ブルーベリーサプリ アスタキサンチン アンチエイジング効果

MENU

ブルーベリーサプリメントに含まれるアスタキサンチンはアンチエイジングにも

ブルーベリーサプリのアスタキサンチンとアンチエイジング効果

アンチエイジングは、女性のみならずとも気になるキーワードです。

 

そのままズバリで“老化の防止・予防”という意味なのですが、最近アンチエイジングで注目されている成分が“アスタキサンチン”です。

 

アスタキサンチンは、カニを茹でると赤くなったり、サケの切り身が焼くと白身なのに、生の状態では赤かったりする、その“赤”を作り出している色素(キサントフィル類)です。

 

この色素系の栄養素は、現在発見されているものだけでも、およそ500種類以上あるんですよ!

 

ブルーベリーサプリには、ポリフェノール類の仲間である抗酸化物質のアスタキサンチンが摂取できるものがあります。

 

アスタキサンチンは、魚卵のいくらやカニ、エビの殻などの赤い色の元になっている色素成分でポリフェノール(キサントフィル類)の仲間のひとつと言いましたが、その働きはスゴイものがあるんですよ。

 

老化予防にサプリメントを飲まれている方はたくさんいらっしゃると思いますが、あのテレビCMで有名な「セサミンE」はゴマの持っているビタミンEの活性酸素を撃退する力に注目したサプリです。

 

あの「セサミンE」に含まれているビタミンEのおよそ1000倍の抗酸化力を持っているのがアスタキサンチンなんです!

 

目が加齢共に衰えてくる原因が、紫外線や毎日の生活に密着しているTVやパソコンなどのメディアから発せられるブルーライトの影響によるものであるのと同様に、肌に積み重なっていくダメージも紫外線によるものなので、目にも肌にもどちらのアンチエイジングにも有効な成分という事ができるでしょう。

 

さらに生理活性を起こす事によって血流改善効果もあると言われており、動脈硬化や低血圧の予防にも効果的である事が分かっています。

 

これから本格的な冬を迎えると朝が苦手な人には是非摂りたい栄養素と言えるでしょうね。

 

血流改善効果には、女性にとってかなりつらい悩みでもある生理前後の貧血や慢性的な冷え性にも効果的という事が出来ます。

 

化粧品でも富士フィルムのアスタリフトなどは、アスタキサンチンの持つ抗酸化作用に着目したもので、肌を紫外線刺激による老化から守ってくれるのは有名ですよね。

 

アスタキサンチンは、冒頭でエビやカニ、いくらなどの赤い色の元になっている色素栄養素であると紹介しましたが、アンチエイジングに効果的なほどの量を毎日の生活で摂取しようと思うとかなりの量になります。

 

理想的な摂取量は毎日6mgと言われていますが、これだけの量を食事から摂るとなれば、エビならば10尾、サケの切り身なら2〜3切れとなります。

 

魚好きな人なら今日だけエビとサケだけのメニューで食べよう。とかはできるかも知れませんが、これが毎日となれば飽きてしまうでしょうしつらいですよね。
そんな量を毎日ほんの一粒とかで摂れるようにしたものがサプリメントです。

 

アスタキサンチンには血液をドロドロ状態からサラサラにしてくれる働きもあるので、血流によって新しい細胞が作られる肌の生まれ変わりも促進してくれる事になります。
これが、アスタキサンチンが注目されている理由なんです。

 

アスタキサンチンが摂取できるブルーベリーサプリで目と肌のアンチエイジングを実践していきませんか。