スーパーブルーベリーアイは副作用は大丈夫?

MENU

スーパーブルーベリーアイは副作用|成分の安全性は?

スーパーブルーベリーアイは、ナノビルベリーエキスを100%配合した濃厚なブルーベリーサプリです。
さらに、一般栽培種は使用せず、アントシアニン含有量の高い北欧産野生種100%とこだわることで、安心・安全かつ従来よりもこだわりぬいた製品となっています。

 

このスーパーブルベリーアイをはじめとしたブルーベリーサプリですが、注目を浴びる一方で副作用に対する心配の声も上がっています。
例えば、メインの成分となるアントシアニンについて。これは目の健康促進やアンチエイジング効果が期待されている成分ですが、実際のところどういう成分か分からず不安を覚える方もいるようです。

 

確かに良い成分とはいえ、メリットに伴う何かしらのデメリットが隠れていないか不安になる気持ちもわかります。
そこでここでは、アントシアニンだけでなく、スーパーブルーベリーアイ全体の副作用の有無について詳しく見ていきたいと思います。

スーパーブルーベリーアイの成分は副作用あり?

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種で天然色素成分です。ブルーベリーの特徴的な青紫色はこれによるもので、この成分が非常に高い抗酸化力を持っていると言われています。
非常に高い抗酸化力により、肌のしわやシミ、たるみと言った年齢を感じさせるサインを生み出す活性酸素を除去することが出来ます。

 

また、アントシアニンには、目で捉えたものを脳に伝える物質ロドプシンの合成を促進する作用もあり、眼精疲労の予防・改善への効果が期待できます。

 

そしてこのアントシアニンですが、先にも述べたように天然由来の色素成分ですので、医療品のような副作用などの心配はないと言えるでしょう。(これは他の成分にもいえる事なので、安心してくださいね)

スーパーブルーベリーアイの過剰摂取による副作用ついて

次にスーパーブルーベリーアイの過剰摂取による副作用ついてです。
確かに、多くのブルーベリーサプリにはビタミンEも添加されています。

 

なぜならビタミンEにも、アントシアニンに似た抗酸化作用によるアンチエイジング効果や、
見たものを脳に伝えるサポートなどといった効果がされているからです。

 

一般に、ビタミンEの摂取量の上限は成人で600~800mgとされています。

 

ビタミンEは脂溶性ビタミンという分類に分けられ、書いて字のごとく脂質に溶けるビタミンの代表格でもあります。
確かに、脂溶性ビタミンには過剰摂取の影響がありますが、取り分けビタミンEは脂溶性ビタミンの中でも非常に安全性が高いと言われていますので、いずれにしても副作用の心配はないでしょう。

 

しかし、驚くことにこのスーパーブルーベリーアイに関しては、そもそもビタミンEは添加されていません。
なぜなら、アントシアニンの含有量が一般より多いものを使っていて、なおかつ特許を取得した特殊製法によって吸収率も従来より高めているからです。
それによってよりシンプルで、天然由来の安心・安全を実現しています。

 

ですが、スーパーブルーベリーアイには基本的に副作用は無いとはいえ、効果欲しさにたくさん飲んでも、成分を全て吸収してくれるわけではないので意味がありません。
なので、スーパーブルーベリーアイを飲む際は、1日1粒から3粒までにとどめておきましょうね!

食品アレルギーがある方は注意が必要

スーパーブルーベリーアイには副作用は無いのですが、植物由来の食品ですので、食べ物のアレルギーで該当するものがあれば注意が必要です。

 

それについては、以下のページで詳しく記載されています。

 

また、スーパーブルーベリーアイの効果や魅力を写真や動画つきでわかりやすく特集していますので、スーパーブルーベリーアイの詳細をより詳しく知りたい方はこちらからチェックすることができます↓

 

口コミから見るスーパーブルーベリーアイの効果