アンチエイジング ポリフェノール ブルーベリーサプリ

アンチエイジング効果があるポリフェノールとブルーベリーサプリ

アンチエイジング効果があるポリフェノールとブルーベリーサプリ

ポリフェノールというと、若々しくいられる
アンチエイジングのためのミネラルというイメージがありませんか?

 

そのイメージは、全く正解です!

 

アンチエイジングの定義はひとつではなく、大きく分けて
身体と精神的な面の2つのアンチエイジングがあります。

 

この2つのアンチエイジングの中でも、特に身体側のアンチエイジングには
ポリフェノール群の効果が期待できるんですよ。

 

このページでは、このようなアンチエイジングに効果が期待できる
ポリフェノール群の働きとそれが含まれているブルーベリーサプリをご紹介します。

ポリフェノールとアンチエイジングの関係

実は、身体の中にある各細胞というのは、普通に呼吸して酸素を取り入れたり
毎朝、太陽光を浴びて目を覚ますだけでも、紫外線も同時に浴びています。

 

これらの『誰でも行う極々当たり前の行動』が“活性酸素”による酸化劣化へとつながって行くんですよ。
こういった活性酸素による劣化を予防してくれる効果があるのがポリフェノール群なんです。

 

特にブルーベリーサプリに含まれるポリフェノールは細胞の老化を防ぐ働きが強いんです。
具体的には・・・

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • カシスアントシアニン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン
  • レスベラトロール

これらのポリフェノール群がアンチエイジング効果の高さが注目されています。
アントシアニンは、ビタミンCと並ぶ抗酸化作用があります。

 

また、ルテインは特に人工的な光のブルーライト(これも紫外線のグループに入りますが)の遮蔽効果が高く
パソコンやスマホ、タブレット、TV画面といった電子機器の画面から発せられるブルーライトに対して身体を守る効果が強いことで知られています。

 

また、ルテインは最近ではアントシアニンとの同時摂取で吸収力が上がるという研究データもあるとのことですので
ルテインとアントシアニンを同時にたっぷり摂れるサプリを選ぶと良いでしょう

 

カシスアントシアニンは、シアニジン-3-グルコシドという正式な名前がありますが、
こちらは、目のピント調節に対してアンチエイジング効果が高い成分で、ファンケルの『えんきん』の主成分でもあります。

 

ゼアキサンチンやアスタキサンチンは、目の奥の網膜にある黄斑部を紫外線から守る働きがあります。
この二つの抗酸化力はビタミンEの1,000倍とも言われているんです。

 

また、レスベラトロールは細胞レベルの生まれ変わりサイクル(タンパク質の再合成)で
活性酸素で生じるコピーミスを防ぐ効果があると言われる『サーチュイン遺伝子』を発現させる働きがあると言われています。

 

このように、それぞれの成分によって効果や働きが違うため、どういった効果を求めているかによってどのポリフェノールを摂りたいかを決めて、

 

ブルーベリーサプリには、抗酸化成分として重要なアントシアニン系の色素が含まれます。
アントシアニン系の色素は、ポリフェノールの一種としても知られる成分で
、細胞の老化を防いでアンチエイジング効果を促進させる優れた効果があります。

 

ブルーベリーサプリには、果物のブルーベリーの栄養分が凝縮しています。
ビタミンやミネラルがバランスよく含まれていますが、抗酸化成分のビタミンCとポリフェノールが一緒に含まれていることが非常に大事なんです。

 

ブルーベリーサプリに含まれるビタミンCは、メラニンの色素沈着を抑制したり、
コラーゲンの生成を助けるという重要な効能があります。ポリフェノールの抗酸化力も加わるため、
ブルーベリーサプリを利用していればアンチエイジングのための相乗効果が高まるんですよ。

 

なぜなら、オメガ3脂肪酸のココナッツオイルやエゴマ油などが美容効果を高めようと思って摂取すると
それらのオイルが酸化しないように守ってあげる成分と一緒に摂ると効果が上がるのと同じ仕組みです。

 

食生活が不規則でビタミン不足になれば、肌荒れがひどくなって老化も進めてしまいます。
食事では補いきれない栄養分を摂取するために、ブルーベリーサプリを利用することは理にかなっています。

 

いつまでも若々しく健康を保つために、ブルーベリーサプリは大きな手助けをしてくれます。
ブルーベリーの栄養を余すことなく摂取できるもので、1年を通して利用できることも便利です。