アントシアニンが摂れる食品と摂取量

MENU

アントシアニンが摂れる食品と摂取量|意外な落とし穴

アントシアニンを健康的に摂取するとなるとやはり食品から
オーガニックな摂り方をするのが良いと思われる方が多いと思います。
また、アントシアニンが摂れる食品というと
『ブルーベリー』を思いうかべる方が多いのではないでしょうか。
ブルーベリーサプリの印象が強いため
こういった印象を持っている方が多いと思われます。

 

しかしながら、基本的にブルーベリーサプリに使われるのは
ほとんどが北欧産の野生種のビルベリーという種類のブルーベリーです。
ブルーベリーのアントシアニン含有量はこのように
『産地と種類によってアントシアニン含有量が大幅に違う』という結果が出ています。
※福島県会津農林事務所会津坂下農業普及所の研究データによる

 

確かに、ブルーベリーにはアントシアニンが含まれています。
ただし、アントシアニン含有量が本当に高いブルーベリーは
北欧産のビルベリーかナツハゼという種類になります。

 

しかしながら、それでも100gあたりアントシアニン含有量が3.5mgとなっています。
疲れ目や眼病予防のためにアントシアニンを
摂るべき量は1日当たり約40mg~60mgと言われています。

そのため、上記の種別のビルベリーやナツハゼであっても、
アントシアニンを必要量を摂ろうと思うと1.2kg~1.8kgは食べなければならいことになってしまいます。

 

また、ブルーベリーは糖度の高い食べ物です。

 

ウィキペディアによると、100gあたりの糖分の含有量が、9.96gとなっています。
これは栽培種のブルーベリーの数値ですので、品種によって違いはあるはずですが、
野生種のナツハゼ(国産)でも完熟期のナツハゼでは100gあたり9.1g前後となっています。
そのため、アントシアニンを必要量を生のブルーベリー(品種も選んだうえで)
食べたとしても、その3000倍近くの糖分を摂ってしまうことになってしまいます。

 

そうなると、疲れ目や眼病予防のために糖尿病の危険性が
出てくるような『本末転倒な結果』になってしまいます。
また、そのような最悪な結果になってしまわなかったとしても『太ってしまうこと』は避けられませんね。
そこで、役立つのがブルーベリーサプリなんですよ。

 

ブルーベリーサプリならば、アントシアニンを含む
ビルベリーエキスを抽出しているので、カロリーを気にすることなく毎日続けて行くことで、
疲れ目や眼精疲労、そしてそれがずっと続いてしまう事によって
眼病が起こることを予防するための成分がしっかり摂れます。
なので、アントシアニンを必要摂取量をカバーして
毎日続けようというならブルーベリーサプリがおすすめなんですよ。

 

また、ブルーベリーサプリはどのような効果を求めているかによって選び方が変わってきますが、
健康と美意識が高い方の場合は、ルックルックベリーというブルーベリーサプリです。
まず、一番特徴的なのは『たった2粒で376個分のアントシアニンが摂れるサプリ』であることです。
その他のルックルックベリーの特徴を簡単にご紹介すると・・・

 

  • 北欧産ビルベリー濃縮エキス100mg
  • ブラジル産のアサイー濃縮エキス100mg
  • ビタミンA、ビタミンE、DHA、EPAなどの健康成分が豊富に摂れる

 

さわりだけの紹介になってしまいますが、このような特徴を持っています。
アントシアニンだけではなく、目の周りの粘膜の細胞レベルでの
再生力を司るビタミンA(βカロテン)や紫外線から目や肌を守るビタミンEなども摂れます。

 

ルックルックベリー詳しい情報はこちらのページをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ルックルックベリーの効果や成分、口コミ、最安値販売店はこちら

 

アントシアニンの摂取はサプリじゃないとダメなの?

アントシアニンは、身近な食材で言うとぶどうなどにも含まれていますが、結論から言うとサプリメントでの摂取を私はお勧めします。
何故かと言うと、確かに普段の食事でもいくらか補える部分はあるかもしれませんが、
サプリメントで特定の栄養を摂取することを考えると、
普段の食事では到底補えないほどの大量の特定の栄養が含まれていますので
サプリメントの方が圧倒的に効率が良いと考えられるのです。
また、例えばブルーベリーなどをスーパーなどで購入して
それを毎日食べようとするとなると、食費もそれなりにかかってしまいます。
その割にはサプリで摂取できるほどの栄養補給には至らない場合がほとんどなので、
時間や労力、お金全ての面において無駄な多くなってしまうのが食事のみの方法です。
もちろん普段の食事で必要な栄養を補おうとする努力が必要です。
ですが、サプリメントと言う手段があるのですから、普段の食事ではサプリメントの力を借りる方が無難です。
このような理由から私はアントシアニンの摂取はサプリメントから行うことを強くお勧めしています。