ブルーベリーサプリ 目の病気予防 タイミング

MENU

眼病予防に最高のブルーベリーサプリを飲むタイミング

眼病予防 タイミング

このページでは、眼病予防のためにブルーベリーサプリを飲んでいる、またはこれから飲んでみようと思っておられる方に、ブルーベリーサプリの効果を最大限にするための飲むタイミングとその理由などをご紹介しています。
また、最後には、私自身が眼病予防のために継続しているオススメのブルーベリーサプリメントについてもまとめています・

ブルーベリーサプリメントを飲むタイミングはズバリいつ?

結論から言ってしまうとブルーベリーサプリを飲むタイミングは朝食後すぐが良いとされています。

 

これは、ブルーベリーサプリに含まれる抗酸化物質などの有用成分の効き始めがとても早く、およそ2〜3時間ほどで身体の中で効果を発揮し始め、その後、24時間ほどで汗や尿などで身体の外に排出されて行くに従って効果が薄れる仕組みになっているからです。

 

眼病予防のためにも、目を酷使するのは起きていて仕事をしたり、車の運転をしたり、本を読んだりしている時ですよね。その時間帯で効力を発揮するようなタイミングをブルーベリーサプリを飲むのが最も効率的に眼病予防に役立ってくれます。

ブルーベリーサプリメントが眼病予防に良い理由

ブルーベリーサプリが眼病予防に良いといわれる理由は、アントシアニンやルテイン、アスタキサンチンなどの色素栄養といわれるポリフェノールが豊富に含まれているからです。
これらのポリフェノールは、普通に景色を見ることによって網膜が受ける光の刺激で酸化していったり、活性酸素によって起こる老化現象で血流が悪くなっている血管を丈夫にして目のピント調節を行う毛様体筋の働きを改善したりします。

 

これらポリフェノールの組み合わせが最大限に効果を発揮するには、正しいタイミングでサプリメントを飲む必要があります。

 

基本的にポリフェノール類の働きは即効性があると言われているので、目を酷使する前、大体1時間ほどの時間的余裕を持って飲むと良いでしょう。

なぜ、そのタイミングで飲むと良いのか

既に紹介した効果に即効性があるポリフェノール類の働きもありますが、そもそも眼精疲労を起こしたり、結果として背中の痛みや腰痛、吐き気など酷い症状に陥ってしまう原因が「目の疲れによる視界のボヤケ」があるからです。

 

目が疲れて物がボヤケて見えるのに、それを終業時間までに終わらせなければならないというプレッシャーや無理が祟って重度の目の疲れが重なって慢性化することが眼病を発症に向けて加速させてしまうからです。

 

もちろん、具体的にいつ緑内障や加齢黄班変性などの眼病を発症してしまうのかは個人によって様々な違いがあるため分りませんし、そもそも何も起こらない可能性だってあります。
ですが、今言ったような眼病は一度発症してしまうと、最悪の場合は視力低下はおろか失明の危険性もあり、しかも現代医学では根治させるのが困難な眼病とも言われています。

 

そういった眼病のリスクを可能な限り減らしていく事ができるのならやっておいた方が良いはずです。
それができるのがポリフェノール類の摂取であり、食生活だけではバランスよく摂取する事が難しいこれらのポリフェノール類を効率よく摂取できるのがブルーベリーサプリなんです。
そして、せっかくそのために使うブルーベリーサプリも、正しいタイミングで飲まなければ効果を最大限に発揮する事にはならないんです。

私が継続しているブルーベリーサプリメント

私が継続して飲んでいるのは、やわたのめばえというブルーベリーサプリメントです。
私は普段デスクワークを長時間行うため、スマートフォンやパソコン画面から発生するブルーライトによる眼病予防を予防したいと思っていました。

 

私のような人にはブルーベリーサプリメントに多く含まれる成分の中でも、ルテインという成分が効果的だと知り、
そのルテインがブルーベリーサプリ全体の中で最も多く含まれているめばえを選びました。

 

めばえを飲み始めてもう半年以上が経過していますが、今まで悩んでいたドライアイや眼精疲労も改善されたのを実感しています。
ただ単にいつ発生するのかわからない眼病予防を行い続けるだけでなく、
ドライアイや眼精疲労などの日々の悩みも改善してくれたというのは非常に嬉しいメリットです♪

 

そんなめばえの効果効能を始め、様々な基本情報をこちらで特集しています。
目の健康のために何かを始めたい。という方は参考にしてみてください。