視力とアントシアニンの関係

MENU

視力とアントシアニンにはどんな関係がある?

視力とアントシアニンの関係

視力の回復や維持に効果的と言われている“アントシアニンと視力との関係”について少し詳しく見て行きたいと思います。
目が見えにくいと感じる、物がかすんで見えたり、二重にダブって見えたりという症状は、仕事や勉強、普段の生活でもストレスを感じますよね。このような、症状の軽減に役立つのがアントシアニンと言われているのですが、具体的にどういった仕組みで視力低下の対策に効果的なのか見て行きましょう。

 

なお、後半部分では、アントシアニンの効果的な摂取方法もご紹介しています。

アントシアニンで視力が回復ってホント?

アントシアニンで視力が回復するという話を聞いたことはありませんか?

 

その答えから言ってしまうと、半分ウソで半分ホントです。

 

ブルーベリーや黒豆、紅イモ、ナスなどに含まれるアントシアニンは、目が見えるという認識を持つために必要な視神経の神経伝達物質である『ロドプシン』というタンパク質を再構成したり分解したりするために必要な成分です。
そのため、視機能の改善に効果的であり、視力回復に最適な栄養素と言われています。
なので、視神経の働きを良くする(疲れ目などの予防、改善)という観点ではホント。

 

そして、視力低下するもう一つの要因である暗いところでスマホ画面を観たり、パソコンやタブレットなどの画面から発生するブルーライトにやられるという側面については、アントシアニンよりもルテインの方が効果的であることがわかっています。

 

また、眼球の歪み(乱視)などの外圧に対しての緩和はアントシアニンでは改善できません。
なので、目がかすんだり、ぼやけたりと言った症状に対してアントシアニンが効果的というのはホント。

 

乱視で物が二重にダブって見えたり、距離感が合わなかったりする物理的な視力低下には効果なし。ということになります。
ただし、スマホなどの使いすぎで目が疲れる状況と言うのは、目を無理させることでもあり、その状態が続くことで視力の低下を招くとも言われています。
なので、眼精疲労などに効果的なアントシアニンは、視力の低下の予防には効果的であると考えられます。

 

視力は、一度低下してしまうと、改善のために相当な労力とコストがかかります。
だからこそ、お金をかけるなら予防にかけるのが良い。と言われているんです。

アントシアニンが摂れる食べ物

前段の話の最初の方で、アントシアニンはブルーベリーや紅イモ、黒豆やナスなどの食材に含まれているというお話をしました。

 

アントシアニンが含まれる食べ物が、意外と多くあることに驚いた方もいるかも知れませんが、基本的に量がどのくらい含まれるかという点を置いてお話をすると、太陽光を浴びて光合成をして成長する植物には、多少なりともアントシアニンは含まれているということになります。
ただし、人の口に入るものですから、安全であることや味が食用に向いたものであることなどの理由からブルーベリーや紅イモがアントシアニンを含んでいる原料として使われるんですね。

 

また、ブルーベリーならば、最近では北欧産のビルベリー、紅イモは沖縄産の無農薬原料が使われています。これは、安全性とアントシアニンの含有量が多い食材であることが理由です。

アントシアニンの吸収率を高める成分も重要

アントシアニンを身体の中に吸収されるようにするには、αリノレン酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が体内への吸収効率を高める働きがあるという研究結果を示した論文があります。

 

その論文はこちらです。アントシアニンの吸収率向上について

 

身体に吸収されやすい形でアントシアニンを摂るには、オメガ3脂肪酸が良いという研究結果もあるため、
今後はそれらの脂肪酸が含まれるサプリメントがアントシアニン摂取の中心的な存在になるかも知れませんね。

 

実際に現在でも、アントシアニンの吸収効率を上げる目的ではなく、血流を改善する働きやダイエット効果、
抗アレルギーなどの効果も期待できるDHAやEPAなどの成分が一緒に配合されている人気のサプリメントがあります。

現代ではサプリでアントシアニンの摂取をするのが主流

まず最初に普段の食生活を思い浮かべて欲しいのですが、そこにアントシアニンが豊富に含まれている食材は存在していますか?
私自身も振り返ってみたところ、その答えはNOでした。おそらくですが多くの方が私と同じような状況では無いかと思います。
実際にそういった方は少なくありません。

 

確かに目の健康の維持は重要ですが、かといってそれだけのためにアントシアニンが豊富に撮れる食材ばかりを普段から継続的に食べていくのは容易なことではありません。
現代人は忙しいですし、食事は忙しい中ではおろそかにされがちな要素でもあります。
そういった状況でもちゃんと目をいたわりたい。そういった方に選ばれているアントシアニンの摂取方法が、ブルーベリーサプリを飲むと言うことです。

 

近年デジタル化が急激に進んでいる影響からか、様々な目のトラブルや視力の低下に悩む方がたくさんいらっしゃいます。
それに伴って、ブルーベリーサプリを選ばれる方も増えているそうです。

 

しかし、実際にネットでブルーベリーサプリと検索すると様々な種類のものが出てきて、初心者の方にとってはどれを選ぶべきなのか正直わかりにくい部分があります。
そんなあなたにオススメなのが、ルックルックベリーです。
このサプリメントは、先程の段落でもあったアントシアニンとアントシアニンの吸収率を高める成分も含まれている優秀なサプリメントです。

 

ルックルックベリーの具体的な効果や飲んでいる方の口コミ等はこちらで特集されていますので、
視力の低下を予防するために何か良いものはないか?と探しておられる方は
こちらをチェックしてみてはいかがでしょうか↓

 

>>ルックルックベリーの効果や成分・口コミなどはこちら<<