視力の機能低下の簡単な予防方法とおすすめアイテム

MENU

視力の機能低下は起こってからでは遅すぎます!予防が大切です

視力の機能低下を予防する方法とは一体どんな方法があるのでしょうか?
まず視力とは、眼で見て周りの環境を識別する能力のことです。視力の性質の種類には、動体や静止や深視などがあります。

 

静止は静止しているものを識別する能力のことで、動体は動いているものを識別する物を識別能力のことです。
深視は、物を立体的に識別する役割を担っています。両目の視点があっていなければ損なわれてしまう力ですね。

 

そこでこのページでは、まず視力低下の原因をご紹介します。
そして、ページの後半では視力低下の予防方法や低下した視力を回復する方法、
視力低下の予防に最も効果的と言われているアイテムのご紹介もしています。

 

本格的に視力の維持をしたい方にオススメの内容を特集しています。

視力が悪化する原因

視力の程度を客観的に判断するには、一定の距離から記号を識別する検査が行われます。
検査の結果は、数字表記で表現されます。

 

視力は常に一定ではなく、身体上の要因や環境上の様々な要因によって変化する場合があります。
身体上の原因としては、白内障など病気による影響や加齢の影響によるものがあります。

 

環境上の要因としては、パソコンや眼の酷使など日常生活による影響などがあります。
そのため、人により識別する能力の程度は異なるんですね。

 

視力に関する機能が低下すると、物を識別する能力が低下して周りが見え辛くなるため、
車の運転を行う場合や、特定の職業に就く場合は、一定以上の視力が職業の条件項目になっている場合があります。

視力の機能低下を予防する方法

視力の低下を防ぐためにはいくつかの方法があります。
ここでは7つの視力低下予防方法をご紹介します。

作業の合間に休憩を入れる

人によっては作業中の休憩をとりにくいという方もいらっしゃるかもしれませんが、出来る限り目を休めるということが大切です。
その際は仕事の休憩時間、作業の休憩時間などにスマートフォンを見たりするのはやめるだけでも大きな予防効果が得られます。

 

また、1分間だけでも目を閉じるだけでもその間は目の筋肉を休ませることができるため視力の低下の予防につながります。

遠くを見る

夜に星を見ると目が良くなる。
なんて話もありますが、それにはこのできるだけ遠くを見ることの大切さにつながっていたようです。
実は近くを見ている時間が長ければ長いほど視力が低下しやすいと言われています。

 

なので、特に流れ作業の検査部門なので近くのものをじーっと見る時間が長い方は特に休憩時間や仕事の後などに遠くのものを見る習慣をつけると良さそうです。

目の筋肉を温める

最近ではドラッグストアに行くとホットアイマスクというアイテムもありますが、そういったアイテムを活用して目の周りの筋肉を温めるというのも大切なことです。
わざわざホットアイマスクを買わなくてもお家にあるハンドタオルを湿らせて電子レンジでチンするだけでホットタオルが完成です。
パソコン作業や細かい作業などで目が疲れた時は休憩がてらホットタオルを使って目の周辺の筋肉をあたためて柔らかくしてあげましょう。

有効成分の力を借りる

目に良い成分と言えばブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。
実際にアントシアニンは科学的にも目の疲れやかすみなどを予防する働きが期待されており、実際に多くのブルーベリーサプリメントに含まれています。
目の疲れは慢性化すると視力低下にもつながるといいます。
このページでもたくさんのブルーベリーサプリメントをご紹介していますので、有効成分の力で体の内側から日々のアプローチをしてしたいという方は、トップページをご覧になってみるといいかもしれません。

目の体操を行う

目の体操を定期的に行うことで目の筋肉をほぐしてあげる効果が期待できます。目の疲れの改善にもつながりますしそれが視力低下の予防策ともなります。
具体的にはやり方もさほど難しくはなく、目を上と下に上下させたり左右に動かしたり1周ぐるっと回したりといっただけで構いません。このような目のストレッチは目の疲れにも効果的で視力低下の予防に効果的なストレッチと言われています。

目の周辺をマッサージ

長時間のパソコン作業や細かい作業などをした後の目はとても疲れています。当然目の周辺の筋肉も肩こりのように凝ってしまっていますので、指で優しくマッサージをしてあげるのも効果的です。
目の周辺はとてもデリケートですので、強すぎず猫の肉球を触るような優しい力加減で目の周辺の筋肉をくるくるほぐしてあげましょう。

視力の機能低下を改善する方法

低下した視力は病気による影響のもの以外は、メガネやコンタクトレンズや老眼鏡などの矯正器具を使用することで、一時的に改善することが出来ますが、できる事なら矯正器具は使うことなく視力に関する機能を健康的に維持したいものです。

 

医療による方法では、レーシックなどの手術による方法がありますが、最近では保険適用が受けられるようになり金額的にはリーズナブルになっているものの、術後にドライアイの症状が酷くなってしまったり中には衛生的に問題がある環境で手術が行われ、それが事件になった事もありました。

 

そういった意味では、まだまだレーシック手術に関するインフラが完全に整っているとは言い切れない部分もあり、不安要素と言えます。

視力機能低下を予防・改善する栄養素

視力機能の低下を予防したり改善したりする効果に優れている栄養素はアントシアニンです。
アントシアニンといえばぶどうやブルーベリー、ビルベリーなどに豊富に含まれており、多くの方がその存在をご存知かと思います。

 

実際にアントシアニンの働きによる視力低下の改善や予防効果は証明されているため、この成分が効率よく摂取できるブルーベリーなどを食後やおやつなどに食べる習慣をつけるのも良いかもしれませんね。

最も効率よく摂取できるのはサプリメント

近年視力低下に悩む方が急増していることもあり、視力低下を改善したり予防するためのサプリメントが続々と登場しています。

 

それらのサプリメントのほとんどがアントシアニンを主成分とし、その配合量を売りとしています。
確かに、どのサプリメントを見てもアントシアニンの配合量がブルーベリーやビルベリーの◯◯倍。といったような表記がされています。
そんな視力を良くするために必要とされる栄養素が粒を飲むだけで効率よく補給できるサプリメントは、忙しい現代人にとってとても魅力的なアイテムだと言えるでしょう。

視力低下の予防と改善にはどのサプリメントが良い?

あくまで個人的な意見になりますが、視力低下の予防や改善にサプリメントを取り入れたいというのであれば、一望百景というサプリメントがお勧めです。

 

なぜならば先ほど紹介したアントシアニンが豊富に含まれている事はもちろんのこと、その他にもパソコンやスマートフォンなどの液晶画面から発生するブルーライトから目を守ってくれるルテインという成分が20mg配合されています。
この数字はブルーベリーサプリ業界で見ると最も高い値なんです。

 

つまり、豊富に含まれたアントシアニンとルテインの力によって今現在お悩みの低下した視力の改善とこれからの視力の低下予防、電子機器類によるブルーライトから目を保護する効果が期待できるということです♪

 

なので、視力低下が怖いけど仕事などでブルーライトを浴び続けているという方には私はこれをお勧めしています。
なお、一望百景の愛用者の方の口コミや最も安く購入できる店舗の情報などについてはこちらでチェックすることができます↓

 

一望百景の効果と成分・口コミ特集