緑内障などの目の病気予防に有効なブルーベリーサプリ

緑内障などの目の病気予防に有効なブルーベリーサプリ

緑内障などの眼病予防に有効なブルーベリーサプリを選ぼう!

緑内障をブルーベリーで対策できることはご存知ですか?
ブルーベリーサプリと言うと、視力を回復するために飲む。といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、どちらかと言うと視力を回復させると言うよりは目の見え方のトラブルを改善したり予防したりする働きの方が注目されています
ここでは中でも緑内障にフォーカスし、それに効果的なブルーベリーサプリをご紹介していきたいと思います。

 

ブルーベリーのどの成分が緑内障に効果的?

年齢を重ねて来ると、身体の様々な部分に衰えを実感するようになってきます。
もちろん個人差があって衰えの激しい方と、そうではない方がいるのですが、どちらにしてもケアを忘れると後で痛い目に遭う事があります。

 

その典型的な例は眼病です。わたし達の目は常に紫外線のストレスにさらされているからです。
しかも、目は内臓の一部と言われるくらい外部刺激に弱い存在なのに、その役割上どうしても露出している必要があるので、余計に様々な刺激にさらされやすいのです。

 

加齢と共に進行するケースが多い眼病で最も日本人が発症しやすいものが緑内障です。
日本人の中途失明の原因で、長年トップに居座り続けています。

 

そんな緑内障の原因は眼圧が高くなってしまう事なのですが、それを招くのが紫外線を浴び続ける事と言われているんですよ。
ですが、太陽光はもちろん、TV、パソコン、スマホ、タブレットなどの普段何気なく使っているものからも常に紫外線が発せられているので、なかなか意識しにくいのも事実です。

緑内障 目の病気予防 ブルーベリーサプリ

つまり、知らず知らずに紫外線の影響を受けて、眼病に少しずつ近づいているんです。しかも毎日です。

 

目の水晶体をした紫外線は眼球のガラス体を濁らせ、それが顕在化すると飛蚊症になりますし、
網膜の後ろにある視神経を傷つけると緑内障になります。
現在の医学では一度死んでしまった視神経を復活させる事は難しいと言われており、不自由な視野に耐えていかなければならなくなってしまいます。

 

これら飛蚊症や緑内障を防ぐには、紫外線から目を守ってくれるルテインと言われるカロテノイドが必要なのですが、
そのルテインが豊富に摂れるのが、ブルーベリーサプリなんです。
とは言ってもルテインを推奨摂取量が成人の場合で約6mg~12mgと言われていて、その条件を満たせるものとなると限られてしまいます。

 

もしブルーベリーサプリを眼病予防に役立てる意識で購入する際は、ルテインの配合量に留意して選ぶのがポイントになるんですね。

 

ルテイン20mg配合+国産紅イモ・アントシアニンのサプリ

 

一望百景の口コミ

いろんなサイトでブルーベリーサプリメントを探していたのですが、ブルーベリーサプリではない魅力的なサプリメントに行き着いたのが、一望百景です。
このサプリメントは、沖縄でしか取れないと言われている食材をふんだんに使っていて、なんと使われている紅芋には、アントシアニンの量がブルーベリーの約4倍だと言われているんです。
そういったものが凝縮されているサプリメントですから、大変期待していました。
実際に継続させていただいておりますが、前まで悩んでいた目の見え方のトラブルはしっかりと改善されています。

 

このサプリメントの特徴としては、内容がしっかりしている事はもちろんのこと、効果を実感している方が約90%もいると言う事実です。
サプリメントを購入するまでの間は、本当に効果があるのか半信半疑で不安だと言う方も少なくないと思います。
ですがこのような数字があると言うのはかなり心強かったです。
実際に1,000,000袋突破している人気サプリメントでもあるそうです。

 

私が個人的に気にいっているポイントとしては、30日間の返金保証が付いていると言うところです。
いろんなブルーベリーサプリを見てきましたが、30日間の返金保証の制度をつけているところはあまりなかったように思います。
このようなサービスがあれば、サプリメント初心者の方でも安心して購入に踏み出せるのではないかと思います。
どれを選んだらいいのかよくわからなくて悩まれている方は、
一望百景をいちど検討されてみてはいかがでしょうか?
中身もしっかりしているサプリメントですので、きっとあなたの悩みを解消してくれると思いますよ♪

 

サプリを継続することの重要性

もしもあなたが、今本格的にブルーベリーサプリの購入を検討されているのであれば、いちど始めたサプリメントは3ヶ月から半年間位は継続されることをお勧めします。
もちろんそれには理由があります。
何故かと言うと、サプリメントはお薬ではなく、たくさんの栄養の成分を継続的に体の中に取り入れて、それを働かせて、だんだんと体の状態を変えていくというものです。
お薬とは全然違いますので、そこは勘違いしてしまわないように気をつけたいところです。
なお、サプリメントで結果が出る人と結果が出ない人は大きく分かれるのですが、そこには共通する大きな原因があると言われています。
実は、サプリメントを飲んで結果が出る人の多くは半年以上続けている方が多く、サプリメントで結果が出ずに諦めてしまう方は、3ヶ月未満で辞める方が圧倒的に多いそうです。
こういった統計を見ても、サプリメントは継続することが重要であることがわかります。
後はそれに加えて、自ら症状が悪化してしまう原因を作らないことなど、他の部分でもアプローチしていくことが大切です。

 

なお、先ほどご紹介した一望百景以外にもいろいろ見てみたいという方は、トップページをご覧ください☆