暑い夏に旬を迎える国産ブルーベリー

暑い夏に旬を迎える国産ブルーベリー

いよいよ夏!これから国産のブルーベリーが旬を迎えます♪

ブルーベリーは、年中市販されていていつでも手に入れられるイメージがありますが、実はほとんどが海外産です。日本とは違う農薬の基準などで作られている海外産のブルーベリーはいつでも手に入れられるかわりに安全性という意味では、少し心配なのも事実です。

 

そこで、いよいよ7月に入ってこれから国産ブルーベリーを迎えるので、ちょっと注目してみましょう♪

 

海外産のブルーベリーに比べて、国産ブルーベリーは、ほとんどの農家がメインではなく、二毛作、三毛作の合間に土を死なせないために栽培しているので、農薬を使わずに有機栽培で育てたものが出回ります。

 

国内の主な産地は長野県が一番の多産地で、次いで茨城県や群馬県、それに東京都などが続くそうです。東京都ってちょっと意外ですよね。もちろん都心ではないでしょうけどね。笑

 

国産ブルーベリーは、実は最近の自然食品の健康ブームに乗って取引価格が高騰し始めているところで、既に以前の1.5倍以上の値段が店頭では付けられています。

 

健康ブームで注目されているブルーベリーは、抗酸化作用による健康効果だけではなく、美容や美肌、様々な効果が期待できます。もちろん眼精疲労にも効果は絶大です。

 

そんな国産ブルーベリーの美味しい食べ方は、ブルーベリーのアセロラジュースとの相性が抜群との事で、ちょっとシャレたカクテルをジンベースで作るなんて言うのも良いですよね♪
ブルーベリーはデパートやスーパーなどに毎日のように並んでいるような商品というイメージがあるかもしれませんが実は5月から7月がピークの旬であると言えます 少し昔は海外から取り寄せていた商品なのですが実は最も多いのが愛媛県産 続いて千葉県産その後メキシコさん と言われ 国内のブルーベリーも多く市場に出回っています。
もちろんただのブルーベリーと言っても種類は何個かあり 美味しいブルーベリーというのを見分けるというのも大事なポイントになります通常はブルーベリーは熟すと耳が大きく黒くなっていき軸の付け根が黒く色づいていくものが しゅんであり美味しい果実と言われています。
この黒くなっていくのもポリフェノールの一種で体にもよくなるべく色の濃ゆい品種を選ぶというのもその栄養価が高いという意味にもなります。

 

ブルーベリーはなぜ目に良いと言われているのか

ブルーベリーは目に良い成分が含まれている。と昔から言われていますよね。
ですが、何がどのように働くから目に良いのか。という部分がわからないと、どのようにして目に良いのかという本質的な部分がつかめません。
ここをつかめると、より積極的にブルーベリーを食べたくなること間違いなしです(^^)

 

それでは本題に入りますが、ブルーベリーにはアントシアニンという栄養が豊富に含まれており、この成分が目に良いと言われている理由でもあります。
ちなみにこのアントシアニンという成分は、ブルーベリーだけじゃなくてナス、赤かぶ、赤シソ、紫芋などの赤っぽい紫っぽい色の野菜や果物などにたくさん含まれていると言われています。
そんな中、ブルーベリーは表面だけじゃなくて、中の部分までしっかりと青紫色に染まっているため、他の野菜や果物に比べると圧倒的にアントシアニンの含有量が多いんです。

 

これが他の野菜や果物よりもブルーベリーが目に良いとして選ばれる大きな理由でもあります。

 

アントシアニンはどんな目の症状に効果的なの?

アントシアニンはポリフェノールの仲間なのですが、これが体の中で働くと、視力の低下を防いだり、白内障の予防につながると言われています。

 

この効果に関してこんなエピソードがあるんです。
これは第二次世界大戦の真っ只中の話なのですが、夜間飛行、明け方の攻撃の際、薄い明るさの中でもものがはっきりと見えたと証言したイギリス空軍のパイロットがいたのですが、このパイロットの方は毎日直接食べるほどブルーベリージャムが大好きだったそうです。
この話を聞いた研究者がブルーベリーについて研究を進めていたところ、ブルーベリーの中に含まれるアントシアニンがどうやら視力や目の健康に関係するらしい。ということをつかみ、それが世に知れ渡ったのがきっかけでした。

 

ブルーベリーの成分を楽々摂取し続ける方法

ブルーベリーは私たちにとってての届かないような存在ではないかもしれませんが、人によっては毎日手軽に摂取できるようなとても身近なものではありませんよね。
むしろ、習慣的にブルーベリーを食べない方の方が多いのではないでしょうか?
ブルーベリーが目に良いと分かっていても、だからといって毎日ブルーベリー生活を今から始めるのはちょっと億劫ですよね。。
続ければ続けるほど飽きてしまいますし。
ですがサプリメントという手段であれば、お薬のように粒を水で流し込むだけですから、誰でも簡単に継続することができます。
そしてサプリメントであれば、本来ブルーベリーを食べることで摂取できるアントシアニンや
その他の栄養素の何倍もの量をいちどに補給することができるものもあります。

 

摂取が楽だけでなく、中身を見てもサプリメントには大きな魅力があります。
最近では約1ヶ月分が2,000円前後で始められるものもあるんです。
もともとブルーベリーは大好きってわけじゃないけど、ブルーベリー生活を続けたい。
と思われている方は、ブルーベリーにかけるはずだったお金を、そのままサプリメントに回してみてはいかがでしょうか?

 

目の健康をブルーベリーサプリランキング