VDT症候群という現代病をご存じですか?

MENU

VDT症候群ってなに?解消法と再発防止のコツ

私たちの脳に入る情報の約90%は根からの視覚情報と言われています。
さらに、IT化が進んだことで仕事中にパソコンやスマートフォンと向き合う時間が増えて目にかかる負担は増す一方です。
こんな事は言われなくてもわかっているという方も多いと思いますが、
普段の生活の中でこのための対策がどれだけ取れているのかを考えるきっかけになるお話をしたいと思います。

VDT症候群という現代病をご存じですか?

仕事をしてて、とても目が疲れたり、もしくは目の奥が痛くなったり、表面がごろごろするような
違和感を感じたりすることってありませんか?その症状はもしかしたらVDT症候群という病気かもしれません。
というのも、VDT症候群というのはビジュアル(Visuale)ディスプレイ(Display)ターミナル(Tarminale)の略で
パソコンやスマートフォンの画面などを表す総称です。
これを使用する作業の増加に伴って、目の疲れや肩こり、イライラ、眠れないなどの健康被害が急増しているんです。

 

このページではそのVDT症候群の悩みを改善するための食事や疲れを改善するための方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

厚生労働省の調査によるとVDT作業を行う人の約7割が疲れ目や肩こりなど、
痛みを伴う疲労を訴えています。
疲れ目と眼精疲労この2つの言葉が同じような意味合いのイメージがありますが、
この両者の状態は大きく異なります。

 

目がしょぼしょぼする…ピントが合わない…充血するというような症状を疲れ目といいます。
疲れ目の多くは1日や2日間十分な睡眠や休息が取れれば改善しますが、
疲れが蓄積されると休息をとってもなかなか回復せず治療が必要な眼精疲労えと進行してしまうんです。

 

とはいっても労働環境や作業時間はなかなか代えられないですよね。
やはりそうなった以上は普段の食生活や生活習慣の中で
これらの疲れや痛みを伴う症状を軽減する方法を考えるしかありません。
大まかに分けるとその対策の方法は3つです。

  • マッサージで目の血行を促進
  • 疲労に効く食べ物で活性酸素を退治
  • 疲れ目にお勧めの栄養素を取る

マッサージで目の血行を促進してあげる方法は決して難しいものではありません。
仕事中にも、30秒も時間があればできます。
その方法は簡単なのですが、憧嶺(どうりょう)と呼ばれる鼻筋の目の内側のあたりをゆっくり揉んであげることです。
よく目頭を押さえて目が疲れたというような仕草をしてる人いますよね。
あれと同じような形なのですが、実際にはあれよりももう少し鼻筋の内側をマッサージしてあげます。
この時に目頭を強く抑えてしまうとかえって疲れを増幅させてしまうので、目頭を直接抑えるのは避けた方が良いです。

 

そしてもう一つの注意点としては体をきれいに洗って触るということです。
これは目頭には目を動かすための筋肉に近い組織が集結している場所であり、
そこに雑菌が入り込んでしまうと、ものもらいや充血の原因になるからです。

 

そして食生活の改善によって緑黄色野菜をしっかりとってあげることで、
緑黄色野菜の中に含まれる

  • βカロテン
  • ルテイン
  • アントシアニン
  • アスタキサンチン
  • ゼアキサンチン

などの栄養素をしっかりとってあげる事ができるんです。
例えばニンジンにはβカロテンが含まれていますしルテインも取ることができます。
また、ピーマンにもルテインが含まれており、ナスや黒豆にはアントシアニンが豊富に含まれていて、こちらもVDT症候群による
疲れ目を改善する機能があると言われていて、効果が期待できます。
これらの栄養素をしっかりとってあげることとなおかつ、できるだけ目を使う必要のない時間帯は可能な限り休ませてあげるということが必要です。
例えば仕事の休憩時間中にすまほーアプリで遊んだり、夜遅くまでスマホをベットに持ち込んでSNSを長時間見るといったような事はできるだけ避けた方が良いでしょう。
そうすることによってVDT症候群を症状を軽減することができます。

 

その上で疲れ目の改善に効果的なポリフェノール類の栄養素を摂る食生活や
場合によってはサプリメントを利用することでも効果的です。

 

例えば、ルテインにはVDT症候群の1番の原因になるブルーライトを遮蔽する効果がありますし、
ゼアキサンチンとルテインの組み合わせでは、白内障や緑内障の予防効果があることが分かっています。
白内障や緑内障というのは視力を失うことにも直結しかねない重大な病気です。
このような症状をできるだけ素早く改善するために出来る限りのことをしたいものですね。

疲れ目や眼精疲労の軽減に効果的な成分の配合量やバランスなど効果から見たブルーベリーサプリメントをランキング形式でご紹介しています。