有効成分配合量ランキング|ルテイン

MENU

ルテインサプリランキング|目の病気予防&ピント調節バッチリ!

ルテインは、ここ最近でとても注目されている健康成分です。
ルテインをたっぷり摂れるサプリを普段から飲んでいると、
緑内障や白内障、加齢黄斑変性症などの目の病気のリスクを60%以上も下げることができます!

 

また、現代人のわたし達はパソコンやスマホ、タブレット、TV画面などのブルーライトに常にさらされています。

 

こういったブルーライトは、わたし達の目を絶え間なく攻撃して先ほどのような
目の病気の原因になる活性酸素になりますし、もちろんそれらの病気に
なって行くリスクはそのまま視力低下につながります。

 

こういったリスクを解消するにはルテインを摂るのが良いんですけど、身体への吸収を助けるためには
フリー体ルテインという脂溶性の性質から脂肪酸を切り離した状態であることが大切です。

 

また、ルテインの吸収を助けるアントシアニンもたっぷり摂ることができるサプリだけを集めています。

 

このページのルテインサプリランキングは、このフリー体ルテインを摂取することができるサプリだけを集めてみました
もし良かったら参考にして、自分に最適なブルーベリーサプリ選びに役立ててみて下さい。

ルテイン配合量のブルーベリーサプリランキング

 

 

一望百景

一望百景の特徴

一望百景は、2016年4月に大幅リニューアル!
ルテイン含有量が一気に5mg⇒20mgへと4倍にアップしました。

ブルーベリーの4倍のアントシアニン量を誇る沖縄産の紅イモ。
そして、ルテインを八重山(やえやま)かずらから抽出しています。

『スマホ老眼』という言葉が出来てしまうほど目の酷使が問題になっているわたし達現代人のためのサプリメントと言っても良いかも知れません。

価格 1,800円
評価 評価5
備考 初回30日間返品・返金補償付き
一望百景の総評

ルテインとアントシアニンの組み合わせで吸収率と浸透力がUP!
特に老眼の改善に効果が期待できる組み合わせとなっています。
合わせて琉球もずく由来のフコイダンのネバネバ成分が目の乾きによるドライアイ予防にも効果が期待できますよ。

 
 

ルテインめばえ

ルテインめばえの特徴

ルテインめばえは、ルテイン含有量20mgとなっており、ブルーライトカット効果に特化したサプリメントとなっています。
また、ルテイン以外の成分は使われていないのですが、その分ルテインの品質にはこだわっており、
アメリカのFDA(食品医薬品局)が効果をうたっても良いと認定している吸収率の高いフリー体ルテインを使用しています。
ルテインのブルーライトカット効果をより純粋に実感したいという方には是非試してみて頂きたいサプリメントです。

価格 1,728円
評価 評価4.5
備考 定期購入割引制度あり
ルテインめばえの総評

ルテインめばえは、ルテインが摂れるサプリメントの中では最もお求めやすい価格となっています。 1ヶ月分で1,600円(税抜)というのは、もっとも手軽でコスパに優れていると断言できます。 また、前述の通り『ルテインの品質』にこだわったサプリであり 、パソコンやタブレットなどの画面の光によるグレアー(チラつき)が気になる方におすすめです。

 
 

めなり

めなりの特徴

『めなり』は、ルテイン含有量が12mgとなっています。

先ほどのルテインめばえと同様にゼアキサンチンやアスタキサンチン、クロセチンなどの抗酸化物質がふんだんに配合されているのが特徴です。
特に、ゼアキサンチンは、1粒で2.4mgも摂取する事が出来ます。

このような抗酸化物質は、目の病気予防のためには必須栄養素と言われています。
ちゃんと意味のある成分を意味のある量を配合する。
めなりは、ちゃんと効果が期待出来る成分を必要な量だけ摂りたいという方におすすめです♪

価格 3,980円
評価 評価4.5
備考 定期購入初回は87%OFF!907円
めなりの総評

『めなり』は、ルテインとゼアキサンチンの同時摂取ができる唯一のサプリメントです。
ルテインとゼアキサンチンが加齢や紫外線(ブルーライト)の影響で劣化して行くと、白内障や網膜裂孔、網膜剥離、加齢黄斑変性などの眼病リスクが大幅に高まってしまいます。
めなりはルテインとゼアキサンチンを同時に摂れることで、前述の眼病予防に効果が期待できるサプリなんですね。

 

 

ルテインってどんな成分?働きは?

