クロセチンとはどんな成分なの?

クロセチンとはどんな成分なの?

色素成分クロセチンはどんなもの?

目の疲れ、物がかすんで見える、乱視や近視、遠視など目のトラブルや悩みは
多くの方が持っているものなのですが、それらをサポートする成分としては
アントシアニンとルテインそして今回特集するクロセチンという成分が主なものとしてあげることができます。

 

ブルーベリーサプリメントには、本当にたくさんの種類がありますよね。
それぞれに配合されている成分が違うのは当然ですが、一つだけ共通しているのは抗酸化物質が多く含まれているという点です。
アントシアニンにしてもルテインにしても、最近注目されている
レスベラトロールやアスタキサンチンにしても同じ抗酸化作用を持っているポリフェノール類です。

 

クロセチンってどんなもの?

ポリフェノール類とは現在確認されているだけでも、
約5,000種類あると言われ、大まかに分けて脂溶性のカロテノイドと水溶性のフラボノイドに分類されます。

 

クロセチンはカロテノイドの1種で、原料はクチナシの花や
サフランライスとして知られるサフランのに含まれる黄色の色素成分です。
難しいかもしれませんが、人参に含まれているβカロチンやトマトに含まれているリコピンの仲間でもあるんです。
ベータカロチンやリコピンといえば美容成分やアンチエイジングの成分として
知っている方も多いと思います。
クロセチンのような強い抗酸化作用を持つのは、他のポリフェノールの中のカロテノイドと同じです。

 

カロテノイドは脂溶性という話をしましたが、
唯一の例外がクロセチンで水溶性の性質も併せ待っているというちょっと変わった成分です。
主な働きとしては、眼球の中のガラス体の酸化を防ぐ事ですが、それ以外にも血流改善の効果もあります。
カロテノイドの中で最も分子構造が小さ、吸収効率が高いという特徴もあり、
眼球周りの毛細血管の強化も担う事ができる成分です。

 

血流改善と血管の強化が最も効果的に働くのは水晶体の厚みを調節して
近いものと遠いものに対してピントを合わせる役割がある毛様体筋のコリをほぐして水晶体の動きをスムーズにします。
以上の事から、眼病の予防はもちろん。
目のかすみや景色のぼやけなどを効果的に改善できる事が期待できる成分です。
また目への効果だけではなく、シミやくすみなどへの効果、紫外線などによる肌への炎症を緩和したり、
睡眠がしっかりとれないなどといった際にも効果を発揮してくれるという万能な成分がクロセチンでもあるんです。

 

名前がケルセチンと似ていますが、ケルセチンは玉ねぎの皮から抽出されるフラボノイドの1種で、クロセチンはカロテノイドの1種です。
副作用については、他のカロテノイド類と同じく報告はありません。
天然成分で昔から料理にも使われてきたものですから問題はないと見てよいでしょう。

 

クロセチンが含まれている食品

ではクロセチンという成分は食品から摂取しようと考えた時にどんなものに含まれているのか見てみましょう。
クロセチンが含まれている料理などの特徴は色素から来る黄色が目印になります。
先程もでましたが、サフランライスやスペイン料理のパエリア、日本料理などでは
栗きんとんなどもクチナシ色素で黄色に着色されているんです。
こられからわかるように主な使われ方として天然の着色料としての使用方法がメインなんですね。

 

クロセチンの眼精疲労への効果

最近は携帯電話やパソコンなどの影響で多くの方が目の疲れを感じているのですが、
ほとんど毛様体筋という目の筋肉がつかれることによって視力への影響だけではなく、
肩や首のこり、頭痛や不眠といった症状へつながっていくといわれています。

 

毛様体筋という筋肉は水晶体と呼ばれているレンズのピント調整をすることが役割なんですね。
スマホなどを見る場合、毛様体筋は収縮することになるので筋肉の疲れを感じてしまいます。

 

そこで登場するのがクロセチンという成分です!!

 

クロセチンの働きの中で主なものは目の周りの血液の流れを整えてくれるというものです。
血液の流れが良くなることで必要な栄養や酸素などが送られて、毛様体筋の
緊張状態が緩和されるということなんです。

 

このページの最初の方でも書きましたが、目の悩みを持っている場合、有効成分を届けるためにも
クロセチンという成分が必要な理由、なんとなくでもわかったと思います。
ルテインやアントシアニンというような有効成分だけでいいというわけではなく、
それらを届ける働きをするクロセチンなど総合的に目の悩みやトラブルのサポートを
考えなくてはならないんです。

 

だからこそ食品からだとそういった総合的な目のためになる成分を摂取するのは難しく、
ブルーベリーサプリメントなどの機能性食品が求められる理由でもあるんです。