視力低下とレーシックのリスク

MENU

レーシックのリスクを知ってから視力低下の対策を!

あなたは、現代人の私たちの現代病とも言われる視力低下に悩んでいませんか?
もしそのような症状があるなら、できるだけ目の必要な健康を維持するための栄養素をたっぷり取るようにしてください。
もしサプリメントが気に入らないというのであればサプリメントを使う必要はないと思います。
そのかわりできるだけ緑黄色野菜をたっぷり食べてアントシアニン、ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチンなどの栄養素をしっかりとるようにしましょう。
そして果物に含まれているビタミンCやビタミンB群、夜盲症を予防するビタミンAも必ず取るようにしましょう。
このような食生活を続けることがとても大切なことなんです。
視力は失ったら二度と帰ってきません。
視力を失うとレーシック手術などを受けても回復する事は無いんです。
現在では「レーシック難民」という言葉も存在していて、
実際に安くないしっかりとした専門医がいるところでレーシック手術を受けたにもかかわらず、
事前の検査と検査の結果によるリスクの十分な説明がなかったために、
施術を強行されてしまいその結果として今でもハロやグレアなどの後遺症に悩まされて失職してしまった人までいるんです。
こうなると人生設計のプランに大きな歪みが生じてしまいますよね。
それどころか全くもって自分自身の人生プランとは全く別の要素が入ってきて、
そのせいで視力をしなってしまったわけですからお金を解してもらえば済むという問題ではありません。
できれば「視力を返してくれ」と言いたいところですが、

それができないのが現代の医学の限界なんです。
2008年に安全上の大事故を起こしてレーシック手術を受けた患者を失明させてしまった銀座眼科ですが、
ここも原因としては手術に使う道具を十分に消毒していなかったという
なんともお粗末なことが原因で患者錯雑にこのような重荷を背負わせてしまったのですが、
それ以降のレーシック施術の業者に関してはほぼ触れなくなってしまったこともあり野放し状態に近くなっています。
ですが2006年から2013年の7年間で「レーシック手術を受けたことによる著しい後遺症と痛み」に悩まされて消費者センターに相談に訪れるといったケースの通報が多発しています。
つまり、銀座眼科だけではなくレーシックでの健康被害はたくさんあるということです。
もちろんその中には例の銀座眼科も含まれていますが、今まで日本中でレーシック手術を受けることで視力を失ったり、
重度の後遺症に悩まされたりということが本当に多いんです。
そしてこの事態を重く見た日本の厚生労働省は下記のような注意喚起を行っています。
レーシック手術を受ける際には、必ず手術前の適合検査の試験の結果を十分に熟知した上で充分な説明を受けて、それから手術を受けるか受けないかの判断をしてください
これはなぜかというと、ただ金額が安いところのレーシック手術は危ないというだけの知識ではなく、瞳孔径の大きさが充分にあるのかないのかが手術に与える影響や『うちは最新の設備で衛生環境も整っているから大丈夫』という言葉に騙されて手術を判断した結果での健康被害が多く出ていることがあるということなんです。
という通常の注意喚起よりも文章が長い危険性の高さを表す注意喚起を発表しました。そして、現在でもその注意喚起は継続して行われています。ですが、現在ではそのレーシック手術を受ける業者も逆に極度に低価格で行う業者が少なくなってきて、そして専門医が常に在籍もしくは、専門医が嫉妬するレーシック手術ということで、安心と安全の2枚看板を使って説明している業者も多数いて、実際に良い業者かどうかを見分ける事が難しくなっているんです。
先ほどハローグレアなどの後遺症激痛などによって失職している人も居るという言っていて、その方たちをレーシック難民とご紹介しましたがレーシック難民の方々の中には、実際に500,000円から600,000円もする専門医に指導してもらうプレミアムプランを実施したにもかかわらず「レーシック難民になってしまった」というケースも実際に報告されているんです。その被害者の方は、現代人の私たちにとってはレーシックは必要ないと思っています朝で語っています。その理由を尋ねると、実際に私も毎日仕事で目を使っていますが、実際には近い作業を行っているだけでそんなに遠くを見ないことによって不自由を感じていないというんです。その方が今現在も不自由を感じているのはパソコンの画面を30分以上見続けていると痛くて涙が止まらなくなるといったハローグレア現象や目の激痛であり、視力が低下してしまっていることに対しては「仕方がない」として諦めています。
もちろん普段の生活の中でできるだけ遠くのきれいな景色を眺めることができたりした方が普段の生活の中で充実感を感じることもできますし休息を得ることもできます。疲れた仕事をした後に外のきれいな星空を見たりするだけで気持ちが休まったりすることもありますよね。視力が落ちると確かにそのようなストレス発散ができなくなり、それに対して不自由やストレスを感じてしまうことがあります。ですがそのような症状は私たち現代人がいかに命を大切にしてこなかったかということに対してのしっぺ返しなんです。そのような症状もちゃんと健康的な体の中の代謝機能を使って少しずつ良い栄養素をしっかり摂取して自分自身の体が自然と治っていく力を使うことによって安全に回復する可能性があります。もちろん絶対に治るといったような事は言えませんが少なくともそのような栄養素は目に働きかけるということ以外にもその他の健康的な要因の役割も果たしてくれることがわかっています。もしこのページの冒頭でご紹介したようなしっかりとした栄養補給が毎日の食生活の中で自然に行うことが難しいというのであればサプリメントを使うことも選択肢のうちの1つではないかと思います。