ゼアキサンチンの効果と摂り方

ゼアキサンチンの効果と摂り方

ゼアキサンチンの効果と上手な摂り方

ゼアキサンチンという成分に注目が集まっていることはご存じですよね。
このゼアキサンチンという成分はつい最近始めて耳にしたという方も多いと思います。
実はこの成分、ルテインというカロテノイドと共に目の奥の黄斑部(おうはんぶ)というところにもともと存在している成分で目の老化や視力の衰え、目の病気の原因に深く関係する成分です。
そこで、このページではゼアキサンチンの効果をご紹介したいと思います。
また、ゼアキサンチンと一緒に摂ることで効果を最大限に発揮しやすくなるルテインについても併せてみて行きましょう。

 

ゼアキサンチンの効果

老眼や目の疾患の予防などに効果があるといわれている成分で、
ルテインの仲間といわれています。
ルテインという成分は野菜などに多く含まれているフラボノイドの一種といわれています。
つまりゼアキサンチンというのもルテインと同じようにフラボノイドの一種で、
より詳しく言えば、色素成分カロテノイドの一つといわれています。

 

ゼアキサンチンにはどんな効果があるのかを見ていくと、
加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)や白内障(はくないしょう)などの病気の予防に効果的であることが実証されています。

 

目の奥の網膜の中にある黄斑部という場所にルテインとゼアキサンチンは存在しています。
黄斑部という部分は、目の中にある光を認識する神経細胞で作られている網膜、
その中心部分を『黄斑部=おうはんぶ』といいます。

 

加齢黄斑変性症は網膜の黄斑部が活性酸素によって傷つけられてしまうことで起こる病気で、
視野の中心部が黒く欠落してしまったりゆがんで見えて正しく景色が見えなくなってしまうものです。
この加齢黄斑変性症や白内障、緑内障といった重大な目の病気の予防がゼアキサンチンの主な効果と言われているんですよ。

 

【参天製薬】『ずっと見える情報局』加齢黄斑変性症情報ページ
加齢黄斑変性症ってどんな病気?治せるの?

 

ゼアキサンチンを摂る方法・摂り方や量

ゼアキサンチンは先ほどご紹介した通り目の病気予防に効果的に働く成分です。
また、もともと体内に存在する成分なのですが、非必須アミノ酸のように体内合成が出来ません。
そのため、目の病気を発症してからではなく、その前に毎日の生活の中で摂取する事が大切です。

 

ゼアキサンチンは緑黄色野菜に豊富に含まれています。

ゼアキサンチンが豊富な野菜

特に、ほうれん草、ニンジン、ブロッコリー、トマト、パプリカなどに多いのですが、基本性質が脂溶性(油に溶ける性質)なので、サラダよりはお肉も使って加熱調理すると吸収率がグンと上がります。

 

また、一日あたりの摂取量としてはゼアキサンチン単体で6mg~10mgが良いとされていますが、そのためにも厚生労働省が推奨している『一日でおよそ350gの緑黄色野菜を食べる』というのが大切とされています。
ですが、毎日それだけの量の緑黄色野菜を食べるのはちょっとキツイかな・・という方はサプリメントを利用して積極的に摂るのが良いでしょう。

 

ルテインとゼアキサンチンが摂れるサプリ【めなり】
アマゾンでは損?めなりの入手方法は?

 

ルテインとゼアキサンチンの違い

ルテインとゼアキサンチンとの違いでいえば、両方とも緑黄色野菜に多く含まれる成分なのですが、
ルテインはホウレンソウやケール、ピーマンなどの緑色の濃い野菜に多く含まれて、ゼアキサンチンは緑黄色野菜の中でも
コーンやパパイヤ、パプリカなどの黄色い野菜や果物などに含まれる傾向があります。
またルテインもゼアキサンチンも、脂溶性色素成分なので油いためなど油と一緒に加工したり調理することで
吸収効率が一気に上がるといわれています。

 

ゼアキサンチンをさらに詳しく

ゼアキサンチンについてさらに詳しく掘り下げてみたいと思います。
私たちの目の疲れというものは、肩こりや目のかすみ、
目の痛みなど、そういったものを発症してしまう根本的な原因になることもあるんです。
そのような目の疲れなどが老眼を進行させる原因にもなるんです。
白内障を発症させてしまったり、そういったことにもつながるんです。
ただ単に目が疲れてしまうだけでなく、そういったところにも悪影響が出てしまう恐ろしさがあるんです。

 

そういったことができれば避けたいところですが、そのためには目の疲れを
できるだけ回避することが何よりも重要となってきます。
そのためには、できるだけ目を使いすぎないようにそして目をできるだけ長い時間休ませることが大切ですよね。
近年ではパソコンやゲームなどをやりすぎるだけでなく、
ハードワークやスマートフォン飲み過ぎなども目の疲れの根本的な原因となっており、
日本人のほとんどの人が多かれ少なかれ目の疲れに悩んでいると言われています。
ちなみに、このようなことに比例して白内障を発症する年齢層が若くなっていると言われているんです。
白内障の予防方法の1つとしてはパソコンやゲーム、
スマートフォンなどを使用する時間を短くすることが重要だと言われています。
しかし、中には仕事でデジタルデバイスを長時間活用されている方もいらっしゃると思います。

 

私もその1人です。
そういった人にとってはなかなかそういった時間を短くすることは難しいことだと思います。
そこで効果的なのがサプリメントでゼアキサンチンを摂取するというものです。
ゼアキサンチンには、白内障や目の疲れなどそういった目の見え方のトラブルにアプローチをする働きが期待されています。
そんなゼアキサンチンをサプリメントで効率よく摂取することができればかなり強い味方になることは間違いないでしょう。
また、ゼアキサンチンは、体の老化を進行させてしまう活性酸素を害のない状態に変化させる働きもあると言われています。
このような働きがあることから、目の見え方のトラブルに対してだけでなく美容や健康などに対しても効果が期待できると言われています。
特に美容面で言ったら肌年齢が衰えてしまわないようにサポートすることもできちゃいます。
実はゼアキサンチンに限らず目の見え方をよくしてくれるサプリメントに
含まれる様々な成分にはこういった働きが共通していると言われています。

 

つまり、目の見え方の改善のためのゼアキサンチンを
サプリで摂取することにより、その他にも共通するいろんな
栄養補給しながら目のトラブルに対してだけでなく
体の健康や美容の問題などにも同時進行でアプローチをすることができるというわけです。

 

いずれにしても継続期間が重要となってきますが、
普段の食事も見直すと同時にこういったサプリの習慣を取り入れてみると面白いかもしれませんね。
最初のうちはなかなか効果が実感できずに継続しようかどうか迷われる方も少なくないかもしれません。
しかしサプリメントというのは継続することでその効果をさらに高めることが期待できます。
もしも興味がありましたらサプリメントを始めてみるといいかもしれません。
大体3ヶ月から半年程度で体の何らかの変化を感じることができるかと思います。