプリメント

実は、この乱視の回復トレーニングを効果的してくれるのが目を動かす筋肉(眼瞼筋:がんけんきん)の動きをスムーズにしてあげるための成分補給も大切です。

 

その理由は、目の周りの筋肉の動きを活発化して柔軟性を取り戻すことが乱視の回復に必須だからです。

 

また、トレーニングの効果を上げる成分の摂取はトレーニングの効果を助ける事になりますが、視力低下の再発予防にもなるんですよ。

 

その成分は『ルテイン』というもので、カロテノイドの1種です。

 

最近では、ルテインが注目されている傾向があるため、ブルーライトから目を守ってくれる成分としてご存じの方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

ルテインは、花のマリーゴールドから抽出される黄色の色素成分です。

 

その特長としては、分子構造が小さく、目の周りの毛細血管に入り込むことができること。

 

つまり、眼瞼筋や水晶体の厚みを調節する筋肉の毛様体筋など
目の周りに集中している小さな筋肉の毛細血管まで入り込んで、筋肉のコリを解してくれる効果が期待できる唯一の成分なんですね。

 

血流促進と有効成分ルテインの力も借りながら合理的に乱視の視力悪化からの回復を図るのは効果が期待できるはずですよ。

 

ただし、このトレーニングは継続する事が乱視回復のカギになるので、ルテインが摂れるブルーベリーサプリと同時に続けてください。

 

また、大切なポイントとしては、ルテインの効果が実感できるまでには時間がそれなりに掛かるため『継続すること』です。

 

乱視に悩んでいる方は回復トレーニングと血流促進効果とルテインが豊富に摂れるブルーベリーサプリですっきりした視界の確保に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

下記のリンク先は、このサイト内の『一望百景』というサプリメントのご紹介をしているページです。

こちらサプリの名前は『一望百景(いちぼうひゃっけい)』というサプリメントで、目に良い成分がたっぷり摂れるのですが、ブルーベリーサプリメントではありません。
沖縄産の紅イモや特産品が原料になっていて完全無農薬のこだわりの安全性が特徴の“アイケアサプリ”です。