ベータカロテンのアンチエイジング効果

MENU

ベータカロテンのアンチエイジング効果はどんなもの?

ベータカロテンのアンチエイジング効果

ベータカロテンというとニンジンから摂取するというイメージが強くありませんか。
ベータカロテンは、アンチエイジングの効果が有名で、美容のために積極的に摂るように意識している方も多いのではないでしょうか。

 

ベータカロテンのアンチエイジング効果と言っても、いくつかの要素に分ける事が出来ます。

ベータカロテンのアンチエイジング効果

  • 粘膜保護効果
  • 夜盲症の改善効果
  • 細胞の再生効果
  • 角質細胞の生成促進効果
  • がん予防・抑制効果

これらの効果を持っているベータカロテンは、体内に吸収されると肝臓の働きでビタミンAに変換されます。

 

そうなる事で粘膜保護や角質細胞の生成促進などの効果が出始めて、
視力や肌、筋肉、骨、免疫力などが年齢によって衰えていくことを
防いでくれる効果があらわれるのですが、ならば初めからビタミンAを摂ってれば良いんじゃないの?と思いますよね。

 

ところが、ビタミンAは過剰摂取になってしまった場合は、
カルシウムとの相性が良くないので、骨折を引き起こしやすくなってしまう事もあるんです。
特に妊娠中や産後の授乳中の女性の場合は、
胎児と母乳に与えるためのミネラルとしてカルシウムや鉄分が欠乏症になりやすく、
しっかり摂らなければならないのがカルシウムや鉄分なんです。

 

そういったミネラルと相性が良くないのがビタミンA(レチノール)なんです。
また、レチノールは妊婦さんが一日の許容量である5000IUを超えて摂ることを
何日も連続して続けると胎児に奇形が発生する危険性が高まると言われています。

 

なので、妊娠中の妊婦さんは特にビタミンA(レチノール)の過剰摂取は注意しなければいけませんね。
具体的には口蓋裂(こうがいれつ=口の形が異常になる障害)という障害が起こりやすくなると言われています。

 

しかし、ビタミンA前駆体であるベータカロテンとして摂取した場合は、
必要分だけビタミンAに変換され、それ以外のベータカロテンのまま残ったものは抗酸化作用を発揮してくれるんです。

 

ベータカロテンがたくさん含まれている食材は?

ベータカロテンがたくさん含まれている身近な食べ物は、ジャンルで言うと緑黄色野菜や柑橘類の果物などです。
緑黄色野菜で言うと

  • にんじん
  • モロヘイヤ
  • ほうれん草
  • 春菊
  • 小松菜
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー

が該当します。
なお、個人的に1番オススメなのは、スーパーで安く手に入るにんじんを何かの炒め物に加えるという方法です。
人参は、いろんなメニューで使えると思いますので、個人的には1番身近にベータカロテン摂取しやすい食材だと思っています。
ところが、ベータカロテンとして摂取するには食べ物からだけでは、不足してしまう場合がほとんどなんです。
このサイトで紹介させて頂いているブルーベリーサプリメントは、もちろんベータカロテンが含まれているものがあります。

 

ブルーベリーサプリメントがアンチエイジングに効果的な理由は、ベータカロテンの働きによる部分も多いんです。

 

もしもβカロテンが不足してしまうとどうなるの?

βカロテン不足時の体の症状については、基本的にはビタミンAが不足する時と似たような感じです。
有名どころで言うと、暗いところで視力が著しく低下してしまう症状になりやすいと言われています。
ビタミンAと言う栄養素は皮膚や目の角膜の健康を保つ働きを持っています。
そのためこれが不足してしまうと皮膚や目に対してダメージが発生する恐れが高くなります。
皮膚に出る時については肌荒れとか肌の乾燥などとして現れるのですが
目に出てしまう時は角膜の神経系異常と言う形で起こってしまうと言われています。

 

ちなみに、ビタミンAが完全に不足すると視力を失う事態にもなりかねないと言われています。
最も深刻な影響が出てしまうのが目なのですがビタミンAは抗酸化作用を持つビタミンですので、
これが不足してしまえば効率よく活性酸素を体の中から取り除くことすらできなくなってしまいます。
その結果目の見え方に深刻な症状が現れるだけでなく体全体の免疫力などの低下にもつながってしまうのです。
ですが、βカロテンを積極的に摂取することによりこういった症状を予防することにつながるのです。

 

そう考えるとビタミンAを補給していくことも重要ですがβカロテンをコンスタントに摂取していくことの重要性が伺えますよね。