運転中の疲れ目対策おすすめはどんな方法?

運転中の疲れ目対策おすすめはどんな方法?

運転中の疲れ目は目薬を使っていますか?それともマッサージ?

長時間車運転していて目が非常に疲れてしまうことよくありますよね。
運転中の目の疲れというのは、いっぽ間違うと大きな事故につながってしまいます。
軽い接触事故など、お金で解決できることならばまだ救いはあるといえますが、人に大怪我をさせてしまったり、
自分自身が大怪我をしたり・・・こういったことが起こってしまうと本当に自分自身の人生を左右してしまうことになります。
そこでこのページでは、運転中の疲れ目対策普段の食生活や簡単なマッサージなどすぐにできる簡単な方法をいくつかまとめてご紹介したいと思います。
また、運転中の目の動きで疲れがひどくなってしまう理由なども合わせて一緒に見ていきたいと思います。

運転中の疲れ目対策、毎日できる簡単な3つ

運転中の疲れ目対策は、大きく分けると毎日の生活の中でできる3つの事柄があります。

  • 食生活
  • マッサージ
  • 運転に適した目の使い方と休ませ方

このような3つの事柄に分けることができます。それではこの3つのできることついて簡単に見ていきましょう。
食生活で目の栄養補給
疲れ目になってしまう原因としては、運転による目の使い過ぎと言うことのほかにドライアイや目の動きをスムーズにする筋肉の緊張状態、目のピント調節をスムーズにできないといったことなどが挙げられます。
運転中は緊張状態にあるため自分で思っているよりも意外なことに「まばたきの回数が少ない」ということが気づいていましたか。
まばたきの回数が少ないと言う事は、その分ドライアイなってしまいやすいということです。
明らかに眼球の表面が傷ついて痛みを感じるような明確な症状がなかったとしても運転中はドライアイに気をつけるべきです。
そのためには、涙の水分蒸発を防ぐ無尽蔵の主成分である魚油成分のDHAやEPAを豊富に含んだ青魚がお勧めです。
実際に極度のドライアイ悩んでいる方が眼科の診断を受けた場合、ディーエッチエーやEPAを含んだ目薬が処方されるんですよ。
また、視神経を通じて自分の脳に素早く情報伝達できるようにするためのアントシアニンやルテインといった成分も大切です。
アントシアニンは、ブルーベリーが有名ですが、その他にも黒豆や夏野菜の茄子、沖縄産の紅妹にも大変多く含まれています。
またルテインは、ほうれん草や小松菜などの緑の葉っぱを持った野菜にオフに含まれています。このようにディーエッチエーやEPA、アントシアニン、ルテイン、さらにビタミンB1やvitamin Aといった栄養をバランスよく普段の食生活でとることが大切なんですね。
もし、野菜や青魚、アントシアニンを豊富に含んだフルーツ等をバランスよく食べることが難しい場合にはサプリメントを有効活用することもお勧めです。

疲れ目に効くマッサージ

車の運転以外にも毎日の私たちの生活の中でスマホやパソコン、テレビ画面といったものは「見ない日はない」と言う位生活に密着していますよね。
そういったものをたくさん見ることによっても疲れ目になってしまいます。
目頭や目尻に存在している疲れ目に効くツボをマッサージしてあげることでも、普段の生活の中で溜まっていく疲れによる目のダメージを緩和することができます。わずか数分間ホットタオルや冷やしたタオルを使って目の周りにあるツボをマッサージして普段から目の疲れがダメージとして蓄積されないようにしていきましょう。

目の使い方や休ませ方

目の使い方や休ませ方は、運転中に溜まっていってしまう疲れを目のダメージに直結させないためにも大切になってきます。
車の運転は、遠くを見て「早め早めのタイミングで危険や異変などの情報を収集する」ことが大切です。
危険や異変が自分自身が運転する車に近づいて急激に起こってしまえば、その分反応も遅れてしまいますし、急ハンドルや急ブレーキなどの急激な操作につながってしまいます。

 

また、できるだけ遠くを見ることによって目の疲れを防ぐ効果も期待できます。
そして、目の休ませ方なのですが、これも運転中の危険や異変の情報収集を早め早めのタイミングで行うように心がけていると、
長時間の運転になった場合でも1時間半から2時間程度の適切なタイミングで「休憩を挟むことで充分に解消できる」ということが言えるでしょう。

 

また、休憩中に目を休める方法としては蒸しタオルを使って温めてあげることがお勧めです。
先ほども運転中の緊張状態から来るまばたきの回数の少なさによるドライアイを指摘しましたが、蒸しタオルを使うことで「目の周りの潤いを保持する」ことができます。

 

温めたタオルが良いもうひとつの理由は、緊張状態によって交感神経が働いて張り詰めた神経は温めてあげたほうが血流が改善することによって疲れが緩和されることと、目の周りの筋肉を休ませることの両方が可能だからです。
冷たく冷やしたタオルではダメなの?と言う方もおられるかと思いますが、実は運転中の緊張状態によって張り詰めた神経をリフレッシュさせることができるのですが、冷やしたタオルでは眼球を動かす筋肉をリラックスさせることはできないんです。

 

パソコンを使った仕事のように画面を見つめるような「比較的小さな目の動きによってたまる疲れには冷やした達も効果的」なのですが、
運転中は、前だけではなく様々なところを見張るように目を動かします。

  • 前を走っている車の不意の車線変更や横から飛び出してくる人や子供はいないのか、
  • 自分が左折するときに原付バイクなどを巻き込んでしまわないか
  • 信号の変わるタイミングで急ブレーキになったりしないように・・・

など、とにかく周囲に広く気を使う必要があります。
そういった気の使い方や目の使い方は、スマホやパソコンを使う時とは違うため目の筋肉の動きも違います。
そのため視神経を休ませることも大切ですが、目の周りの筋肉も休ませることが大切なんですね。