あなたの悩みはブルーベリーサプリの選び方ではありませんか?

あなたの悩みはブルーベリーサプリの選び方ではありませんか?

あなたの悩みはブルーベリーサプリの選び方ではありませんか?

このサイトを運営していて良く頂くお便りが、ブルーベリーサプリメントの選び方です。
悩みを持っておられる方に対してブルーベリーサプリメント選び方は症状に合わせた物でなくては意味がありませんよね。

 

なので、ちょっと説明が長くなってしまうかも知れませんが、
このページではブルーベリーサプリメントの選び方についてご紹介します。

 

まずひと口に選び方といっても症状の種類によって分類する必要があるので、
その分類から始めます。眼に関する悩み・症状はこんなところでしょうか。

 

  • 眼精疲労・疲れ目
  • (アントシアニンなどの神経伝達物質の保護に優れているものが良いです。)
  • 目のかすみ・視界のボヤケ
  • (眼球のガラス体や水晶体の酸化防止ができる抗酸化物質が必須です。)
  • 眼病のリスク
  • (上記の二つの成分がバランスよく含まれている事が条件になりすま。)
  • ドライアイ
  • (魚油成分のDHAやEPA、メグスリノキエキスなどが良いでしょう。)

 

目の悩みとひと口に言ってもこれだけ症状別に分ける事が出来ます。
中には2と3の両方が悩みなどという場合もあるかも知れないので、そちらに関してはまた別途紹介します。

 

脅す意味ではありませんが、複数ある症状やブルーベリーサプリの種類の中で、
自分にあったものとかけ離れたサプリを選んでしまうと、
お金と時間と努力が無駄になるだけで結果が出ないという事態になることもあり得ます。
そういった意味でも、正しい知識を持った上であなた自身にマッチしたブルーベリーサプリを正しく選んでいく必要があります。
ご自身の中で自分に合ったものを選ぶ正しい基準をお持ちなのであれば大丈夫ですが、そうでは無いサプリ初心者の方は、ぜひこちらでお伝えしている内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

悩みの種のブルーベリーサプリの選び方|症状別

眼精疲労・疲れ目
まず始めに眼精疲労は疲れ目がずっと慢性的に続いた事によって起こる症状で、普段から眼を酷使する環境や仕事などと云った事柄が原因になります。
疲れ目が続くと視線を移動させた時に移動先に対して素早くピントを合わせる事が出来なくなるために常に緊張を強いられてしまいます。それの繰り返しによって肩の凝りや背中の強張り、頭痛、さらには人によっては腰痛などを『引き起こすと言われています。その緊張状態を弛緩させるにはピントを素早く合わせられるように視野情報を脳に伝える役割を持っているロドプシンの再合成を活性化させるのがいちばんです。
それに対していちばん効果的な成分が、ブルーベリーやカシスなどベリー類に含まれているアントシアニンです。つまりアントシアニン量が多いサプリメントから選ぶのがベストな選択と言えるでしょう。

 

眼のかすみ・視界のボヤケ
この症状は、眼球の本体部分にあたるガラス体の酸化や水晶体の厚みを素早く調節出来ない事が原因として考えられます。効果的なのはアスタキサンチンやルテインなど成分です。これらは強い抗酸化力を持つ成分なので、水晶体の厚みを調節している毛様体筋の血管やガラス体の酸化劣化に直接的にアプローチできるでしょう。
眼のかすみや視界のボヤケなどもずっと続いていると慢性的な眼疲労(疲れ目)が眼精疲労を引き起こすので、この症状のうちに素早く対処する事が大切です。

 

将来的な眼病のリスク
白内障や飛蚊症、さらには加齢性黄斑変性など中途失明の原因になる眼病のリスクな近年の日本でも非常に高まっています。
飛蚊症に至っては失明の恐れはあまりないものの自然に治るものではなく、多くの方が「まだ目が見えなくなった訳じゃないから....」と見過ごしてしまう事も多い眼病です。
先天的なものと後天的なものに分ける事ができるのですが、どちらも原因はガラス体の酸化劣化によるものです。
最終的には網膜にも影響を及ぼしてしまうという意味では恐ろしい眼病です。網膜剥離などの密接なかかわりとも考え合わせるとできる限り早い対策を打ちたいところです。
こちらも酸化劣化が大きな原因なので、アスタキサンチンやルテインなどが必要な成分ですが、現在の眼の状態や悩みによっては眼精疲労の解決策として有効なアントシアニンも欲しいですね。

 

ドライアイ
ドライアイには、涙を分泌させる涙腺の働きを活性化させるのが最も有効な策です。必要な成分はDHA、EPAなどの魚油由来の抗酸化物質。さらにはメグスリノキエキスは直接的なアプローチが期待できます。
涙も酸化すると粘り気が出てきて眼球表面をなめらかに視線移動などにしたがって動かす事が難しくなりますし、角膜が傷ついてしまったりするなどの眼の怪我につながります。角膜は傷ついてしまってからでは遅いので、ドライアイの症状が出ているうちに対処すべきですね。環境的には空調が完備されているオフィスなどで、ずっとデスクワークをされている方に多いようです。痛みもゴロゴロ感などを伴うので、気づきやすい症状と言えます。

 

今後、このサイトでは症状や悩みの種類別にランキング形式でもブルーベリーサプリの選び方を詳しく紹介すると同時にオススメしてして行きますので、よろしくお願いいたします。^^

サプリを飲むなら継続ありきで考えることが大切

もし今現在あなたが、ご自身の目の健康のために何かのサプリメントを検討しているのであれば、すべてのサプリメントで共通して言えることがあります。
それは、継続ありきで考えることです。
まれにいらっしゃるのですが、サプリメントはお薬ではありませんので、飲んですぐに効果がはっきりと現れ始めるような事はおそらくありません。
どちらかというと、サプリメントは食べ物と同じような感覚です。
例えばダイエットで、脂っこい食べ物中心の食生活から、野菜や果物たっぷりのヘルシーな食生活に切り替えると、少しずつ体重が減っていき、数ヶ月もしくは1年位の単位で見ると大幅な変化が現れてくると思います。
目の健康のためのサプリメントでも似たようなことが言えます。
実感されている方のほとんどが、半年近く、もしくはそれ以上継続されている方が多いように感じます。

 

目に見えないほど小さな天然成分が少しずつ体の中で働き、症状の原因となっている部分にアプローチしてくれます。
なので、どのサプリメントを購入するにしても、継続していくことが大切なんです。
また、普段の生活でもできるだけ目に悪影響がないように気をつかっていくことも大切です。
そういった部分も含めて、両方からのアプローチやケアをしていくことが大切なんですね(^^)

 

なお、以下のリンクを飛ぶと、実際に目の見え方のトラブルを抱えていた方が継続していた人気のブルーベリーサプリメントの特集があります。
複数あるものの中からさらに厳選したものをそこに掲載していますので、そこからさらにあなた目線のサプリメント選びをされてみてはいかがでしょうか?

 

人気のブルーベリーサプリメントの特集