子供の目の病気|症状と正しい対処法を知ろう!

子供の目の病気|症状と正しい対処法を知ろう!

子供の目の病気予防に必要なもの

子供 眼病予防

『子供』と『目の病気』というと一見すると無関係なように感じられるかも知れません。
ですが、元気に遊ぶ子供にはわたし達大人がなってしまう緑内障や白内障といった以外の目の病気の危険性があります。
子供がなってしまいやすい目の病気としては・・

  • ものもらい
  • はやり目
  • 結膜炎

などのいろいろな目の病気が考えらえれます。
外の出て遊ぶときはもちろんですが、それ以外でもお菓子を食べた後の手でちょっと汚れている状態で何気なく目がかゆくなってこすってしまったりすることもあるでしょう。

 

また、外で遊んでいる時に例えばボール遊びをしている時にボールが顔に当たってその時に目にぶつかることもあるかも知れません。
大人のわたし達とはちょっと違ったいろいろな状況が考えられるのが子供の目の病気です。
先ほど触れたそれぞれの状況で正しい対処法をひとつずつ見て行きたいと思います。

ものもらいの症状と対処法

ものもらいの症状は説明するまでもないかも知れませんが、まぶたが赤く腫れ上がってしまう病気です。
具体的な原因としては、目の周りの汗を分泌する汗腺(かんせん)に細菌が入ってしまったり、涙の蒸発を防ぐための脂を分泌するマイボーム腺の出口が詰まってしまい、化膿して炎症を起こしてしまうことがものもらいの直接的な原因です。
対処法としては、眼科医の診察を受けて抗生物質入りの抗菌仕様目薬を処方してもらってさし続けること。
早ければ、2~3日で症状が改善しますが、長引いてしまうと1週間以上かかってやっとなる場合も。
抗生物質入り目薬は市販されていませんので、必ず眼科医の診察を受けてちゃんとしたものを処方してもらいましょう。
また、抗生物質入りの目薬は消費期限があり、期限切れの抗生物質入り目薬は効果がないだけではなく抗菌力がなくなっているため菌の繁殖を起こしている場合もあるため危険です。
必ず、新品の目薬を処方してもらって期限内に使い切りましょう。また風邪薬と同じですが、症状が軽減したからと言って目薬をさすことをやめてしまうと症状がぶり返すこともあります。
新品の目薬をしっかり期間中に使い切るまでさし続けて、ものもらいの再発予防も視野に入れた使い方をしましょう。

はやり目の症状と対処法

はやり目とは、細菌性の感染する目の病気で結膜炎の症状(白目の部分が赤くなる)が出ます。
この症状は病原菌の特定がほぼ不可能なので、治るまでは学校や塾など人との接触をするのは危険です。
他人に接触感染させてしまうかも知れませんし、さらに症状が悪化する違う病原菌の侵入などを引き起こす可能性もあるからです。
子供に表れやすい目の病気なのですが、免疫力が充分に機能していない体調が原因になると考えられます。例えば風邪をひいていて体力が低下していて抵抗力も落ち込んでいる時になりやすいというのもはやり目の特徴です。
これも、先ほどのものもらいと同じく抗生物質入りの抗菌目薬を治るまでさし続けます。
『ただの目の充血』ではないので、間違っても市販の目薬で対処することのないようにしましょう。

結膜炎の症状・原因・対処法

結膜炎は子供だけがなる目の病気というわけではありませんが、汚れた手で何気なく目をこすってしまうことも多く、なおかつ小学校低学年など身体がまだ十分に発達しておらず、免疫力が完成していない子供に特に多い目の病気と言えます。
結膜炎の直接的な原因はひとつではなく、病原性の感染によって白目の部分が赤くなってしまうのですが、先ほども軽く触れた通り充分に抗菌薬や軟膏など処方された薬でしっかり治すことが大切です。
一度なってしまった結膜炎が充分に治らないうちに新しい病原菌に感染してしまうと、白目の角膜が濁ってしまい視力低下が後遺症として残ってしまうことも。
怖い病気なので、とにかくしっかりと眼科医で受けた診察と処方された目薬や軟膏で完治させることが大切ですよ。