ルテインは、花のマリーゴールドなどの黄色色素を持つ植物から抽出される成分で、
黄色色素のポリフェノールの仲間である『カロテノイド類のキサントフィル群』と呼ばれる栄養素のひとつです。

 

このルテインの働きは、水晶体の厚みを調節する毛様体という筋肉の緊張とコリをほぐすことで目のピント調節を助ける働きがあります。
また、目の奥の黄斑部という網膜の中心に近い部分(視神経はここから脳に向かって伸びています)にゼアキサンチンと共に存在していて
加齢黄斑変性症という失明につながる恐ろしい病気の予防に効果的に働いてくれることが分かっています。

ルテインの種類について

ルテインには、2つの種類があります。

  • 脂肪酸と結びついているエステル体のルテイン
  • 脂肪酸と結びついていないフリー体のルテイン

この2つのルテインの違いは、シンプルに言うと、エステル体の方が身体の中で残って効果が長続きするのですが、
その反面、吸収効率はフリー体ルテインの方が高いということが分かっています。

 

というのも、ルテインを摂取した場合は、必ず遊離ルテインとして脂肪酸との分解・切り離しが行われて
フリー体ルテインとして吸収されるという順番で吸収されて血流で網膜の黄斑部に運ばれるからです。

 

ルテインは、アントシアニンと同じく、色素栄養素のひとつなのですが、分子量が小さいため、
目の網膜近辺の視神経近くの毛細血管などに入り込んで『ブルーライトカット効果』を発揮すると言われています。

 

また、もともとはわたし達の人間の眼球の中でも網膜の黄班部に存在する成分なのですが、加齢と共に減って行ってしまう事が分かっています。

 

ルテインが減るとどんな事が起こるのかというと、夕方に車を運転していて少し先の信号が見えないなどの問題も発生します。

 

また、映画などを観ている時にも『画面の色褪せ』などの『はっきり見えにくい』という症状が起こるんですよ。

 

しかしながら、もともとある成分とは言っても、加齢とともに減って行きますので、足りなくなった分は外部から補給しなければなりません。
これが、ルテイン摂取をおすすめする理由なんですよ。

ルテインの効果は?

ルテインの効果は、主にブルーライト(紫外線)から目の網膜を守る働きがあります。
ルテインは、先ほども分子の小さいミネラルのひとつと言いましたが、水晶体の厚みを調節している毛様体の筋肉の緊張をほぐすという効果があるということが分かっています。

 

また、水晶体が酸化してかたくなっていく衰えも予防してくれると言われているため、老眼の予防や疲れ目で目のピントが合わなくなるという症状の予防にも効果的とされています。
そして、ルテインの働きとして、今現在もっとも注目されている効果が、『加齢黄斑変性症』や『白内障』の予防です。

 

白内障は、目の角膜が酸化してしまってカメラのレンズに汚れが付着して曇ってしまうような病気で、失明することはありませんが、目が見える正常な生活を送るにはかなりの障害になります。
また、加齢黄斑変性症は、網膜の黄斑部という部分が活性酸素の毒性で劣化していくことで最終的には失明してしまうという恐ろしい病気です。

 

どちらも、明らかな痛みなどの自覚症状がないうちに進行していってしまうため、白内障と加齢黄斑変性症の予防にルテインが良いということが分かったことから研究が進んでいるというのが現状です。

ルテインの過剰摂取や副作用はどう?

ルテインは、白内障や加齢黄斑変性症の予防に効果があるということが分かっていますが、そのためには『一日あたり6mgのルテインが必要』と言われています。

 

また、緑内障や飛蚊症の改善効果があるという報告もあります。
それには、ルテインを毎日15mg摂取し続けて半年間経った時点で効果が表れたというものなのですが、
こちらは公的機関の研究によるものではないため、確実なエビデンスがある種類の研究ではありません。

 

ただし、6mgにしても15mgにしても、ルテインを摂ることで過剰摂取になるといった報告は一切ありません。

 

また、ルテインの副作用は、今のところ報告されていません。
先ほど、ルテインはもともと網膜の黄斑部にある色素系の成分とお話しした通り、身体の中に存在しているものなので、安心して摂ることができるんですね。

 

さらに詳しくルテインについて知りたい方は下記のページをご覧ください。

 

ルテインの副作用|代用