飛蚊症改善に効果的なブルーベリーサプリ

MENU

飛蚊症に効果的なサプリの条件

飛蚊症サプリ

飛蚊症は、眼病の中でも景色の中に糸くずやゴミのようなものが
浮かんでしまうので、スマホ画面など小さいものを見ている時は本当にイライラしますよね。
即失明というような危険な病気ではありませんが、何とかして改善したいものです。

 

そこで、このページでは飛蚊症について原因や仕組みから
詳しく見ることでその改善に最適なサプリをご紹介するとともに、
飛蚊症の改善に摂りたい成分やその再発防止には
どういったことが大切なのかを一緒に見て行きたいと思います。

 

飛蚊症って目の疲れ?病気?

飛蚊症は、目の病気に至る前に知らせてくれる『サイン的な現象』と言われています。
具体的には、目(眼球)の中身のゼリー状の物体の硝子体(しょうしたい)や網膜に紫外線刺激で劣化が起こってしまうことで
網膜と硝子体の間にすき間ができたり硝子体が濁ったりすることで、
空中に浮遊物が動いて見えたり、その数が増えたり減ったりするように感じる現象です。

 

また、単純な『目の疲れ』だろうと素人判断したことで最悪の場合網膜剥離を起こし、失明に至るケースもあるそうです。

 

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は、加齢によるものと紫外線刺激やケガや衝撃などの
外部からの物理的な力が加わることによるものに分けることができます。
加齢によるものは、長年受け続けた微弱な紫外線刺激が
老化による眼球の水分量低下がその仕組みです。
また、紫外線刺激(短時間でなおかつ強力な刺激)やケガ、
物が飛んできてぶつかったり、自分からぶつかってしまったりといったことでも起こります。

 

つまり、具体的に起こっている現象は同じですが、その仕組みときっかけが違うということなんです。
ちなみに加齢・老化によるものは手術や外科治療では治せないもの。
物理的な衝撃やケガによるもので網膜剥離や網膜裂孔が
起こっている状態では手術(外科治療)で治せる飛蚊症ということになります。

 

一望百景公式サイトボタン

 

飛蚊症はどうやって治すの?

先ほどの段落で、飛蚊症は網膜裂孔や網膜剥離という
物理的な現象と老化・加齢による生理的な現象に分けられるというお話をしました。
前者の飛蚊症の場合が外科治療(手術)によって治すことができるのですが、
その場合でも裂孔(網膜と硝子体の間にできた穴)が小さく、剥離にまで至っていないということが前提です。
具体的な治療法は、レーザー光線による光凝固法(ひかりぎょうこほう)という方式がとられます。

 

レーザー光を当てることで焼き付けて網膜と硝子体の間にできた穴をふさぐという治療法です。
ですが、症状を問診(もんしん=どんな症状かを聞くことで治療の方針を立てる)だけでは
どの程度の網膜と硝子体の状態になっているのかを特定することができないため眼底検査(がんていけんさ)が必要になります。

 

ただし先ほども触れた通り、老化による生理的な眼球の網膜や硝子体の劣化については
外科治療で治すことは不可能。と言いましたが、
こちらは紫外線刺激と眼球内の水分量低下と新陳代謝の乱れを
サプリの成分と自然治癒力(ゆっくりとでも改善すること)は可能と言われており、
そちらの対策にはサプリメントが有効と言われています。
ルテインを摂ることで飛蚊症が改善できたという報告例がたくさんあるためです。

 

リスクゼロで飛蚊症が改善?その方法は

飛蚊症改善に効果的なブルーベリーサプリ

冒頭で、飛蚊症はガラス体を濁らせる紫外線によって発生した活性酸素が原因と書きました。
ならば活性酸素の原因になる青色紫外線を可能な限り取り除いてやるのが良いですよね。
そんな事ができる方法がルテインを配合したサプリメントです。

 