子供の視力は病気の影響で落ちてしまうことも

子供の視力は、生まれてから就学年齢に達するまでの間は臓器や血流の未発達で弱視になる傾向があります。
もちろん、個人差がある話なのですが、現状で視力が充分ではないと言っても、
まだこれから成長過程で変わって行くという部分もあり、子供の視力は回復する可能性が高いんですよ。

 

ですが、昔の子供の場合は
ケガや泥遊びで汚れた手で目をこすってしまうなどの要因がない限り
目の病気を考える必要はなかったのですが、ここ数十年で様相は大きく変わってきています。

 

幼稚園や保育園などで行われる大切な情操教育にも
パソコンやタブレットなどが使われるようになったり、
それ以外の遊びの時間にもゲーム機が使われるようになったりと、
子供の目が置かれている環境は年々厳しさを増してきていると言えるようになったんです。

 

最近のインターネット環境の拡大によって子供の教育環境も大きく変化しています。

 

スマートフォンやiPadが多くの教育機関にも取り入れられた事から、
子供達の視力低下や眼病の危険性も昔と比較しても確実に上がっています。

 

また、少子高齢化の影響で病院で治療するにも医療費が大きくかかる時代です。
最近では、大人が掛かるような緑内障などの病気に子供が掛かってしまうというケースも問題になってきています。

 

今のうちから目に良い栄養素をしっかり摂れるようなサプリメントを用意する
と言ったことも考えなければならないと言えるのが、
ここ数年の子どもの目が置かれている環境と言えるようになってきているんです。

子供の目の病気予防におすすめのサプリは?

子供の目の病気予防におすすめのサプリメントは『ルックルックベリー』というサプリメントです。
その理由はこれから成長期を本格的に迎えて本格的に変わっていく目の周りの粘膜や視神経など様々な部分を健康的に導くための栄養素が豊富に含まれているからです。

  • ビタミンA(粘膜の再生・成長)
  • ビタミンE(抗酸化作用)
  • ビタミンC(成長期の細胞を活性酸素から守る)
  • DHA・EPA(記憶力の向上や脳の成長に良い)
  • 鉄分(成長期の身体の栄養分配を助ける血液の質向上)

子供の場合は目の病気予防だけではなく、成長期もひかえており、これらの栄養素が大切になってきます。
これらの栄養素が毎日2粒飲むだけで食生活だけでは補えない分をしっかり補給できるというのがルックルックベリーをおすすめする理由です。

 

ルックルックベリーの特徴・効果と成分の詳細

子供の目の病気予防のまとめ

病気になる前の予防の一つとしてブルーベリーサプリの需要も大人も子供も問わず年々高まっており、様々なブルーベリーサプリが各社から発売されています。

 

各社により詳細な成分量は異なりますが、やはりアントシアニンの量の多いブルーベリーサプリの売り上げは高く人気が有ります。

 

親としては眼病予防として一番身近な物として、どこの薬局やオンラインショップでも購入出来ますし処方薬と異なり処方箋の必要も有りませんし、医薬品と比較しても副作用が少ない事も我が子の目の環境を守る上でも大きな役割を果たしていますので、これからも多くの需要の望まれるサプリメントの一つとも言えますので各社とも新商品の開発に力を入れています。

 

最近では若年性の緑内障など子供の眼病も重大なリスクとして考えて、予防しなければならない時代になりつつあります。
ブルーベリーサプリは大人の目はもちろん、パソコンやスマホ、ゲーム機、テレビなどブルーライトの影響を常に受けている子供の眼病予防にも効果的なんですよ。
【合わせて読みたい関連ページ】