ブルーベリーの効能|視覚機能の改善

ブルーベリーの効能|視力の改善

ブルーベリーの効能は視力改善にどうなの?

ブルーベリーは、その小さな実の中に『目が見えるという認識』を得るために必要なロドプシンという
タンパク質の一種を活性化させるアントシアニンという成分をたっぷり含んでいます。

 

また、このアントシアニンは、目の血行を良くする事で眼精疲労の回復や視力の改善といった目にとってとても嬉しい効果が得られる事はご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

わたし達人間は、通常の生活の中で、危険回避やその認識など、様々な情報収集の9割を目に頼っています。

 

視力が悪化すると、これらの情報収集が妨げられるため、例えば車の運転で怖い思いをしたり、見逃せない大切な情報を見逃したりします。

 

こういった障害を回避するためには、視力をできるだけ良い状態に保っておきたいものです。

 

その手助けをしてくれるのが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分なんですね。

 

ブルーベリーは視力改善にどう良いの?

昔の話ですので、信憑性は定かではありませんが、第二次大戦中にイギリス空軍のパイロットが、
食事でブルーベリージャムをたっぷり塗ったトーストを食べるようにしたところ、
敵軍のドイツ軍機の撃墜率が飛躍的に上がったという逸話が残っています。

 

これは、今では大戦後半当時のドイツ空軍の士気をを挫くためにジョークのひとつとして考えられた作り話だったという説もありますが、今となっては真偽のほどを確かめる術はありません。

 

しかしながら、仮にジョークだったとしても、それが本気で考えられるほど、ブルーベリーを食べている人の視力が良かった事は間違いのない事実と言えます。

 

この、ブルーベリーの効能は、このアントシアニンによるものと言えるんですよ。

  • 眼精疲労の軽減と予防
  • 視力悪化予防
  • 目の認識機能向上

つまり、ブルーベリーにはこういった効果が期待できるという事なんですね。

 

目が疲れている状態では、眼精疲労が起こってしまうのは当然ですが、無意識により集中して、正しい情報を集めようとします。

 

それが、連続した目の酷使につながり、次第に視力が悪化していくというわけですね。

 

また、近視については、ブルーベリーの効能では、仮性近視に効果が得られたという研究結果もあります。

 

つまり、本格的に視力を改善したいと思ってブルーベリーを食べたり、今ならブルーベリーサプリメントで有効成分であるアントシアニンを効率的に摂取したりする事で習慣的な目の酷使が和らいで、人間のわたし達が本来持っている自然治癒力によって、悪化した視力が改善方向に向かう事もあり得るという事なんですね。

 

また、こういった仮性近視の改善からではない角度からブルーベリーの効能を見てみると、眼球周りの毛細血管を保護して、角膜や水晶体に含まれるコラーゲンを安定化させ、目のピント調節をスムーズに行えるよう助ける働きもあります。

 

これは抗酸化物質であるアントシアニンの特徴でもあり、すでに研究と臨床によって解明されているメカニズムでもあります。

 

ブルーベリーの効能|ブルーライトから目を守る

 

パソコンやスマートフォンのブルーライトが目の細胞にダメージを与えます。

 

子どもから大人まで、近年多くの人々にとってパソコンやスマートフォンの画面を見る機会が増加していますよね。
これらの機器から発せられるブルーライトに、人々の目は1日中さらされるようになりました。

 

ブルーライトは、紫外線と波長が近くとても強いエネルギーを発しています。

 

そして紫外線と同様に目に有害な物質である、大量の「活性酸素」を発生させ、網膜の細胞にダメージを与えるといわれています。

 

活性酸素が及ぼす体に悪い作用を、抗酸化作用のある物質が受け止めることで目の細胞を守ることができます。

 

特に、優れた抗酸化作用を持つ物質がブルーベリーの主成分アントシアニン。
お仕事でパソコンを使われる方やテレビゲームが好きなお子さんには、ぜひブルーベリーを習慣的に食べて頂きたいですね。

 

緑内障の予防

ブルーベリーの成分の「アントシアニン」が活性酸素から網膜細胞を守るというお話をここまでご紹介してきたのですが、これは活性酸素や紫外線から目を守る事に直結します。

 

緑内障は、活性酸素によって網膜の細胞が傷つき死んでしまうことによって、目の視野を狭くしてしまう病気です。

 

活性酸素発生の原因としては喫煙や紫外線、栄養の偏りなどがあげられています。

 

他にも、「眼圧の高さ」が緑内障の原因である場合もあります。
「眼圧が高い」状態とは、眼球の中満たしている眼内液が通常より多く分泌され、眼球がパンパンに腫れている状態をイメージしてください。

 

腫れあがった眼球によって視神経が圧迫されて傷つくと、視野が狭くなったり欠けたりしてしまうのです。

 

ブルーベリーエキスは眼圧こそ下げることはできませんが、網膜の血流量を増加させるはたらきがあり、目に十分な酸素や栄養を行き渡らせることができます。

 

よって視神経にも良い影響を及ぼし、緑内障の進行を抑えることができるのです。

 

白内障の予防

アントシアニンの抗酸化力が瞳のにごりを防ぐ効果も期待出来ます。

 

白内障は、レンズの役割をしている水晶体がにごり、視界がかすんで見えづらくなる病気です。

 

原因はさまざまですが、最も多いのは加齢によるものです。加齢によって水晶体が酸化することが、白内障が起こる要因のひとつだといわれます。

 

優れた抗酸化作用を持つアントシアニンは水晶体の酸化によるにごりを防ぐ作用も持っています。

 

抗酸化物質のアントシアニンを摂取することで白内障の予防への効果が期待できます。

 

最後のおさらいとして活性酸素について

細胞を老化させる力の強い物質。抗酸化成分で細胞を守りましょう!

 

いわゆる“老化”という現象は、細胞が酸素によって酸化され、ダメージを受けることで進みます。

 

中でも、より酸化させる力が強いのが「活性酸素」です。もともと活性酸素には、その強い酸化力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があります。

 

ところが必要以上に増えてしまうと、健康な細胞を酸化させ、老化を進行させてしまいます。

 

過剰な活性酸素から健康な細胞を守るには、抗酸化力を持つ栄養素を体内に取り込むことです。

 

この抗酸化物質が、細胞よりも優先的に活性酸素と結びついて酸化することで、細胞の酸化を防ぎます。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは抗酸化力の強い成分ですので、摂取することで細胞を健康な状態に保つことができます。