ブルーベリーサプリメントは抗酸化力のかたまりともいえる成分配合で作られていますが、
中でも飛蚊症に効果的と言われているサプリはルテイン配合のものです。

ルテインとは、ブルーベリーサプリに最も使われるアントシアニンと同じく
カロテノイドに属する抗酸化物質なのですが、アントシアニンとの最大の違いは色素の違いです。

 

アントシアニンはブルーベリーや北欧産のビルベリーなどベリー類から摂る事ができる抗酸化物質で色素は紫です。
それに対してルテインはマリーゴールドという花から抽出される黄色色素の抗酸化物質です。
なぜそれが良いのか?と不思議に思われるかも知れませんが、
ガラス体の濁りはブルーライトなどの青色紫外線による活性酸素が原因なので、
黄色色素であるルテインが青色紫外線から眼球内のガラス体を守ってくれるというわけなんです!

 

もちろん、ただ青色紫外線からガラス体を守るだけでは、飛蚊症を治す事につながる訳ではありません。
ですが、毎日の生活で絶え間なく目に飛び込んでくる
青色紫外線からガラス体を守ってあげる事が飛蚊症が改善される事につながるんですよ。

 

なぜなら、わたし達人間の体には新陳代謝と自然治癒力という地球上で最強の力が宿っているからです。
つまり、新たに飛蚊症がどんどん進行していってしまう原因を
取り除いて治癒は新陳代謝による自然治癒力を最大限に利用する事が最も有効な選択肢です。
せっかくリスクゼロで試す事ができる飛蚊症対策なら最も効果的なものを選ぶ方が良いに決まってます。

 

飛蚊症に対して手術というリスクが高い方法を取ったり、
何の根拠もなしにただひたすら我慢するよりは、遥かに現実的な選択肢です。

 

飛蚊症改善に効果的なブルーベリーサプリ

そこで、飛蚊症に悩むあなたに管理人が自信を持っておすすめする「ルテインの配合量が最も高いサプリメント」があるんです。
そのサプリメントの名前は一望百景というブルーベリーサプリです。

 

この、「一望百景」は、クリニックで処方されるルテイン配合サプリメントと同等クラスの配合量が特徴です。
もちろん市販されているブルーベリーサプリの中では抜群の良質な天然ルテインをしっかり摂る事が出来ます。
飛蚊症の改善にはルテインの推奨摂取量という数値があり、6mg~12mgの摂取量が必要とされています。
一望百景は、1粒で20mgの天然ルテインを摂取できるので飛蚊症の改善が期待出来ます。

 

しかも、定期購入で1,620円(税別)という低価格でコスパも嬉しい設定になっています。
1日あたり、たったの54円で、飛蚊症改善効果が期待できるケアが可能になるんですよ。
ルテインがしっかり摂取できると同時に疲れ目も和らげてくれる
一望百景で飛蚊症を改善に採り入れてみてはいかがでしょうか。

 

▽一望百景公式サイト入口はこちら▽

一望百景公式サイトへ

 

サプリを始めるなら継続ありきで考えることが大切

先程の段落でご紹介したような目の見え方に対して効果的なサプリメントたちは、
実際に有効とされる成分がきちんと入っていますので、
正しく継続することで多くの方が結果を出しているのも事実です。
ですが、中には効果の実感に満足が良い風にネガティブな口コミを描かれる方も少なくありません。
ですが、それにはある原因が考えられます。
それが継続不足です。
サプリメントの継続期間の認識は人それぞれ違うかと思いますが、
一般的には大体3ヶ月から半年程度継続して効果が現れるのが良いと言われています。
にもかかわらず、数日もしくは数週間継続した程度で効果が現れないからといって
やめてしまっては、あまり意味がないと言うより、お金の無駄になってしまいます。
そうなってしまわないためにも、最初から数ヶ月日は継続するものなのだと
認識した上でサプリメントを始めることを強くお勧めします。
また、いちど始めた際は、飲み忘れがないように毎日継続することを大切にしてくださいね。