飛蚊症とブルーベリーサプリ

MENU

飛蚊症とブルーベリーサプリの関係

飛蚊症 ブルーベリーサプリ

このページをご覧になられていらっしゃる方は飛蚊症で悩んでおられる方か、もしくはご家族の方でしょうか。

 

飛蚊症は、視界の中に糸クズのようなちらちらしている邪魔なものが
浮かんでいる状態で、毎日とてもストレスを抱えておられるのではないでしょうか。
このサイトを訪れて下さる前に、いろいろなサイトで
飛蚊症の原因や治療法、改善するための方法など調べて来られたと思います。

 

飛蚊症は、今すぐ失明に至るような病気ではありませんが、
放置すると網膜裂孔や網膜剥離など失明に至る病気に発展する可能性もあります。
それだけに、イライラで済んでいる今のうちに適切な栄養摂取と血行改善で、
飛蚊症が自然に治っていく眼球周りの環境を整えてあげましょう。

 

このページでは飛蚊症とブルーベリーサプリの関係と改善についてご紹介しますので、最後まで読んでみて下さい。

 

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は、眼球の中で大部分を占める、眼球内のゼリー状の物体である硝子体(“しょうしたい”別名をガラス体とも言います)が光を受けて酸化劣化してしまう事が原因です。
また、硝子体が酸化することで眼球の奥の網膜との密着度が低下して孔やすき間が生じる網膜裂孔や網膜剥離などの目の病気に進行する危険性もあります。
そうなってしまうと最悪では失明の危険性も出てきてしまいます。

 

眼球の中で光を受けて、視神経を通して脳に光が伝えられる事によって“目が見えるという認識”をする事になるのですが、そのかなめになるのが網膜です。
硝子体は目の表面の角膜や水晶体と網膜をつなぐ非常に大切なものなんです。
それが紫外線刺激によって生じる活性酸素で劣化することが飛蚊症の症状を起こす原因になってしまうんですね。

 

とはいえ、目で光や情報を捉えることで生活をしているのがわたし達人間ですから、紫外線を全く受けないようにするのは難しいと言わざるを得ません。
このように通常生活で受けざるを得ない紫外線刺激と目を労わることのバランスを取ることが飛蚊症予防になるということなんですね。

ケガや衝撃でも飛蚊症になる?

外部からの衝撃やケガも飛蚊症のようなゴミや毛クズが視界の中に浮かんで見える症状の原因になりますが、こちらは外科手術によって治療することができます。
しかしながら、どちらにしても決定的に視力が悪化する前にできる限り早めに眼科医ではっきりとした診断を受けて治療の道筋を立てることが大切です。

 

“目が見える”と感じる仕組み

網膜の中心の黄班部に光が当たる事によって、その光を電気信号に変換して脳に伝えるロドプシンというタンパク質が変質して脳に信号を伝えます。
ですが、その前に網膜に直接光が当たってしまうとあっという間に酸化が進んでしまい、網膜が正常に機能しなくなってしまいます。
それを防いでいるのが眼球の中に満たされているゼリー状のガラス体(硝子体)なんです。

 

しかしながら硝子体も光を受ける事によって酸化して行くので、
こちらは涙などと同じように水分として細胞の代謝が行われ日々新しいものに入れ替わっています。
その細胞の代謝を支えるのが体内酵素なのですが、
年齢と共に酵素の分泌が少なくなって行き、代謝が落ちた硝子体の中に空洞が出来てしまようになります。

 

その空洞の中に影ができるのが、景色の中にチラつきとして映し出されてしまうのが飛蚊症というわけです。
ただし、この硝子体に毎日わずかながらでも細胞の入れ替えが進んでいるので、
チラつきが見えたとしても、そのうち代謝が追い付くと自然に治ってしまうんです。
これを生理的飛蚊症と言います。

 

この症状自体は今すぐ失明するというような重大な眼病ではなく、
最近では代謝効率が食生活のせいで鈍っている傾向にあるので、
割と若い年齢層の方でも目を酷使するとなってしまう事があります
しかしながら年齢を重ねていく事によって、少しずつ代謝効率が
確実に下がっていってしまうので、飛蚊症が回復しにくくなって行ってしまうんですね。

 

つまり、もともと私たちの身体が持っている機能としての代謝を助けるか、
もしくは酸化劣化を防いであげる事によって飛蚊症の改善、さらには予防にもなるんですね。

 

飛蚊症とブルーベリーサプリの関係

飛蚊症とブルーベリーサプリの関係は、眼球内の新陳代謝や血行改善、酸化劣化の原因になる紫外線の遮蔽など、いろいろなメリットがあると考えられます。
しかしながら、薬ではないのではっきりと効果が立証されているようなものではありません。

 

