眼に良い食事と栄養素

眼に良い食事と栄養素

眼に良い栄養素が摂れる食事ってどんなの?

眼に良い食事は、どんな栄養素が摂れる食事なんでしょうか。
アントシアニンはブルーベリーサプリで充分に摂れますが、普段の食生活も眼精疲労の改善や視力悪化予防のためには大切なはずです。

 

このページでは、眼に良い食事と栄養素について少し考えてみましょう。

 

眼に良い食事の条件は眼球の健康維持のために必要な栄養素が偏りなく摂れる食事である必要があります。

 

ひと口に目に良い栄養素がバランスよく摂れると言っても
必要な栄養素を把握しておかなければ、どんな食事にするか正しい判断をする事は出来ません。

 

まずは、眼の粘膜回復と再生に優れた栄養素を見て行きましょう。
目に良いビタミン4種と摂り方
ビタミンAは、粘膜保護と同時に網膜にとって大切な栄養素で夜盲症を防ぐ栄養素です。
そのビタミンAが一番効率的に摂れる食材は鶏レバーが良いでしょう。
一日に平均して必要とされるビタミンAが鶏レバーおよそ50g弱で摂れます。

 

次に必要なビタミンB1ですが、これは皆さんご存じのように豚肉が一番たくさん摂れます。
特に豚のヒレ肉は、約100g弱で必要にして充分な量のビタミンB1が摂れます。

 

次に大切な栄養素がビタミンEです。
こちらはご存じの方も多いかも知れませんが
抗酸化物質として働いてくれるので、眼の老化防止に役立ちます。

 

アーモンドはとてもビタミンEが豊富に摂れるので、積極的に食べたいですね。
ただし脂溶性の栄養素なので、出来れば植物性油を使って調理したものを用意できれば万全です。

 

さらにビタミン類ではビタミンEの抗酸化作用を助ける働きがあるビタミンCの存在も重要です。
ビタミンEは活性酸素を取り除く事で自分自身がビタミンEフリーラジカルとして酸化してしまいますが
ビタミンCはそれを再生してくれる働きがあります。

 

ビタミンEはゴマから効果的に摂取することができます。
ただし、ゴマは周りが硬い殻に覆われているので、すりごまにしてから食べるようにすると良いでしょう。

 

また、ビタミンCはピーマンがもっともたくさん摂れるのですが、
調理をする場合は切って水洗いなどをするとビタミンCが流れ出てしまいますので
ピーマンは切らずに水洗いして、切るのはその後にしましょう。

 

そして、調理ほうは味付けの汁やスープも一緒に食べられるような食べ方をしましょう。

 

これらの栄養素が簡単に摂れるサプリメントもありますので、料理は苦手という独り暮らしの男性や面倒くさくて・・・という方は
サプリメントを利用すると良いでしょう。