ルテイン 副作用

ルテインの副作用

ルテインの副作用は大丈夫?薬との飲み合わせは?

アドバイザーのイメージイラスト

ルテインはブルーベリーサプリメントの中では飛蚊症や緑内障への効果もあり、非常に注目度の高い成分です。
また、紫外線やパソコン、テレビ、スマホ、タブレットなどから
発せられるブルーライトの悪影響から目を守ってくれるのもルテインです。

 

そんなルテインに副作用の心配はないのでしょうか?
ルテインに限らず、どんなに効果が期待できる成分でも、
過剰摂取になってしまっては諸刃の剣になってしまう栄養素もたくさんあります。
ルテインのその辺りの心配について調べてみました。
今現在目の見え方のトラブルにお悩みで、ルテインを利用した改善を
検討されている方に為になる内容になっています♪

 

ルテインの副作用の有無

ルテインは元々はかぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜に
含まれている成分なのですが、そういったいわゆる天然ルテインには、副作用の報告はありません。

 

ところが、ルテインは科学的にも合成する事ができる成分との事で
化学合成ルテインは、喫煙との並行摂取が行われると発がん性などの報告がされたケースもあるそうです。
ルテイン自体は元々わたし達人間の体の中にある成分で網膜付近に存在しているものです。

 

ただし、人間の体内で生成される成分ではなく、食事から摂取するのがいちばん良い方法なんですね。
サプリメントで摂る場合にも、原材料に天然素材が使われているのかを
確認してから摂取するのが、確実に安心できる方法といえますね。

 

副作用の危険性があるのは化学合成のルテイン

先ほど化学合成されたルテインの副作用の危険性があるというお話をしましたが、
ルテインにはフリー体とエステル体という二つの状態があるとのこと。
市販されているブルーベリーサプリメントでは、花のマリーゴールドや
緑黄色野菜から抽出されている脂肪酸と結びついた状態のエステル体のルテインとして配合されています。
一方のフリー体ルテインはなにとも結びついていないもので
色素として顔料などに使われる事が多くサプリメントで摂っている限り副作用の心配はないと言えます.。

 

ルテインと薬の飲み合わせによる副作用

ここまで見てきた中で、ルテインそのものは非常に安全性が高い成分であり、
基本的に副作用等の概念がないことがわかりました。
ただ、今現在体の健康管理のために何かお薬を飲まれている方にとっては、
副作用がなかったとしても薬との飲み合わせについてはどうなのか?といった点が気になるかと思います。

 

結論から言うと薬との飲み合わせによる副作用も報告されていないとのことです。
これは実験によっても飲み合わせによる副作用などの影響が全くないことが実証されています。
なのでこれまでの流れと同様でお薬との飲み合わせに関しても副作用の心配をする必要はなさそうです。

 

ルテインの過剰摂取による副作用は?

このページの冒頭でも軽くお伝えしましたが、ルテインの副作用を
考える上で過剰摂取による副作用はどうなのか?といった部分も気になるポイントです。
結論から言うとルテインの過剰摂取による副作用も特に報告はされていないそうです。

 

なお、以下のページではこれに関する内容の詳細とルテインの
1日あたりの摂取量の目安、また、安全にルテインを摂取することができるおすすめのサプリメントの紹介もされています。

 

このページでは、ルテインの目に対する効果や普段の食生活の中での摂り方。また目の病気予防や改善のためのルテインサプリを特集しています。

ルテインについてもう少し深く知識を深めたい。
もしくはルテインの歌い的な摂取方法が決まっていない方は、
このページを参考にしてみると良いかもしれません♪

 

ルテインは普段の食事でも摂取することができる

ルテインはブロッコリーなどの野菜から摂取することもできるのですが、サプリメントから摂取することを強くお勧めします。
なぜならばサプリメントであれば普段の食事では、摂取できないほどのたくさんの量の栄養を補給することができるからです。
また、普段の食事で充分なルテインの摂取量を補おうとするとそれはそれでプラスで食費がかかってしまうことがほとんどです。

 

そのプラスでかかってしまう食費をサプリメントの費用に当ててしまえば金銭的にはあまり大きな違いがありません。
なのにも関わらず豊富なルテインやその他の重要な栄養も同時に補給できますので、結局のところはサプリメントを始めるのが無難です。

 

その際は用法容量や含まれている成分などをしっかりと確認した上で安全に飲んでいきましょうね。