アントシアニンの働きと効率よく摂れるサプリ

アントシアニンの働きと効率よく摂れるサプリ

アントシアニンの働きと効果的なサプリ

ブルーベリーサプリメントで良く耳にする成分にアントシアニンがあります。
ポリフェノールの一つで抗酸化物質であることは分かりますが、具体的な働きについてまではなかなか語られることがありません。

 

そこで、ブルーベリーサプリに含まれるアントシアニンについて改めて具体的な働きを紹介します。
視力低下予防や老化防止効果を利用するためにも、知っておきたいポイントです。

 

また、このページでは最後のほうでアントシアニンが効率よく摂取できるブルーベリーサプリメントもご紹介しています。

 

アントシアニンって目の何にどう働くの?

アントシアニンの具体的な働きについては、ちょっと説明に時間が掛かってしまうかも知れませんが、少しの間我慢してください。

 

まずアントシアニンというのはブルーベリーや北欧産の野生種ビルベリーなどの果皮と果肉の間にたくさん含まれています。

 

ポリフェノールの1種なのは先ほども紹介しましたが、現在発見されているものだけでも、およそ5,000種類にも上ると言われるポリフェノール類のうちの一つにしか過ぎません。

 

ですがアントシアニンには紫外線やテレビ画面、またはスマホやPCなどから
常に発せられているブルーライトに対して視神経を保護してくれる働きを持っている抗酸化物質です。

 

他のルテインやアスタキサンチンなどアントシアニンよりも抗酸化力が強いものや
活性酸素と戦って傷ついたビタミンEを元に戻す還元力に優れたものもあります。

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが、ポリフェノール類はそれぞれの別な特徴を持っているという事です。

 

そしてアントシアニンはブルーライトや紫外線に強いだけではなく、
視神経を通じて脳に見えるという認識を伝える伝達物質のロドプシンの再合成を助ける唯一の存在なのです。

 

なのでアントシアニンの働きを理解することはブルーベリーサプリ選びにおいて大切な要素になります。

眼病予防する働き

眼病と一言で言っても、白内障や緑内障加齢黄斑変性症や飛蚊症など種類は様々あります。

 

アントシアニンは、そういった目の病気に対する予防効果を幅広く行ってくれる働きがあることでも有名です。
これにもアントシアニンに含まれる抗酸化作用が関係しているといわれています。

 

また、高血圧に悩まされている方は、血圧を適正値に近づける働きが期待できるといわれています。

生活習慣病を予防する働き

生活習慣病の中でも、特にメタボリックシンドロームに対する働きがあると言われています。

 

というのも、アントシアニンには、内臓脂肪、血液中の脂肪の蓄積を抑える働き、
血糖値の上昇を抑える働きがあることがわかっています。

 

ダイエットをされる方にとってもメリットですが、
本格的に生活習慣猫を予防されたい方にとってもかなり嬉しい働きでは無いでしょうか?

 

花粉症を予防する働き

現在の日本では、毎年毎年花粉症になる方が増加しています。
今では3人に1人の方が花粉症になっているとも言われていますね。

 

そこでも活躍してくれるのがアントシアニンです。

 

紫の色素は、古代米やブルーベリー、アヤムラサキと呼ばれるサツマイモの一種に含まれています。
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、視神経の働きを支える色素であるロドプシンの再合成を促進することで視力を向上させます。
また、活性酸素の生成を抑制し、血液をきれいにする効果もあります。
農林水産省の実験では、肝臓に障害のあるラットにアントシアニンを含むアヤムラサキジュースを与えたところ、血中の有害物質の量が3分の1に減少しました。これは、アントシアニンが肝機能を改善することを示しています。
最近の研究では、アントシアニンが血圧を上昇させる酵素の働きを抑制することが明らかになっており、血圧抑制効果が期待できます。

 

花粉症の仕組みにはヒスタミンという物質が大きく関わっているのですが、
アントシアニンにはこのヒスタミンを減少させる働きがあり、花粉症への予防効果の働きが期待されているんですよ。

 

スポーツをする方にもオススメ

ある研究所の研究結果によると、アントシアニンを多く摂取した方は、
そうでない方に比べてスポーツをする際に動体視力が高いまま維持することができた。という結果も出ているんです。

 

つまり、野球やソフトボール、テニス、サッカーなど主に球技をされている方にとっても、
アントシアニンは強い味方となる成分と言えるでしょう。

 

アントシアニンにはビタミンPに似た働きがあることがわかっています。ビタミンPはビタミンのような働きをする物質で、フラボノイドとも呼ばれています。
体内の組織に栄養や酸素を供給する毛細血管は、適切な透過性を保つ必要があります。ビタミンP(フラボノイド)は、毛細血管の透過性が高くなりすぎないようにする働きがあることが知られています。

 

また、ビタミンP(フラボノイド)には血小板の凝固を抑制して血液をサラサラにする作用もあるので、アントシアニン(ブルーベリー)には血管を保護・強化して循環機能を向上させる効果も期待できます。

 

アントシアニンの摂取方法

アントシアニンは主にぶどうやブルーベリー、マキベリー、赤ワインなどに含まれていると言われていますね。
ですが、普段の日常生活の中で、そういったアントシアニンがたくさん含まれている食品をたくさん口にすることはあまりないのではないかと思います。

 

ですが、ここまで見てきたようにこれだけの健康メリットがあるとなれば、より簡単に効率よく摂取していきたいですよね。

 

そこで、最も簡単で効率の良い摂取方法とされているのがサプリメントです。
サプリメントは、ご存知の通りを水で流し込むだけですので、どんな摂取方法よりも簡単です。

 

そうであるにもかかわらず、ものによってはブルーベリーの何倍ものアントシアニンの配合量があったりとアントシアニンの摂取の効率の良さもピカイチです。

 

こちらのサイトでは、トップページにてアントシアニンがたくさん含まれている人気のサプリメントをいくつかご紹介しています。
もしあなたがアントシアニンを積極的に摂取していきたい!という方は
アントシアニンが超微粒子化されている人気のスーパーブルーベリーアイを試してみてはいかがでしょうか。

 

おそらくテレビCMでご覧になった事がある方もいらっしゃると思いますが、
北欧産のビルベリーエキスをさらに微粒子に加工した『ナノビルベリーエキス』で吸収効率が2倍にアップしています。

 

詳しくはスーパーブルーベリーアイの特集ページをご覧くださいね♪