緑内障 予防 栄養素

MENU

緑内障の予防と栄養素の関係

緑内障 予防

日本人にとって最も注意が必要な「眼病」は何だと思いますか?正解は「緑内障」です。

 

緑内障は、症状の進行が比較的ゆっくりな病気で、そのまま放置しておくと、最終的には失明に至ると言われています。

 

一旦、光を失ってしまった視神経は、現代医学では再生がほぼ不可能と言われています。

 

つまり緑内障は、なってから治療を始める病気ではなく、なる前の「予防」が最も大切な病気ということができます。

 

最近日本では、緑内障の症状に悩まされる方が爆発的に増えていることが問題になっています。

 

ちなみに日本人の中途失明の原因のトップは緑内障です。20年前までは間ですが14万人しかいなかったものが、現在では50万人近くいると言われており、20年前の日に3倍にまで膨れ上がっているんです。

 

緑内障の恐ろしさは、ほとんどの方がご存じと思いますが、最終的にはそのまま放置しておくと失明に至ってしまう可能性があるという点が、最も恐ろしい点であると考えられがちです。

 

ですが、実は緑内障で最も恐ろしいのは、失明することももちろん含まれますが、実は初期で自覚症状がないというところなんです。

 

人間の脳には不思議なことに緑内障の初期症状で、起こる視野欠損を修復してしまう機能があります。

 

つまり見えない部分の情報を脳が補ってしまうんですね。そして緑内障の最も厄介な部分は、緑内障で視神経が損傷を受けると、その損傷を受けたし神経は再生することが、「現代医学ではほぼ不可能」と言われている部分にあります。

 

緑内障の予防に関しては、食生活の改善によって、油物中心の食生活を改善すること、眼球も周りに張り巡らされている毛細血管の血流を改善すること。

緑内障 予防 方法

この2つが特に重要と言われています。油物中心の食生活をしていると、コレステロールが、ます体の中心を走る大動脈の血管に付着していきます。

 

すると必然的に血圧が上がるのですが、それと同時に血流の速度が遅くなります。

 

通常ならば抵抗なく流れている血管内の血流がコレステロールの付着物によって阻害されるので当然です。

 

ですが、話はここで終わりではなく、血流がゆっくりになって血圧が高い状態になると、コレステロールが毛細血管の中まで運ばれてしまう。ということが起こってしまいます。

 

毛細血管は人間の体の中で、総延長距離が地球1周分とも言われているほど、距離が長い結果なのですが、これまでコレステロールは、分子構造が大きいため、毛細血管の中には入り込まないであろうと思われていました。

 

ですが、近年緑内障の患者が爆発的に増えていることを見てもわかるとおり、食生活の欧米化によって、高コレステロールな食事が、全身の毛細血管にも影響を与えることがわかってきました。

 

もちろん指先や皮膚に近いところといった場所だけではなく、眼球もそれに含まれます。

 

それを予防するには、食生活を改めるのが1番近道というわけなんです。

緑内障 予防 栄養素

しかし食生活を改めただけでは、年齢とともに代謝機能が低下して支出を消費できなくなった体では、体の中に溜まったコレステロールを排出するまでに時間がかかってしまいます。

 

それを補うには、血管の内側から働きかけて血流を改善してくれるカロテノイドの1種「ルテイン」が有効と言われています。

 

最近のブルーベリーサプリメントが、アントシアニンだけではなく、ルテインやアスタキサンチンなど、コレステロールを血管の中で固めてしまうことにつながる、活性酸素を退治してくれる働きがある上に、ルテインに関してはカロテノイドの中で最も分子構造が小さく、眼球の周りに張り巡らされた毛細血管の中まで入り込んで、血流を改善してくれる働きがあると言われています。

 

やはり緑内障による失明患者が増えている日本人の現場としては、ルテイン等のカロテノイドは、緑内障の予防のためにぜひ取っておきたい栄養素であると言えるでしょう。

ルテインはどんな食べ物から摂取できる?

ルテインはサプリメントから摂取される方が多いのですが、できるならば食べ物から摂取したいという方もいらっしゃるかと思います。

 

では、どんな食べ物にルテインが多く含まれているのかを見ていきましょう。
ルテインは主に緑黄色野菜にたくさん含まれていると言われており、中でも最も配合量が多いと言われているのはケールという野菜です。
その次に多いのはサボイキャベツで、その次がパセリとほうれん草です。

 

もちろんこの他にもたくさんありますが、身近な食材からルテインを効率よく摂取したい。という場合はできるだけ色が濃い緑黄色野菜を選ぶことをお勧めします。

 

また、ルテインは油と一緒に摂取するとより効率よく体内に補給できると言われていますので、ルテインを食事から効率よく摂取したい場合は緑黄色野菜をドレッシングやマヨネーズ等と和えるのも良いでしょう。

 

なお、ルテインが最も多く含まれているケールは、味としては苦味が強いのが特徴なので毎日たくさん摂取するのは正直辛い。という方も少なくないかと思います。
その場合は青汁で摂取するのもオススメです。
最近はケールがたくさん使われている青汁もたくさんあり、最近の青汁は味が美味しくなっていると評判です。

 

ここでは普段の食事から効率よくルテインを摂取するためのコツをご紹介しましたが、普段あまり自炊をされない方や、そもそも野菜がそんなに好きじゃない。という方も少なくないかと思います。
となるといくら緑内障の予防の為とは言え毎日バランス良く野菜を食べ続けるのは簡単なことではありません。

 

そういった場合は先程の段落でも触れたようにサプリメントで摂取するのをオススメします。
サプリメントを買うようになると毎月毎月数千円のお金がかかってしまいますが、結局のところ緑内障を緑黄色野菜で補おうとするとその分食費がたくさんかかってしまいます。
なので、結局のところ金額的な差があまりない、もしくはさほど大きな差は無い。ということになる場合が多いんです。

ルテイン摂取をサプリメントでするならどれが良い?

ルテインがたくさん含まれているサプリメントからのルテイン摂取を検討したいという方は、「めなり」というサプリメントがオススメです。

 

めなりは、実感力に長けていてリピート率がおよそ93.9パーセントもある上、ルテインと相性が良い成分が豊富に配合されています。
また、ルテインサプリの効果的な選び方の条件を全て満たしているサプリメントとしても有名です。

 

さらに、15日間の返金保証も付いているので、サプリメント自体が初めての方にとっても安心できるサプリではないかと思います。

 

そんな「めなり」の効果や口コミなどのより詳しい事はこちらで確認することができます↓