ゼアキサンチンの効果と摂り方

MENU

ゼアキサンチンの効果と上手な摂り方

ゼアキサンチンという成分をご存知でしょうか。

 

難しい言葉に聞こえますが、老眼や目の疾患の予防などに効果があるといわれている成分で、
ルテインの仲間といわれています。

 

ルテインという成分は野菜などに多く含まれているフラボノイドの一種といわれています。
つまりゼアキサンチンというのも、ルテインと同じようにフラボノイドの一種で、より詳しく言えば、色素成分カロテノイドの一つといわれています。

 

ゼアキサンチンの効果

どんな効果があるのかを見ていくと、目の奥の網膜の中にある黄斑部という場所にルテインとゼアキサンチンは存在しています。

 

黄斑部という部分は、目の中にある光を認識する神経細胞で作られている網膜、その中心部分を黄斑部といいます。

 

ここにルテインやゼアキサンチンなどの成分は蓄えられていて、抗酸化作用がとても高い特徴を持つため、ブルーライトのカット、活性酸素による
目の老化からも守る働きをしてくれるんです。

 

この働きで、加齢黄班変性症などの中途失明の原因になる恐ろしい病気からも目を守ってくれるんですね。

ルテインとゼアキサンチンの違い

ルテインとゼアキサンチンとの違いでいえば、両方とも緑黄色野菜に多く含まれる成分なのですが、
ルテインはホウレンソウやケール、ピーマンなどの緑色の濃い野菜に多く含まれて、ゼアキサンチンは緑黄色野菜の中でも
コーンやパパイヤ、パプリカなどの黄色い野菜や果物などに含まれる傾向があります。

 

またルテインもゼアキサンチンも、脂溶性色素成分なので油いためなど油と一緒に加工したり調理することで
吸収効率が一気に上がるといわれています。