遠くを見ると視力が回復するってホント?

MENU

視力回復で『遠くを見る』と効果があるの?

メガネやコンタクトレンズを使わずに視力回復をする方法というのはいくつかあります。

 

その中でも昔からよく言われているのが『遠くを見ると視力が回復する』というものです。

 

しかしながら、遠くを見るだけでは視力回復の効果は得られないと思います。

 

というのも、遠くを見ることの効果というのは手元のパソコンやスマホ画面など近くを見続けていることで
目のピント調節機能が十分に働かなくなってしまうことを予防するためだけの効果しかないからです。

 

それよりも、『視力回復が期待できるトレーニングやその効果を助ける栄養補給』が大切です。

 

そこでこのページでは、まず視力回復のトレーニング方法で簡単なものと、その効果を上げる栄養素をご紹介します。

 

また、その栄養素を効果的に摂取できるサプリメントも併せてご紹介して行きます。

 

健康的な視力回復につながる眼球の運動

まずは、簡単で今日からでも自宅でできる視力回復トレーニングをご紹介します。

  1. 目を強くつぶり10秒上を見ます。
  2. 目を強くつぶり下・右・左と10秒繰り返します。
  3. そして∞の字を3回指で描きそれを目で追います(この時、頭は動かしてはいけません)。
  4. 最後に指を奥から手前へ3回動かして目を追います。

1日3回程度で良いので、この運動をすると視力低下の原因である目のピント調節機能を鍛える事が出来ます。

 

この方法は、視力回復にとても有効な方法で、眼球のゆがみを招く原因になる眼綸筋をほぐす効果が期待できますよ。

 

結果として近視予防と視力回復に貢献できる健康的な方法と言えます。

 

視力回復トレーニングの効果をあげる栄養補給

それと、もうひとつ忘れてはいけない事が、目に良い栄養素を補給する事です。

 

これは、目が常に外からの光(紫外線など)の刺激を受けている事を考えるまでもなく、
栄養素を吸収して代謝を行いながら身体を維持する内臓の一部である事からも明らかです。

 

もちろん、視力が悪化してから栄養補給に一生懸命になっても、
それだけで視力が回復するわけではありませんが、
回復トレーニングとそれを支える存在として目に良い栄養素を補給する事は大切な事なんですね。

 

視力回復を助ける栄養補給に便利なサプリ

視力回復トレーニングの効果を助けるには栄養補給が大切とご紹介しました。

 

視力回復のためには、具体的に次のような栄養素が大切と言われています。

  • ブルーライトカット効果があるルテイン
  • 疲れ目を予防するアントシアニン
  • ドライアイを予防し老化防止もするDHA
  • 目の周りの粘膜保護の働きがあるビタミンA(βカロテン)
  • 抗酸化作用を持つビタミンCとビタミンE

こういった栄養素をまんべんなくバランス良く摂取することが視力回復のためには大切なんですね。

 

これrの栄養素をしっかりバランス良く配合されているサプリメントがあるんです。

 

そのおすすめのサプリメントは『ビルベリープレミアムα』です。

 

<ビルベリープレミアムの詳細ページはこちら>

 

ビルベリープレミアムは、2016年4月に成分配合バランスや配合量を見直して、
先ほどご紹介した栄養素をしっかり摂ることができるサプリメントにリニューアルされました。

 

その効果や安全性、成分配合量などが評価されて『栄養機能食品の認定』を受けています。

 

再発予防のために視力低下の原因を知ろう!

確かに我々の日常生活ではテレビを見たりパソコンを見たりと、近くを見る機会が圧倒的に多いのです。
この環境的な問題が、目が悪くなる原因のひとつと考えられています。

 

近くをずっと見続けることで、ピントを調節する毛様体筋という筋肉の動きは
固まりがちになってしまいますし、その毛様体筋によって厚みが調節される事で近くのものも遠くのものも見えるようにピントが合うわけです。

 

例えば、アフリカの大自然の中で暮らしている人は、視力が日本人と比べようがないぐらいに良く、視力5~8という人もたくさんいるそうです。

 

アフリカの大地で生活する人は、スマホやパソコンなどとは無縁な生活をしていますし、視力悪化につながる近業作業をする機会がほとんど無いからです。

 

近くを見続けることで、水晶体の厚みが増したままの時間を多く過ごすことによって目にとっても負担がかかった状態が長く続くことになってしまいます。

 

それに比べ遠くを見るという事は、目はピントを合わせる必要がなくリラックス状態を創ることが出来ます。

 

なので遠くを見るときは、なるべく遠くの一点を見る習慣を持つと良いと言われています。

 

遠くを見る習慣を身につけると、目の健康にとって良い事はあっても悪い事はひとつもありません。

 

目を疲れさせないことも視力低下を予防するために重要

視力回復を目指すと言う事は、今後視力の低下を防ぐことも必要となってきます。
視力の低下を防ぐためにできる事はいくつかありますが、主にデスクワークが多い方に心がけて欲しいのが目の疲れを予防することです。
細かい仕組み等は一旦置いておきますが、視力の低下と目の疲れと言うのは密接な関係にあると言われています。

 

つまり、著しく目が疲れすぎてしまうとそれが原因で目の見え方が悪くなってしまうことがあるということです。
せっかく視力を回復させても普段の仕事が原因で再び目の見え方が悪くなってしまっては本末転倒ですよね。
なので目が疲れないように日常的に工夫していくことも忘れずに。

 

ポイントとしては眼精疲労の予防や改善に効果的なルテインやアスタキサンチン等の
栄養をサプリもしくは普段の食事から補給することや、
可能であれば休憩時間などにホットアイマスクで目の周辺の筋肉や血流を和らげたり流れを良くしたりしてあげることです。
そして仕事以外のタイミングではできるだけスマートフォンやパソコンなどの液晶画面を見続けないような時間を作ることも重要です。
目の見え方を改善するのであれば、こういった根本的な部分に
アプローチすることも重要ですので、心当たりがある項目があるのであれば、ぜひ対策を取ってみてはいかがでしょうか