加齢性黄斑変性という目の病気

加齢性黄斑変性という目の病気

加齢性黄斑変性症とは

現在の日本で深刻な問題となっているのが少子高齢化です。その高齢化と共に増えている目の症状があります。
それは加齢性黄斑変性症という目の病気です。
日本では以前からあった病気が糖尿病性の網膜症が
失明原因では非常に多い病気だったんですが、
この加齢性黄斑変性症で失明されてしまう方のケースが高齢化と共に増えているんです。

 

この加齢性黄斑変性症は網膜の病気ですが、
何気なく普段の生活をしている場合、両目で視界を捉えているので、
初期症状に気付かない場合があるという恐ろしい疾病でもあるそうです。
ここでは、その症状になっているかどうかを確認する方法や、
症状が発生しやすいタイプの人、予防方法や改善方法等について特集していきたいと思います。

 

加齢性黄斑変性症の確認の仕方

確認の仕方は、両目で景色を視ずに片目づつ景色を視る事。
そうする事によって景色のゆがみや中心部分の変色で黒くなるという症状の出始めに気付きやすいのだそうです。
50代以上の方が罹り易い病気なので、
景色がかすんだりゆがんだりで老眼かな....と感じたらチェックしてみて下さい。
そして怪しい症状が見受けられたら、すぐに眼科医の診断を受けて下さい。

 

ちなみに仕事柄目を酷使する事が多い方は、非常に発症するする確率が高い病気ではありますが、
そうではない方も栄養状態次第では発症する事があるそうなので、是非気を付けて頂きたいと眼科医の先生がおっしゃってました。

 

加齢性黄斑変性の発生率が高いタイプはどんな人?

加齢性黄斑変性の発症は、若い方でも可能性としては10分あり得ると言われています。
そんな加齢性黄斑変性は、ある条件が揃うとその人は発症率が高いタイプの人であると言えるそうです。
では、一体どのようなタイプの人が加齢性黄斑変性の発症がしやすい人なのでしょうか?

 

実は加齢性黄斑変性は50代以上の方の場合だと、大体1%の方がこの症状を発症していると言われています。
そして年代が上がっていくたびにその割合が増加してくるそうです。
なので、そもそも年齢が高い方の場合は要注意しておく必要がありますが、
若い方でも日常的にPCやスマホを駆使している方、
肥満気味の方、タバコを吸われている方、家族に
加齢性黄斑変性の症状を発症した経験がある方など、
これらに該当する方ほど加齢性黄斑変性の発症の確率が高いと考えられます。

 

加齢性黄斑変性を予防する方法は?

年齢を重ねるたびに発症のリスクが高まると言われている加齢性黄斑変性ですが、
ある習慣を取り入れることで少しでもその発症を予防することにつながることがわかっているそうです。
ではどのような予防対策の方法があるのでしょうか?一緒に見ていきたいと思います。

 

眼科に行って定期検診を受ける

やはり、どんな病気も早期発見が重要です。
深刻になってしまう前に、こまめに眼科に通い、できるだけ多い頻度で目の状態をチェックしてもらうことが大切です。
実際にこの病気は、気づいたときに相当な進行状況である場合が多いらしく、お医者さんでも早期発見のために定期的な眼科の検査を促しているそうです。

 

特に、普段からタバコを吸われる方や、家族の中に加齢性黄斑変性の症状をお持ちの方がいる場合は、より一層細かい頻度での眼科の検診をお勧めします。

 

ダイエットが加齢性黄斑変性の解消につながる

なんと海外では、加齢性黄斑変性と肥満の関連性が疑われているそうです。
実際に日本人に比べると、欧米の方の方が加齢性黄斑変性を発症される方が多く、肥満の方が多いのも事実です。
なぜ肥満と加齢性黄斑変性が関係性が高いのかという部分については、なぜ肥満の状態というのは動脈硬化を起こしやすいと言われており、そうなってしまうと網膜への血流も悪くなってしまいます。
そうすると結果として加齢性黄斑変性の症状が発症するリスクが高まると言われています。
なお、これにはその他にもいろんな病気で勘弁して言えると思います。
肥満の状態はいろんな面で見ても健康的によろしくないので、メタボリックシンドロームだと診断を受けている方は、食事や運動を徹底されることを強くお勧めします。

 

禁煙生活を始める

喫煙者の方にとって大きな壁となるのが禁煙です。
加齢性黄斑変性と喫煙の関係性は非常に高く、まず喫煙は体の中に活性酸素をたくさん発生させてしまいます。
活性酸素というのは、適度に存在する分にはよしとされるのですが、多すぎてしまうと正常な細胞まで攻撃してしまうため、早く衰えてしまう原因になります。
既にお伝えしているように、加齢性黄斑変性は体の衰えとともに発症のリスクが高まる病気です。
体の衰えを進行させるタバコはやはり良くありません。
実際に、喫煙者の方と非喫煙者の方で加齢性黄斑変性の発症の割合は4倍から5倍程度変わるそうです。
そもそもタバコは吸わないに越した事は無いですが、こういった視点から見ても禁煙生活を始めることに大きなメリットがありそうですね。

 

PCやスマホを見る時間を減らす

職業柄仕方ない。という方を除いて、心がけ次第でPCやスマホを見る時間を減らせるという方は、それを始めることをお勧めします。
なぜならばPCやスマホから発生するブルーライトというのは、加齢性黄斑変性の発祥の現場に対してダメージを与えてしまうことがわかっています。
PCやスマホのブルーライトも良くないですし、太陽からの紫外線の、
タバコと同じように活性酸素を発生させてしまうことから、
紫外線をカットする機能のついたサングラスをかけるなど、そういった対策も重要となってきます。

 

ルテインを摂取すると加齢性黄斑変性症のリスクが下がる?!
目の病気を改善したり予防したりするサプリメントの主成分にもなる有名な成分の1つに
ルテインという成分があるのですが、これがなんと加齢性黄斑変性症に
効果的と言われています。
そのため、この症状を予防したり改善したりするのを目的として、サプリを摂取される方も少なくないんです。

 

ちなみに、ルテインが豊富に含まれているサプリでオススメなのはこちらです。

 

https://xn--vckvbzbfi4c4cce0g9dc.co/maikeaitibouhyakkei.html

 

サプリメントを活用して病気の対策を取りたい方はいちどチェックしてみてはいかがでしょうか?