視力の健康について|あなたは失ってから気づく?

MENU

視力の健康に関して

視力の健康に関して予防が重要な理由は、視力は悪化してからでは、なかなか簡単には回復できるものではないからです。

 

実際に視力に異常がなくても、目は疲れているだけでも、かすんでいるだけでもとても不便です。
視力の低下は、実際の目の見え方の鮮明度に大きく関わるので、悪化して回復が困難になる前に、しっかりと予防していく必要があります。
そこでここでは、視力の低下の予防の仕方や改善方法をご紹介していきます。

 

なお、ページの最後には、忙しいビジネスパーソンに選ばれている視力の健康アイテムを特集しています。

まずは今の視力をチェックすることから

わずかな視力の悪化は気付きにくいことが多々あるので定期的に視力測定を受ける事が大切になります。
視力測定を行って目が健康かどうかの状態を確認することが出来ます。視力測定は輪の切れ端がどこにあるかで判定します。

 

大きい輪から少しづつ小さくして行って切れ端がどの方向に向かっているかを検査する見慣れた方法です。
この場合の目の健康の基準値が0.8になります。これより悪い場合は、目の状態がよくないことを意味します。
この場合は近視や乱視や遠視を疑う必要があります。近視や遠視などは病気とはいいませんが、非常に生活しにくい状態になります。

 

近視では遠くのものが見えませんし、遠視では近くのものが非常に見にくい状態になります。
視力が普通の状態でない場合は、仕事や勉強に非常にマイナスになりますし、頭痛や肩凝りなどの不快な症状が起きる可能性も出てきます。
ですからできるだけ通常の状態に近くするために、めがねやコンタクトレンズで調整していきます。

 

矯正することによって近くや遠くが非常に見えやすくなります。
しかしコンタクトレンズやめがねは矯正であって、いくら見えていても少し違和感を感じます。

悪化した視力にはレーシック手術

視力自体を変えてしまうのがレーシック手術です。これは完璧に視力が戻りますので、評判のいい病院で手術を行えば一番いい回復法になります。

 

視力検査の他にも眼底検査で動脈硬化や糖尿病などの、リスクを回避することができます。命に関わる病気になるので定期的な検診が望ましいです。

視力悪化予防のために出来ること

視力悪化を予防するためには、

  • 目を使いすぎないこと
  • 目をきちんと休ませること
  • 有効成分の力を利用する

この3つのポイントが大切です。

目を使いすぎないこと

親が子供によく言うセリフで、テレビに近づきすぎると目に良くないよ、ゲームのやり過ぎは目が悪くなるよ。とよく言いますが、長時間近くでものを見たり、液晶画面を長時間見続けるというのは確かに視力に対しても良いことではありません。

 

近くのものを見ると、目の周辺の筋肉が疲れてしまいますし、ゲームやテレビなどの液晶画面から発生するブルーライトを長時間浴び続けるとそれも視力低下につながります。
最近ではスマートフォンが普及してスマートフォンからのブルーライトに目をやられてしまっている方がたくさんいらっしゃるようです。

目を休ませること

目を使いすぎないことも大切ですが、中には仕事で細かい作業を行う、長時間パソコンとにらめっこの状態が続く。という方もたくさんいらっしゃるかと思います。
その際は仕事中の休憩時間にしっかりと目を休ませてあげることが大切です。

 

ハンドタオルやハンカチを濡らして電子レンジで温めて目に当ててあげるだけでも、目の周辺の筋肉は和らぎその周辺の血流が促進されますのでお勧めです。
なお、こういったことが仕事中はできないという形は、休憩時間に目をつぶるだけでも十分に効果があります。その際はまぶたから入ってくる光も入れないようにアイマスクをするとさらに効果的です。

有効成分の力を利用する

ここまで紹介した目を休ませる、目を使いすぎないといった直接的な予防方法ももちろん大切ですが、それと同時に体の内側から目に働きかけてくれる有効成分を摂取するというのも大切なことです。

 

その際は目に良いとされているアントシアニンが豊富に含まれているブルーベリーやぶどうなどを食べるのもオススメですが、頻繁に食べる機会がない。という方には、サプリメントから目に良い成分を摂取するという方法がお勧めです。
デジタル化が進んだ現代では目の見え方のトラブルを予防するための優秀なサプリメントが非常に多く存在しています。

 

視力の悪化を予防するためには、目を使いすぎないようにしたりしっかりと休ませたりという物理的な予防方法も大切ですが、
同時に有効成分の力で目の内側から働きかけてあげると、より高い予防効果が期待できます。
サプリメントであれば食材をスーパーで買ってきたり調理したりといった手間もありませんし、忙しいビジネスマンの方にもおすすめです♪

サプリで視力の健康維持をする人が増えている

デジタル化が進む現代では、忙しいビジネスパーソン以外にも、眼精疲労や視力の低下などに悩む方が急増しています。
実際のところ、視力の健康を維持するための方法がいくつかありますが、ホットマスクや目のマッサージなどは簡単な方法ではあるけれど、めんどくささを感じるものであり、実感しにくいのが継続できない理由だと言われています。

 

一方サプリメントの場合は、根本的な原因に対して
的確なアプローチができる優秀な視力の健康の維持方法であるにもかかわらず、
サプリメントを水に流し込むだけ。と言う非常にシンプルな方法であることから、忙しいビジネスパーソンにも選ばれている目の健康方法なんです。

 

こちらのサイトでは、選りすぐりの目の健康をサポートするサプリメントを特集していますが、
トップページではそれぞれの特徴ごとにわかりやすく特集しています。
初心者の方でも、自分に最も良いものを比較して選ぶことが出来ますので、
本格的な目の健康維持を手軽に行いたいと考えている方は、ご覧になってみてください。

 

現代人のわたし達は、目の酷使による視力低下や健康状態の悪化にさいなまれています。

 

厚生労働省が平成24年度に行ったあるアンケートによると、職場で仕事中に目の疲れや痛み、
光の刺激などによる目の見えにくさを感じた事があるかという問いに対して、
およそ9割の方が、なんらかの不自由を感じたり、目の病気によって将来的にセミリタイアした後の生活に不安を感じると答えている現状があります。