簡単な視力回復トレーニング方法

簡単な視力回復トレーニング方法

視力回復が簡単にできるトレーニング方法

日本人のほとんどの方が悩んでいると言われる目の酷使による眼精疲労。

 

積み重ねると視力悪化にもつながるので、できる事なら毎日の生活習慣だとか、簡単にできる方法で視力回復を図れるのが一番良いですよね。

 

そんな視力回復が簡単に図れるトレーニング方法があったんですよ♪しかも時間は一回で一分程度です。

 

これなら負担にもなりませんし、手が空いた時とか仕事の休憩中とかでできるのでやってみたいですよね♪

 

実は、筆者のわたしもちょっとやってみたんですけど今のところはコレと言って変化は感じられません。苦笑

 

ですが、何事も信じるものは救われる!継続は力なり!一先ずは効果を信じて続けてみようと思ってます♪

 

簡単に視力回復が図れるトレーニング方法とは....

トレーニング方法を紹介する前に、皆さんタッピングってご存知ですか?最近のスマホやタブレットで使ういわゆる指先で軽く叩く行為です♪

 

まさしくタッピングと云う訳ですが、実はトレーニング方法と云うよりはツボ刺激に近い方法です。人差し指から小指までの4本の指先で、眉間からこめかみまでを移動しながら5回ほど軽く叩きます。

 

これを一日で2セット。次に目の少し下(大体1cm程度だそうです。)を目頭から目尻に向かって移動しながら、こちらも5回タッピングで2セット。

 

次は、こめかみから頭頂部までを5回タッピングしながら移動で、こちらも2セット。これで終わりだそうです。ちなみに軽く叩くと言っても、気持ち痛く感じる程度で決して皮膚が赤くなってしまうほどの力ではやらないで下さいね。

 

どうです?とっても簡単ですよね♪これだけでは心許ないと感じる方は、やはりサプリメントなどで眼に良い成分なども摂りながら目の負担を軽減するようにしていけば良いんじゃないかと思います♪

 

視力回復のためにその他できる事はないの?

ここでは視力回復のためにできるトレーニングをご紹介していますが、その他に視力回復のためにできる事は無いのでしょうか?

 

結論から言うとあります。
ただまずは視力低下のメカニズムや原因をしっかりと把握することが重要となります。
私たちの目はものを見るときはピントが近くにあるものに対して合うように自然と調整されていくんです。
このときの目の動き方と言うのはカメラで言うとレンズのような役割を果たす水晶体と言うものがあり、その周りにある小さな筋が緊張状態になることにより分厚くなります。
このようにピントを合わせようとすると筋が緊張して負担がかかってしまうのですが、まずこれを繰り返すことが目の疲れの原因となります。
私の場合は物心ついた頃からあまり勉強をしてきた記憶がないのですが、その分他の子たちより長い間テレビゲームなどに励んでいたのを覚えています。
テレビゲームやポケットゲーム機なども要は近くのものを見ることを続けるわけですから、そういった生活を長い間続けてしまうと、ピント調節する筋肉の筋が緊張状態になりっぱなしになってしまい、それが癖になってそれが当たり前のような状態になってしまうんです。
そうすると近くに焦点が合ってしまったまま固定された状態になり、それが原因で遠くを見るのがなかなか難しくなってしまう状態になってしまいます。
このようにして私たちは視力が低下していくと言われています。
つまりはこういうことです。
緊張しているままの状態の筋を解消してあげれば良いのです。
ではそのためには具体的に何ができるのかと言うと、目の周りの縁を擦ってあげることです。
これは眼科の先生が推奨する方法で、やり方としてはまず両方の目を閉じて目の下に人差し指を軽く当てます。そして目頭から目尻に向かって指先を使って軽く擦るように良い分間程度マッサージします。
それが終わったら次に目の上の眉毛の部分を人差し指と中指の指先を使って同じく目頭から目尻に向かって1分間程度簡単にマッサージしていきます。
この時に眼球を押しつぶさないように充分注意してくださいあくまで軽く簡単にリンパマッサージを行うようにさすっていく感じです。

 

このような外からのマッサージも非常に効果的なのですが、その他にバランスの良い栄養補給も効果的とされています。
ちなみに目の見え方を健康的に保つためには年齢とともに不足しがちなタンパク質を継続的に補給することが重要です。
タンパク質は卵、肉魚など様々なところから摂取できるので比較的難しくは無いのですが、私たちが1日に必要とするタンパク質の量は体重× 2倍だと言われていて、体重50キロの方の場合は1日に約100グラム程度のタンパク質を必要としているわけです。
ですが私たちは普段の食事でそれだけのタンパク質をほとんどの場合摂取することができていません。
ちなみにタンパク質豊富と言われている卵すら大体8グラムから9グラム程度だと言われておりレストランに行って出てくるステーキですら大体50グラム程度だと言われているんです。
このことから普段の食事だけでは十分なタンパク質を摂取するのが困難であることがお分かりいただけると思います。
なので原先生曰く、筋トレ好きの方がよく摂取されているプロテインを継続的に摂取するのもオススメなのだそうです。
普段の食事でプロテインを摂取する努力も必要ですが、不足した分をプロテインサプリメントなどで補うと言うのも選択肢の1つに加えてみるといいかもしれません。