運転中の疲れ目の対策はどうされていますか?

MENU

運転中の疲れ目は目薬を使っていますか?それともマッサージ?

車を運転しているときに、とても目が疲れて目頭が重く、
しかも眉間を鈍く押されているような感覚を覚えることありませんか?

 

このような症状は本当に危ない現象です。
運転中の疲れ目は実は事故原因の約4割を占めているとも言われているんだそうです。
ほんのわずかなケアレスミスが取り返しがつかない事故につながってしまうかも知れません。

 

そもそも、車やバイク、大型車、トラック、バス、そして自転車も含めて
『運転という動作自体が極めて高度な情報処理の仕事』に分類されているということをご存じない方が多いんです。

 

例えば、運転中のトンネルの出入り口に起こる光の急激な変化に対する暗順応や明順応、
前走車との車間距離、速度差、路面の状況など
様々な情報を目から収集して運転しています。これらの情報を全てまとめてしっかりと運転の安全性に反映しないと
いつ事故が起こってもおかしくないということになってしまいますよね。

 

家のすぐ近所の生活道路や高速道路、
運転中の環境の違いは当然ありますが、
そのような環境の違いにかかわらず速度が速くなれば
その分だけ事故の規模も大きくなりますし、
高速道路では大事故、近くの生活道路ではほんの僅かな人との接触なども
命を奪いかねない事故になる可能性もあります。

 

参天製薬が撮ったあるアンケートによるとおよそ2,000人の方にアンケートをとった結果
実に68.3%の方が「運転中の疲れ目」に対して辛さを感じてコンビニで休憩をしたり、
高速道路であればパーキングエリアで休憩をしたりといった経験をしています。

 

もちろん運転は非常に神経を使う動作なので、
目が疲れていてもいなくてもそれには関係なく、
最長でも2時間に1度は休憩をした方が良いと言われています。

 

そしてそれらの一時的な休憩で首を回したり、軽くマッサージをしたり、目薬をさしたり…
いろいろな対策をされていると思いますが、
根本的にいたくなるような疲れ目を感じない方が良いと思いませんか?
そのような目の疲れを感じさせないように和らげてくれる効果に対して
最も優れているものがあるんです。

 

それがブルーベリーサプリなんです。

 

実は、市販されているブルーベリーサプリメントのほとんどは、
紫外線による疲れ目や長時間目を酷使することに対しての
疲れ目に対して効果が発揮できるような成分配合で作られています。
例えば、網膜の奥にある視神経からの情報伝達をスムーズにするアントシアニン。

 

外界から入ってくる自然光やパソコン、スマートフォン、タブレットなどの画面の光による
紫外線を遮蔽する効果が高く「天然のサングラス」と言われているルテイン。

 

また毎日の生活やそのような仕事での繰り返しの動作による
目の老化現象を食い止めてくれる効果が期待できる老化防止のための抗酸化作用が抜群のアスタキサンチン。

 

白内障や緑内障の予防効果が注目されているゼアキサンチン。

 

これらの成分が配合されているのはブルーベリーサプリなんです。
特に昼間から車の運転をされていることが多い営業職の方などは、
特にそれによって疲れ目を感じてお客さんに会いに行っているにもかかわらず
目が疲れて休憩をたびたびとらなければどうしようもない…といったような
いつまでたっても仕事の効率が上がらない。でも安全のためには仕方がない…
といったような悩みを抱えていらっしゃる方も多いんです。
また長距離運転手の方がここ数年間で事故が頻発している高速バスの運転をされている方など、
とにかく目の疲れや渇き、痛みと行った者による瞬間の判断ミスが取り返しのつかない事故を招いてしまう可能性もあります。

 

そのようなことにならないように
その場かぎりの対策である目薬やちょっとだけ首を回したり、マッサージをしたりといったような手軽な対策も効果はありますが、
それだけではなく、長期スパンで見た抜本的な疲れ目や視力低下の対策を行ってみる価値があると思います。

 

毎日の食生活だけでは完全に補うことができない栄養素をとることができて、
運転中の疲れ目や目の痛み、渇きといった悩みの症状を改善できれば、車の運転がより安全に疲れを感じないものになるはずですよ。