視力測定で見つけられる病気

MENU

ご存じでしたか?視力測定で見つけられる病気。

視力測定を行って目の現在の状態を確認することが出来ます。視力測定は輪の切れ端がどこにあるかで判定します。

 

この場合の目の健康の基準値が0.8になります。これより悪い場合は、目の状態がよくないことを意味します。
この場合は近視や乱視や遠視を疑う必要があります。近視や遠視などは病気とはいいませんが、非常に生活しにくい状態になります。

 

近視では遠くのものが見えませんし、遠視では近くのものが非常に見にくい状態になります。
視力が普通の状態でない場合は、仕事や勉強に非常にマイナスになりますし、頭痛や肩凝りなどの不快な症状が起きる可能性も出てきます。

 

ですからできるだけ通常の状態に近くするために、めがねやコンタクトレンズで調整していきます。

 

矯正することによって近くや遠くが非常に見えやすくなります。
しかしコンタクトレンズやめがねは矯正であって、いくら見えていても少し違和感を感じます。

 

視力自体を変えてしまうのがレーシック手術です。
これは完璧に視力が戻りますので、評判のいい病院で手術を行えば一番いい回復法になります。
視力検査の他にも眼底検査で動脈硬化や糖尿病などの、リスクを回避することができます。

 

どちらも生命に関わる病気になるので定期的な検診が望ましいです。

目の病気を判断できる遠見視力検査

この視力検査では裸眼や矯正眼鏡をかけた際の視力を測ります。この検査では近視、遠視、乱視がわかるようになっています。

 

また、視力に関する内容だけでなく、目の病気があるかどうかを1番最初に判断する基準となる検査と言われています。

眼科で行える様々な目の検査

眼科ではランドルト環といういわゆる円の切れ目を左右上下で判断する一般的な視力検査のほかに、

  • 細隙灯顕微鏡検査
  • 眼圧検査
  • 眼底検査
  • 波面センサーでの検査

など様々な目に関する検査が行えます。

 

費用についてですが、基本的には保険適用範囲内で行ってくれる検査がほとんどですので、自己負担は30%か10%になります。

 

ほとんどの検査が3割負担の方の場合2,000円から3,000円程度ででき、1割負担の方の場合はほとんどが1,000円以内で行えます。

目をいたわるための習慣

体のどこの部分でも言えることですが、特に目の健康はとても重要ですよね。
今現在目の調子に何か違和感を感じる方は、まずは眼科に行って、症状を伝えた上で本格的な検査をしてもらうことをお勧めします。

 

先ほども触れましたが、目の病気を早期発見するためには、定期的に眼科で検査してもらうのも大切なことです。
なぜならば、今後どのように目をいたわるべきなのかが分かるからです。

簡単にできる目のいたわり方

日常的に取り入れやすい方法としては、まずはスマートフォンなどの電子機器類を使う時間を減らすことです。
こういった電子機器類を長時間使う習慣というのは、積み重なると緑内障などの様々な目の病気の原因となるようです。

 

また、今日は目を使いすぎてしまったな。という時は、ホットマスクやホットタオルなどで目の周辺の筋肉をほぐし血流を改善させてあげるのも効果的です。

目のサプリメントってどうなの?

デジタル化が早急加速した現代の日本では、目の見え方のトラブルに悩む方が急増し、それに伴って目の健康を維持するためのサプリメントが多く開発されています。

 

もちろん、どのサプリメントを飲むかにもよりますがアントシアニンやアスタキサンチン、ルテインなどの
目の見え方のトラブルの改善や予防に優れた成分が豊富に含まれているサプリメントを選ぶことで、体の内側から目のケアを行う事は可能です。

 

目を大事にしたい。目の病気を予防したい。
また、眼精疲労や視力低下などの今現在発生しているトラブルを改善したい。

 

という方は、先ほど説明したような目をいたわる方法を取り入れたり、サプリメントを活用することをオススメします。

デスクワークをする方にオススメのサプリメント

日々パソコンやスマートフォンなどを仕事で使うという方は、それらの液晶画面から発生するブルーライトによる目の病気が心配されます。
そんなブルーライトによる目へのダメージを改善したり、ブルーライトによるダメージを予防してくれる効果が強い成分がルテインです。

 

そんなルテインが業界最高レベルの配合量を誇るサプリメントが朝のルテイン&プラセンタといサプリメントです。
このサプリメントは女優の大桃美代子さんも愛用していたものであり、サプリメントというよりもゼリーになっているのでおやつ感覚で楽しく続けられるというメリットもあります♪
そんな朝のルテイン&プラセンタは、全額返金保障の制度も付いているため、気になるけど効果に不安がある。という方にとっても初めやすいのでオススメかと思います。

 

詳細はこちらでチェックすることができます↓
大桃美代子さんが若年性白内障になった時に選んだサプリ