加齢黄班変性 失明 予防

加齢黄班変性で失明しないための予防対策

皆さんは加齢黄班変性という失明に至ってしまう恐ろしい病気をご存知ですか?
ここ数年で日本人の間でも急激に患者数が増えている眼病で、西洋人の間では今も中途失明の原因で1位になっている恐ろしい病気です。

 

加齢黄班変性とは、網膜の中心部にある黄班部という視神経とのつながりが最も強い部分があります。
そこは視神経へ視野情報を伝えるために網膜が薄くなっていなければならない場所なのですが、
そこに血栓が出来てしまう事で腫れあがってしまい結果として視神経に光や色と言った
視野情報が伝わらなくなってしまいなってしまい失明に至ってしまう病気です。

 

加齢黄班変性を防ぐには、網膜の黄班部の裏側のちょうど視神経との接点になっている部分にある
毛細血管の血流を改善して、黄班部に血栓が出来ないように予防するしかありません。

 

そのためにはルテインを含有しているブルーベリーサプリメントが有効と言われています。
ルテインは、花のマリーゴールドの黄色の元になっている色素成分でキサントフィル系に属するカロテノイドの一種でカテゴリーとしてはポリフェノールの仲間です。
緑黄食野菜が収穫時期になると濃い緑や赤から鮮やかな色づき方をするのもルテインが若干ながら含まれているからです。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、ルテインが含まれているブルーベリーサプリを加齢黄班変性の予防におすすめする理由は、
ルテインはキサントフィル類やポリフェノール全般の中でも最も分子構造が小さく活性酸素による血液の酸化(ドロドロになる)を防いでくれる血流改善効果があるからです。

 

先ほど、網膜の中の黄班部の裏側にある毛細血管の血栓を予防するのがいちばんと説明しましたが、その意味ではルテインほど最適な成分はないと言えるでしょう。
ルテインが含まれているブルーベリーサプリはいくつかありますが、最もルテイン含有量が多く管理人がおすすめできるサプリは、やわたの北の国から届いたブルーベリーというサプリメントです。

 

普段からパソコン画面を見つめたり、休んでいる時でもテレビを観たりと目を酷使する傾向が強い方には最適なサプリメントであると管理人的には考えています。
美容に優れたアスタキサンチンやレスベラトロールなどの抗酸化物質は入っていませんが、その分加齢黄班変性や緑内障・白内障の予防など眼病予防に適しているサプリメントです。

 

ルテインが多く含まれる食べ物

ブルーベリーの他にも、ほうれん草、緑黄色野菜のブロッコリー、ケール、かぼちゃなどが有名ですが、逆に言うと、俺そういった食べ物位なので、普段からそれらを食べる習慣があまりない人にとっては、やはり継続的な摂取はちょっと難しいように感じます。

 

それでも、普段の食生活の中でできるだけ多くルテインを摂取してサプリメントには頼りたくない。と言う内容であれば、特に問題は無いかと思います。
ですが、私の経験的に言うと、普段の食事でサプリメントと同等レベルの分、を継続的に摂取し続けるのはほぼ不可能です。
やはりサプリメントは、特定の栄養の摂取に特化した最強のアイテムでもあります。
特定の栄養が多く含まれている食べ物の何倍もの量をすぐにまとめているものですので、それと普通の食べ物で勝負するのはちょっと無理があります。

 

なので、普段の食事だけでサプリメントの力をカバーしようとするのはやめといた方が良いかと思います。

 

普段の食事からもルテインを摂取していくことも大切

先ほどお伝えした内容と矛盾するように聞こえてしまうかもしれませんが、それはちょっと違います。
この段落では、サプリメント+食事による、摂取を推奨します。
もちろん、サプリメントを購入したならば食事ではそれほど力を入れなくても良いかもしれませんが、食事の方でも力を入れるに越した事はありません。

 

なので、ほうれん草やブロッコリーなど、ルテインが豊富に含まれるものを日常的に摂取していくことも心がけていけると良いかと思います。
なお、そういった習慣は目の病気の予防などにつながるだけでなく、体全体の健康にもつながる重要な週間です。
特に、生活習慣病に気をつけていきたい年齢、もしくはそういった立場におられる方は、ぜひそのようにされてみると良いかと思います。

 

栄養摂取を継続することが大切

サプリメントにしても、普段の食事にしても、ルテインのように目の病気に効果的な成分で、しっかりと予防や改善などを進めていきたいのであれば、継続して摂取し続けることが大切です。
サプリメントや普段の食事で摂取できる栄養は、薬の成分とは違いますので、飲んですぐに聞いてそれで大丈夫。というものではなく、継続的に摂取し続けていく中で効果を発揮していくものです。
なので、いずれにしても予防の習慣を始めていきたいと思われている方は、数週間、もしくは1ヶ月や2ヶ月程度で継続を止めてしまうのではなく、半年、1年、そしてその先もずっと継続していくことを心がけると良いかと思います。

 

page top