ただし、厚生労働省が健康のために毎日350gの野菜の摂取を推奨している理由である、
バランスの良い栄養摂取がしっかり行う事が簡単にできるという点で頼もしい存在と言えるでしょう。

 

野菜やお肉、魚などの食材からバランスの良い栄養を摂ることは、目の健康を維持するうえでも大切なことだからです。
例えば、緑の野菜にはルテインが豊富に含まれているものが多くあり、水晶体や硝子体、網膜の健康を保つのに有効な働きをしてくれることが分かっています。
硝子体や網膜を守ることは飛蚊症を予防・改善するために大切なことであることは言うまでもありません。

 

また、青魚に含まれるDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸系のミネラルは
ドライアイを防ぐための涙の油膜成分を保護する働きがあります。
さらに言えば、お肉類に含まれるビタミンAやビタミンB群は、
目の新陳代謝を正しく進めるための助けになることが分かっており、
ビタミンAが欠乏すると夜盲症になるリスクがあることも判明しています。
このようにバランスの良い栄養摂取は身体全体はもちろんですが、目の健康を守る上でも重要な働きをしてくれます。

 

しかしながら、理想はバランスの良い食事からの
栄養摂取であることは分かっていても現代人のわたし達にとっては難しい面もあることは事実ですよね。
そういった『現実的に難しい食事の完全バランス』を補ってくれて
目を守るための大切な栄養をバランス良く含んでいるのがブルーベリーサプリなんですよ。

 

食事で必要量が摂れない栄養も摂れるブルーベリーサプリ

多くのブルーべリーサプリに含まれているアントシアニンやルテイン、またはアスタキサンチンなどは
硝子体の酸化の原因である活性酸素を撃退する力=抗酸化力が非常に高いポリフェノール類です。

 

飛蚊症は、若年性と老化原因によるものが生理的飛蚊症と分類されています。
もう一方は、後部硝子体剥離という硝子体が網膜や視神経から
剥がれてしまう網膜剥離や網膜裂孔ばどはケガや衝撃、
ウィルス感染などが原因で起こるものという具合で、飛蚊症は大きくこの二つに分ける事ができます。
後者の方は眼科医での診断と治療でかなりの確率で治すことができますが、加齢・老化による生理的飛蚊症は、
言わば『神様が決めた自然の摂理』とも言えるものでもあり、そういった部分は外科治療の領域が及ばない部分です。

 

このような外科治療が及ばない領域は人間が神様から授かった自然治癒力(新陳代謝)の力を頼るしかないのですが、
その部分をバランスの良い栄養摂取で助けてくれるのがブルーベリーサプリと言えるのではないかと思います。

 

先ほどの原因のところでもご紹介しましたが、
前者の生理的飛蚊症は、そもそも通常ならば発生しても打ち消す事ができる酸化ストレスに負けてしまう事が原因です。
これはビタミンCやビタミンE、または先ほど紹介したポリフェノール類を積極的に摂取する事で防げるものなんです。
ずっとスッキリとした視界を確保するためにも、抗酸化のための栄養素にはこだわった食生活を送って行きたいものです。

 

しかしながら、厚生労働省が推奨している一日に350gの野菜を摂る食生活は毎日維持するのは大変です。
そこで、おすすめの方法がブルーベリーサプリなのですが、じゃあ具体的に『どのサプリが良いの?』という疑問が湧きますよね。
次の段落で『どのサプリがおすすめなのか』をご紹介して行きます。

 

飛蚊症対策におすすめのブルーベリーサプリは?

飛蚊症の予防・改善に管理人がおすすめするブルーベリーサプリは、
テレビCMでもおなじみの“北の国から届いたブルーベリー”というサプリです。

飛蚊症 ブルーベリーサプリ

この北の国から届いたブルーベリーは、眼球の周りの粘膜を保護して
再生を促すβカロテンや硝子体を酸化させてしまう原因の光を遮蔽する力があり
“天然のサングラス”とも言われているルテインも配合されていて、
さらにドライアイの時に眼科で処方される目薬の主成分でもあるEPAも配合しています。

 

目を手で擦ったりした時にも、雑菌から眼球を守ってくれる
殺菌力や抗菌力の高いメグスリノキエキスも豊富に含まれています。
さらに、眼球の中に入ってくる光を脳に伝える働きをする
ロドプシンの再合成を助ける働きのあるアントシアニンを含んでいるビルベリーエキスも日本一の配合量を誇っています。

 

ブルーベリーサプリは、先ほどもご紹介しましたが、抗酸化力が高い
栄養素をなんなく摂取出来ますし、
栄養バランスを取るのも毎日の生活で用法と用量を間違わずに飲むだけです。
飛蚊症に悩んでおられる方は、眼病を予防するのに役立つ
幅広い栄養摂取を簡単にできるブルーベリーサプリを選択肢のひとつにしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

飛蚊症 ブルーベリーサプリ