疲れ目とアンチエイジングの関係

MENU

疲れ目を改善するとアンチエイジングになるってご存じですか?

アンチエイジングというと何か美容方面で
化粧品や肌ツヤを良くするための方法というイメージがあるかと思います。

 

言葉のように聞こえてしまいませんか?よくテレビのおしゃれ系の番組などで、
アンチエイジングの秘訣はできるだけこまめなスキンケアを行ってあげることが大切…なんていいますよね。

 

ですが、実はアンチエイジングというのはそれだけではないんです。
確かにアンチエイジングは美容方面の言葉が広まったきっかけです。
ですが、その方法はスキンケアだけではなく、メイクのテクニックや化粧品だけの話ではありません。

 

毎日の仕事による疲れ目やストレスといったものに対しても改善して行くことで、肌のアンチエイジングにも役立つんです。
毎日の自分の疲れをしっかりとっていく事もアンチエイジングの中の重要なピースのうちの1つということですね。

 

例えば目が疲れている状態だと、いつも通りパソコンに向かって仕事をしていても
いつの間にか眉間にシワが寄っていて険しい表情になっている…なんていうことありませんか?
このような状態は、女性にとって決して良いものではないのは当然ですが、
スキンケアの観点から見ても老けて見える顔を作ってしまう原因になります。

 

最近では、パソコンやスマートフォンは持っていない人の方が少ないくらい普及していますよね。
毎日仕事が終わった後に自宅に帰ってもパソコンをサッと開いて、
SNSや自分自身が更新しているブログを書くなど、毎日行っている人も多いはずですし、
また調べごとをしているというケースもあると思います。
中には家計の計算をスマホでできるアプリなどもあるので、
やはりスマホなしで生活するというのは現代社会においては難しいのかもしれません。

 

ですが、それだけに余計に疲れ目を助長させてしまって、次に自分の仕事でパソコンやスマートフォンに向かう時に
ついつい眉間にシワを寄せて『しかめっ面』になってしまうといった経験もあるのではないでしょうか。
しかも、他人に言われて初めて『すごい顔をしてたことに気づいてハッとした』なんていう経験がある方もいらっしゃるかも知れません。

 

そのような症状をできるだけ和らげてあげることも大切なのですが、
そのためには目薬を使ったり、蒸しタオルを用意したり冷蔵庫でタオルを冷やして置いたり
そして休憩時間にはそれを自分の目に当てて休ませるなんて言う人もいますよね。

 

ですが、それらの疲れというのは、実はただ単純に何かのものを見続けているから疲れているというのではないということ。
その症状の代表的なものとしては眼精疲労なんです。

 

眼精疲労というのは疲れ目と言われる、目のしょぼしょぼや充血といったものの症状がずっと長く蓄積されていくことで、
1日夜2日休息をとった位では全く疲れが取れないといったような症状を引き起こしてしまいます。

 

そのような症状を引き起こす事によって、実はどんどん眉間にシワが寄っていたり、
目の下にクマができてしまったり、そういった美容面にとってもマイナスの影響を与えてしまうんです。
そうならないようにするためには、できるだけ毎日の疲れはその日のうちに解消するということをできるだけ心がけたいものです。

 

ではそのための具体的な方法としてどういったことが考えられるかということをちょっと詳しくお話ししたいと思います。

 

まず疲れ目の原因なのですが、疲れ目というのは基本的に最近の現代人の私たちの場合は
ほぼVDT症候群の症状の1つと考えて差し支えないと思います。
VDT症候群というのは、ビジュアル(Visuale)ディスプレイ(Display)ターミナル(Tarminale)の略をとってVDTと言います。
それらの画面から発せられるブルーライトの影響によって疲れ目がひどくなりますし、その疲れ目が蓄積されることによって眼精疲労を招いてしまいます。
その眼精疲労が最終的には肌の質感も衰えさせて目尻に小じわを作ってしまったり、
眉間にしわを寄せることでシワが多い浮気顔に見えてしまったりすることになるんです。
そのような症状をできるだけ軽減することで疲れが美容面に対してマイナスの影響を与えないようにすることができるんですね。