正常眼圧緑内障 予防 対処

MENU

正常眼圧緑内障の危険性と予防・対処

正常眼圧緑内障という目の病気をご存じでしょうか。

 

実は、緑内障という病気自体、ほとんどのケースで『眼圧』という眼球の中のゼリー状の物体
(硝子体=“しょうしたい”といいます)の新陳代謝によって出る水分が溜まってしまって
眼球の中の圧力が高まってしまう状況が原因となって
網膜から伸びている視神経が圧迫されて発生するという仕組みがあります。

 

ところが正常眼圧緑内障というのは眼圧は正常値なのに起こってしまう緑内障を言います。
未だに、はっきりとした仕組みが分かっていない眼病のひとつなのですが、
ひとつだけはっきりしている事は高血圧が原因ではないかという説が有力なようです。

 

そこで、このページでは正常眼圧緑内障の原因と予防という観点から一緒に見て行きたいと思います。

緑内障は年齢によってなる衰えなの?

人間誰しも加齢と共に少しづつ視力が落ちて、物が見えにくくなったりはするもので、それなりに仕方がないと覚悟はしている方も多いでしょう。
眼科の病院に行くと待合室の中にポスターなどで緑内障予防を告知するものが貼られていたりします。

 

緑内障はご存知の方も多く、中途失明の多い恐ろしい眼病であることは知られています。

 

また、原因が眼圧の上昇である事がはっきりしているので、
該当するような頭痛や目を押さえ込まれるような重苦しい感覚、
またはめまいなどの症状がないと安心できると考えてよいというのが一般的な認識でしょう。

 

ですが、眼圧の上昇が起こらない正常眼圧緑内障という眼病があることは、あまり知られていません。

 

正常眼圧緑内障とは、文字通り眼圧が正常値の範囲内であるにも関わらず、視野欠損や急激な視力の低下を起こしてしまう病気で、最終的には失明へと向かってしまいます。
そんな正常眼圧緑内障の原因を調べてみました。予防法と対処も併せて紹介します。

正常眼圧緑内障の原因は?

正常眼圧緑内障の原因の前に知って頂きたいのが、正常眼圧の範囲がどこからどこまでなのかです。
通常の成人の場合、眼圧の正常値は10〜21mmhg(トル、もしくはトールという単位です。)で、これが基準値となっています。
眼科に行ってもこの数値の範囲内ならば、特別に自覚症状がない限りは問題なし。と診断されてしまいます。

 

正常眼圧緑内障の原因については、まだはっきりとメカニズムが解明されていない事が多く、発症の原因となる因子も確定できていないのが現状です。

正常眼圧緑内障が研究で分かりつつある?

しかし近年、高眼圧以外に『アミノ酸のような興奮性神経毒性物質の関与による神経変性』が指摘されています。
今までの『眼圧コントロール』とは異なる手法による緑内障対策が注目されています。
その対策として注目されている成分があります。
それが『クロセチン』というクチナシの花から
抽出されるカロテノイド成分で、正常眼圧緑内障の改善効果が期待されています。
というのも、クロセチンの働きに網膜付近の視神経膜の保護作用があることが判明しているためで、
緑内障の進行や視野欠損⇒失明という推移を予防する働きが期待されています。

しかもさらに悪いことは、人間の脳は恐ろしい機能があり、徐々に少しづつ広がって行く視野欠損は脳が勝手に見えるものとして認識するように視野を補ってしまうんです。

 

このサイトでも紹介している急性緑内障のような著しい自覚症状を伴いにくく、
しかも前述のような視野を補う脳の力のせいで余計に自覚しづらいのが、正常眼圧緑内障の怖いところです。

 

しかも何年にもわたって本当にわずかずつ症状が進行していくのが、正常眼圧緑内障の問題点でもあります。
その主な原因として考えられているのは、眼球周りの視神経を正常に働くように助けている毛細血管が血圧が上がったり、もしくは血液の粘度が上がって血栓が出来てしまったりすると血流が悪くなり視神経を網膜とつなげているガラス体が変質する事が原因ではないかという見方がされています。

 

ここから先は予防と対処法の観点から話しますが、不確定な要素が含まれていることをご了承ください。
手術などの外科的な医療法では、正常眼圧緑内障の発見自体が難しいことは先ほどから紹介している通りです。

 

しかし、先ほどのような眼球周りの毛細血管、およびその影響をまともに受けてしまう視神経の変質が原因だとするならば、
血流改善効果のあるコレステロールや血栓の原因になる血液の粘度上昇を抑えてあげれば正常眼圧緑内障は防げるという事になるでしょう。

 

そのためには、抗酸化作用を持つ食べ物を普段の食生活から採り入れて行く事はかなり有効な対処法になるのではないかと思います。
正常眼圧緑内障の予防や対処のためという事もありますが、身体全体の健康のためにも有効な対策として血流改善は行っていくべきではないでしょうか。

目の若々しさを保つための抗酸化物質にはアントシアニンやルテイン、赤ワインポリフェノール、レスベラトロールなど様々な栄養素があります。
それらをバランス良く摂れるサプリメントは正常眼圧緑内障の予防に効果が期待できるのではないかと思います。