疲れ目からの肩こりの対策

MENU

疲れ目からの肩こりの対策を改めてご紹介!

わたしたちは、仕事や家庭も含めてパソコンやスマホ、タブレット、テレビ画面などの情報機器に囲まれて生活していますよね。
これらの情報機器は生活をする上で必要不可欠なものといっても過言では無いのですが、
しかしながら情報機器はわたしたちの生活を豊かにしてくれる一方で
目の疲れ、視力低下、肩こり、精神的な疲労といった健康被害を起こす位置になると指摘されるようになってしまったんです。

 

このVDT作業によって起こる健康被害のことをVDT症候群あるいはテクノストレス症候群と呼ぶようになったんですね。

 

つまり、わたしたち現代人の生活と非常に密接な関係があって、
最近「デジタルデトックス」と言った言葉もしきりに話題に上るようになったのは、
このような現代人のわたしたちの生活の中に深く浸透しているため、
これらの眼精疲労やストレスといったものを一旦リセットするために生まれたものがデジタルデトックスとも呼べるものです。

 

なってしまった以上、何とかして解消するしかないのですが、その解消法にもいろいろなものがあります。

  • 短期的な対処法
  • 長期的に繰り返さないための対処法

対処法のジャンルを大きく館に分けると短期的と長期的の2つに分けることができます。
この2つの対処法はどちらも必要で、短期的なものでまず今の辛さや痛みを解消することで
今目の前にある仕事が進むようにしなければいけないそのために必要な対処法。

 

そしてもう一つが、それを根本的にVDT症候群の1番の原因である女に対する紫外線刺激を和らげる方法。

 

この両方を同時に並行してやらなければ、なかなか根本的な改善と言うのはできませんね。
そこでまずこのページでご紹介するのは、短期的な対処法としてまずストレッチの方法をご紹介したいと思います。
そして長期的なものとしては、女に対する紫外線刺激を和らげることによって、
それがもっと重大な目の病気につながらないようにするための栄養摂取です。

 

ではまずストレッチの方法から見ていきましょうこのストレッチは職場で仕事中でも簡単にできるものです。

疲れ目と肩こり解消の簡単ストレッチ

まず疲れ目からくる肩こりを解消するためには、肩甲骨をしっかり動かしてあげるということがポイントになります。
そのために、次の2つの動作を行ってください。

 

肩を怒らせるようにすぼめて、両肩を持ち上げます。
顔はまっすぐ前を見て力を入れたまま5秒待つ。
5秒待ったらそれを一気に解放する。
この緊張と弛緩の2つの動きを両方行った状態で1セットとして3セット繰り返します。

 

そして、次にもう一つのストレッチがあります。
肘を曲げた状態で胸を張るように前に出しながら、
自分の両腕が鳥の手羽先のような形になるように
肩甲骨の両方を背中で近づけるように意識します。

 

肩甲骨をギリギリまで近づけることができたら、
そのままの状態で5秒待ちましょう。
そしてこれもそれが終わったら一気に弛緩させます。
このように緊張と弛緩の2つの組み合わせを1つの動きとしてそれぞれそれを3セット繰り返します。

 

この間呼吸はできるだけ腹式呼吸を心がけるようにしてください。
呼吸をリラックスさせた状態でないとこのストレッチの効果が半減してしまいます。

 

眼精疲労から肩こり|長期的な対処法

眼精疲労から肩こりになってしまう方にとってもう一つ大切な長期的な対処法を見ていきましょう。
そのためにはぜひ撮っていただきたい栄養素があるんです。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンA
  • アントシアニン
  • カシス
  • ルテイン

これらの栄養素やポリフェノールを一緒に摂ることで目に入り込んでくる波長の長いUVAの性質を持っている
パソコンやスマートフォン、タブレットなどの画面のブルーライトを遮りながら、これまでのダメージの回復も図って行くことができます。

 

このような栄養素を摂って行くことで、将来的な緑内障や白内障、加齢黄斑変性症などのリスクも防ぐことができるんですよ。

 

このような栄養素をしっかり摂ることができるおすすめのブルーベリーサプリメントがあります。